アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

小雨の中の桜見ウォーキングというより、赤味噌ウォーキング(笑)

桜をみながら、けんぽれんの健康ウォークに参加しようと思ってみたものの、あいにくの雨。

小雨だったことから、決行しました。

 

日本語クラスのメンバーたちも一緒にいきたいと言うので、連れていくことになりました。

しかし、とっても肌寒い雨。

それに、桜が全く咲いていない(笑)

 

かろうじて咲いていたのが、岡崎城公園のしだれ桜。

f:id:beckii:20170406105817p:plain

これだけですわ(笑)

なんともさみしい・・・。

天守閣にも登りましたが、とくに面白くもない・・・。

f:id:beckii:20170406104339j:plain

 

 

8キロくらい歩いたけど、せっかく岡崎にきたんだから、赤味噌を賞味したい。

というわけで、カクキューの工場見学へいきました。

f:id:beckii:20170406104351j:plain

ええやん。このレトロな感じ。

さすが老舗味噌屋だね。

味噌蔵はこんな感じ。

f:id:beckii:20170406104401j:plain

f:id:beckii:20170406104411j:plain

この3トンもある石の重しは、地震がきても落ちてこないそうだ。

このカクキューにいる職人の中でも5人くらいしかこの石積みの技術をもっている人はいないそうな。

さすがカクキューだね。こだわりの製法で作らている赤味噌

 

そんなわけで、カクキューさんは気前がいい。

お土産用の赤味噌も無料でくれる。

そして、この日なによりうれしかったのは、赤みそ汁の試食。

八丁味噌」と「赤だし」、それぞれのみそ汁を飲み比べできる。

これが冷えた体にしみわたって、とてもおいしかった。

私の好みは八丁味噌。大豆の味がしっかり残っています。

 

f:id:beckii:20170406111402j:plain

外国人、大好きハブ酒(笑)

エレファントネストにいき、いつもカウンターにおいてあるこいつ。

こいつを見て、外国人客の中には、ゲテモノ狙いで飲む人がかなり多いそうな。

話のネタになるし、「日本人はクレイジーだぜ!」なんて言ってるのでしょうね。

f:id:beckii:20170331092110j:plain

ボトルの下に携帯があるのは、こいつをよく見えるように照明代わりにしているため。

これも、外国人客がよくやっている小ワザだそうな。

 

ちなみにこいつ、アマゾンではこんな感じで売られています。

ハブ入りハブ酒 35度800ml

ハブ入りハブ酒 35度800ml

 

一本、こんなに高いなんて!!!

 

それを私も賞味してみることにしました。

このワンショット1000円します。

それだけ、こいつの酒はバカ高いんです。 

f:id:beckii:20170331091258j:plain

 

このショットグラスで匂いを嗅ぐと、ご想像のような生臭さがあります。

しかし飲んでみると、生臭さはほとんどなく、味はヘパリーゼのような味。

薬酒として飲めば、全然飲めます。

今朝、心なしか寝起きはすっきりしていましたよ。

 

みなさん、試してみる価値はあります。

血行促進、精力増進、滋養強壮にいいんですから。

 

風邪ひいてたけど、ちょっとラクになった。

こいