アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

スペインバル会を発足して1年。その後の発展は?

今年はスペイン人との出会いに恵まれた一年でした。

1月にスペインバル会を発足のがきっかけに、スペイン好きな人たち、そしてスペイン人との出会いが広がりました。

 

もともとは私がゴールデンウィークにスペインへ旅行に行こうとしていたのが、発足理由。

その前にいろいろなスペインについての知識や魅力を知っておこうと思ったのです。

 

1月にバル会を開催した時は11人の参加者が、今では17人ほどに広がりました。

それは、2月ごろにたまたま知り合ったスペイン人が、私の日本語クラスに足繫く通ってくれるようになり、その後、夏あたりに別の2人のスペイン人が日本語クラスに。

なぜか人が人を呼ぶんです。

それを縁と呼ぶんですね。

 

バル会は常連メンバーのほかに、毎回、はじめての参加者も来てくれています。

スペイン料理を食べながら、話をして、楽しむのはとてもストレス発散になります。

 

スペイン人と一括りにいっても、千差万別。

カタルーニャ独立運動で記憶に新しいので、皆さんもご存知のようにスペインはいくつの国が統一されてきた歴史があり、言語もカスティーリャ語がスペインの標準語になっているものの、カタルーニャ語バスク語ガリシア語と、それぞれの自治州によって公用語が違うのです。

 

そんなスペインだから、人種だって違います。

スペイン人の友だち曰く、北部の人種は北欧に近い気質があるそうです。

南部はラテン系気質。

だから、「スペイン人」というステレオタイプも、出身地などでずいぶん性格も違ってくるのです。

 

バル会でそんなことも垣間見れます。

参加するスペイン人のタイプが全然違うからです。

それがこの会での醍醐味であり、とても面白い点です。

スペインのことを知れば知るほど魅了されていく感じがします。

 

f:id:beckii:20171208085609j:plain

f:id:beckii:20171208085917j:plain

語学学習に必須アイテムはこれ!語学学習用CDプレーヤーを買って比較してみた

英語学習している人は数多くあれど、学習方法はさまざま。

私が小さいころは、英語教材もさほどなくて、CDというものがなかった時代は、LL教室でテープをヘッドフォンで聞きながら、リスニング練習をしたものです。

今はスマホアプリをはじめ、多くの教材が散在しています。

CD、スマホアプリ、ウェブコンテンツ、スカイプなど・・・。

 

私はスマホで聞き流す以外は、CD教材を使うようにしています。

しかしそのCDをうまく効率よく巻き戻ししやすいプレーヤーを探していました。

昔のラジカセは半押しすれば任意のところをカセットテープを巻き戻しできていました。

しかし、CDとなると微妙に巻き戻ししすぎたり、長押しと認知されず、曲の頭出しになってしまったりして、かなりストレスたまるんです。

いつも聞き取れない・舌がまわらないフレーズの一部分なんかを、徹底的に繰り返し練習したいときに便利なプレーヤーを探していました。

 

そこで2つ見つけました。

 パナソニックのCD語学学習機

こちらは買ってよかった逸品です。なぜなら、持ち運びに便利だから。

日本語教師をやっている人、クラスへラジカセを持っていくより、手軽です。

カバンに入りますし、ある程度の大きさの教室なら、問題なく聞こえる音量です。

 

英語学習について言うならば、これはシャドウイングやリピーティングしている自分の声を録音することができ、チェックできることです。

これって英語学習にはとても大事なことです。

自分が話している音がどんな音に聞こえているか比較をするのです。

また前述のちょい巻き戻しも、A⇔Bの範囲設定をすれば、その範囲を何回も繰り返し再生してくれます。

 

また、語学CDってトラック数がかなり多くありますから、それをすぐ再生できるのも重宝します。

トラック数のナンバーをうてば、再生しますから、いちいち曲送りボタンを一個一個押す必要もありません。

 

再生スピードも数段階、調整できます。聞き取れないのはスロー再生。

 

私はこの大きさが気に入っています。

ベッドの上で横たわりながら再生できるから。

パナソニック CD語学学習機 ホワイト SL-ES1-W

パナソニック CD語学学習機 ホワイト SL-ES1-W

 

 

さてさて、この一台だけでなく、もう一つ欲がでてきました。

持ち運び用ではなく、我が家にプレーヤーがなかったので、ラジカセを買おうと。

そしてそれもどうせなら、語学学習機能がついたものを。

そこで、候補にあがったのがこちら。

 

ソニー SONY CDラジオ Bluetooth/FM/AM/ワイドFM対応 語学学習用機能 電池駆動可能 ブラック ZS-RS81BT

こちらもまあまあ重量は軽いんです。でもオーディオ品としてはチープな感じ。

音質は語学学習用に作られたものだから、音楽には適しません。

低音が弱くて、シャカシャカした音ざわりです。

 

さて、こちらの語学学習機能は上述のパナソニックのものと、ほぼ差はありませんが、以下の点が違います。

 

・イージーサーチ機能(3秒・10秒の巻き戻し&早送り)

・SDカードやUSBに録音ができる。

スマホなどで再生しBluetoothでこちらのラジカセから音を出力するという機能がある。

・ラジオ機能があるけど、電波受信はあまりよくない。

・おやすみタイマーがある。

 

 

そして、二つのプレーヤーを買って、以下の機能がついていなくて残念でした。

・トラックリピート機能。

・フルリピート機能。

・オートポーズ機能。

 

オートポーズ機能があると、本当に便利なのに。

語学学習って、そんなにすいすい先に進むものではありません。

センテンス一つごとに進むものだから、1トラックで自動一時停止される機能があるといいのに。

 

ソニーパナソニック、もう少しがんばってほしいです。

 

今週のお題今年買ってよかったもの

ディスコじゃなく、クラブにいってきたアラフォー女

まーーーー、何十年ぶりでしょう。

そういう場所にいったのは。

私が20代前半のころ、ディスコと呼ばれるものからクラブというものに変化していった時代です。

そのクラブとやらには、当時1~2回はいったことがありました。

自分からではなく、友だちに連れられて。

 

42歳となった私が、日曜日いってきましたよ。

クラブとやらに。

んまーーーー、人がごった返していて、もみくちゃになりながら踊ってきました。

 

飲んだ勢いでいかなきゃ、恥ずかしくて踊れません。

何せ見渡す限り同世代はいません。

しかも、私の服装はめっちゃ普段着。要するにババア臭いファッションです。

周りの女子たちは、ミニスカートや肩がでているセーターとか、かわゆいファッション。

男子たちは私を見向きもしません(笑)

 

そもそも、そんな場所にいくことになったのは、私の日本語生徒がJLPTテストが終わって、羽を伸ばしたかったから。

インド人の彼はおとなしそうに見えて、そういうダンスが好きなんですね。

ダンスフロアでヒップホップ踊ってる姿は、全然想像つきませんでしたから。

ボリウッド映画の地ですから、やはりダンスが好きな国柄なのかな。

 

それにしても、相当酔っ払ってたから、暗くてライトがチカチカする場所で、何度もターンをさせられたら、余計に目が回って大変でしたよ。

想像してみてくださいな。40過ぎのババアが目回しながら踊る姿を。

かなりの醜態かと思いますが、私はめっちゃ楽しかったヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

でもね、私はあの大音量もいいけど、どうせ踊るならサルサを踊りたい。

大人のセクシーなペアダンス。

いいよねぇ~~。

サルサも一度だけいったことがあります。

今度はサルサクラブにいこう!!

連休には海外旅行をすると決めたぞ!

まあ、ずーーーっと出会い激減ですわ。

いいお相手がいず。ギャー人も接触してくるのは詐欺師ばかり。

40すぎると、こんなもんかね。

でもね、おかげさんで日本語ボランティアでは、いい生徒さんたちと出会い充実していますよ。

 

さて、春先のスペイン旅行直前に交通事故で骨折し、旅行がおじゃんになったんですよね。

年末年始にフライト取り直して、スペインいってくるぜ。

あと1か月あまりで、はじめての個人での海外旅行だ~~。

 

と言うわけで、スペイン旅行は私のLINE友のラウルっちに、ぜんぶお任せしてる。

ラウルくんの家族と年越ししてきます。

年越しカウントダウンにブドウを12粒食べるのがスペインの風習。

年始に、ラウルっちのママんを訪問し、ママんお手製のスペイン家庭料理をいただく予定です。

そんなわけで、完全に独りの旅じゃないから、安心ですわ。

空港までの送迎もしてくれるみたいだから、スペイン語が話せなくても大丈夫そう。

 

 

そして、10月ごろになれば、来年のGWにむけて、旅行計画開始です。

介護からも解放された今、なるべく長期休暇は海外旅行に行こうと決心しました!

で、来年のGWは、香港・台湾に同僚のKちゃんといくことにしました。

エクスペディアとBooking.comで、フライトとホテル予約は完了!

 

これも、香港に以前カウチサーフィンでお世話した友だちがいるのと、日本語ボランティアのメンバーが台湾の日本語学校に就職したから、彼らに会いに行くのです。

やっぱり現地の友だちに会いに行くのが、私の個人旅行の醍醐味かな。

人と交流したいからね。特に現地の人と。

 

香港は一度、社員旅行でいったことがあるので、あまり興味はないのよね。

だけど、気楽にいける海外旅行として最適だし、その社員旅行でひどい食中毒になっていい思い出がないので、リベンジ旅行のために選びました。

台湾はグルメ目的!そしてパワースポットおよび占いで、私の運気をあげてこようと思ってます。

以前、世界ふしぎ発見!でやってた某占い師にも予約とりました。

めっちゃ楽しみです!

 

ついに、スーツケースを新調しちゃいました。

フリクエンターっていうキャスターが超静かなやつ。

これ、東急ハンズでさわってみて、その静かさに惹かれたんです。

気持ちいいくらい静かですよ。

このスーツケースがボロボロになるまで、海外旅行に行きまくろうと思います。

 

 

 

次はどこにしようかな。

再来年のGWはポーランドにいくつもりです。

どれだけ鬼が笑うんだっちゅうの(笑)

一人で洋モノAVみて過ごす中年女

久しぶりの投稿がこんなお題ですいません。

女だって、一人でいりゃムラムラすることだってあるのさ。

魔が差すのよ。魔。

 

んで、以前LINE友だちと、AVリンクを交換したことがあったんだわ。

こっちは日本のモザイクあり。

あっちはもちろんモザイクなし。

ウイルスとかない安心サイトをね。

 

で、それをたまに見てるんです。

なんだか悲しいというか、むなしい中年女だな、私。

 

それはそうと、今日書きたいのはそんなことじゃない。

洋モノAVをみていると、文化の違いを感じるのよね。

やってることはほぼ同じなんだけど。

 

もちろん、演出はほどこされているので、実際のセックスとは違うだろうね。

そこで、ちょいサーチしてみた。

洋モノAVの裏事情というものを。

 

まず、イスラム圏はAV自体、違法な国が多いんだそうな。

アンダーグラウンドでは商売がなされてるそうだが。

そして世界のAVの多くは欧米原産。

しかしそこはキリスト教が浸透しているため、AVを禁止する派閥と政治などが複雑にからみあって、風俗法などが施行されている。

 

だから、洋モノAVで

「いやいや~~。ダメダメ~~~。」

なんて言葉をいうAV女優は皆無。

 

"Fuck!!! Oh, yeah!!!"

って、「もっと!アァ~、もっっっと!!!」

っていう女がせがむセリフが多いこと。

 

もし、拒否するシーン、無理やりなシーンがあったとしても、本編の前後で女優インタビューがあり、「私、輪姦してみたかったの!」とか「姦されてみたかったの!」っていう言葉を撮影し、これは女優本人が同意しているAVだというで、法の網をくぐってるわけ。

だから、某有名AVサイトでも洋モノでレイプものは希少。

 

「嫌よ嫌よも、好きの内」って日本人はよく言うでしょ。

言葉という表に出てくるものは信ぴょう性がないってことを、表しているようにも思えるね。

 ま、日本のAV業界なんて、キリスト教信仰が日本に浸透したら、どう変革するだろうね。

アメリカみたいにイケイケガンガンなAVに走ることになるんだろうね。

女の恥じらいだとか、裏腹な心とか、そういう細微を表現するようなAVは皆無になるだろうね。

 

そういう見えないものへの好奇心をそそられるのが、よく言えば想像力豊かなのが日本人ともいえるんじゃないかな。

だからモザイクなしのほうが、逆に良いんだという殿方も多いはずよ。

 

 

ああ、見えないはずのものが、見えてしまった件があったわ!

某AVをみていたら、心霊現象が写ってた。

Fakeかもしれないけどね。

腰振ってる二人の後ろのレースカーテンが、急に動いたの。

レースだから裏側に人がいないのもよくわかる。

その動画シェアしたかったけど、自重しますわ。

「おまえ、なに見てんだ!」ってなるから(笑)

 

 

そんなわけで、ムラムラするやら、ゾーーっとするやら、ワケわからん夜を過ごしているのでした(笑)

アメリカ人とチャットする際に立ちはだかる壁

それは英語ばかりではありません。

時差です。

アメリカ西海岸との時差は16時間もあります。

ですから、お互いの都合のいい時間帯はかなり限定されるのです。

 

しかし、前回の日記に書いたSくんは、パソコンのカスタマーセンターで電話業務をしているそうで、夜勤勤務なのです。

彼の日常が昼夜逆転しているおかげで、LINEでのチャットがしやすくなっています。

 

beckii.hatenablog.jp

 

このSくんと先日、はじめてLINEで通話しました。

やはり西海岸訛りのあるしゃべり方をしていました。

モゴモゴしたしゃべり方。

でもかなりゆっくり話してくれていたので、理解できました。

 

アメリカ人とチャットするのは、とても久しぶり。

これまで日本在住のアメリカ人とは仲良くしていたけど、時差のせいでなかなかリアルタイムで通話したりチャットすることが難しかったです。

Sくんとも末永くいいお友達でいれるといいな。

 

ところで、昨日のFood exchangeの話、今日発送しました。

EMSって高いなぁ~。2.9kgでミカン箱ほどの大きさをアメリカに送るのに、

5,900円もかかりました!!!( ;∀;)

もう、中身と送料で、おおよそ1万円も使ってしまった私。

あーーーーー、きつい。

でも、Sくんが喜んでくれりゃ、報われるわな。

彼もたくさん、アメリカから送ってくれるみたいだし。

 

お互いにサンタクロースになった気分で、菓子選びしました(笑)

 

しかーーーーし、アメリカに小包を送るときに気を付けなきゃいけないことを明記しておきます。くわしくは郵便局のHPを検索してみて。

 

アメリカは牛肉製品は原則禁止

レトルトカレーを送ろうとしたんです。牛肉入ってるじゃん(涙)

チキンカレーか、ポークカレーを選びましょう(笑)

ビーフジャーキーもNGです。

 

段ボールの使いまわしは要注意

段ボールに危険物のマークとか、野菜の絵とかあると、税関でひっかかる可能性あり。

茶色のガムテープなどで、それらを潰しましょう。

日本語の会社名などもリスクが高いので、使いまわしの段ボールに書いてある文字やマーク・絵などは、潰しておきましょう。

 

送付状に内容物を書く際の注意

焼き鳥の缶詰を送ろうとしたんです。

内容はOKなんだけど、それをきちんと英語で「鶏肉」だとわかるように書きましょう。

送付状に「缶詰」だけの記入だと、これも税関でひっかかる可能性ありです。

中身がわかるように記入するのが無難です。

 

今回、学んだこと。

EMSは重量で値段が決まります。

なるべく軽いお菓子を選んでよかった。

味噌汁も生みそタイプじゃなくて、フリーズドライにしてよかった。

 

そんなわけで、Sくんの元には3~4日で届くようです。

楽しみです!

アメリカ人とFood exchange

アメリカの食文化のイメージってどんなものがありますか?

私はどうしてもマイケル・ムーアの「Super size me」を彷彿してしまいます。

ビッグサイズのハンバーガー、ポテトフライ、そしてバケツのようなサイズのジュース。

甘党ではない私には、ポテトチップスくらいしか期待できない食文化です。

 

最近、HelloTalkで知り合ったアメリカ人Sくんと、Food exchangeをやろうとしています。

アメリカのスナック菓子と日本のをお互いに郵送して、食べてみるという試み。

そしてその小包には、日本のいろんな食品を入れてやろうと思っています。

辛いものが嫌いなSくん。日本のカレーを食べたことがないというので、レトルトカレーの甘口や、ごはんに乗せて食べる類の食品。お茶づけやおにぎりの元など。

 

Food exchangeは、国際郵便EMSだと結構お金がかかります。

しかし船便となると、かなり日数がかかるし、追跡調査できるEMSのほうが安心。

 

日本の食文化に少しでも触れて、日本を好きになってくれたらうれしい。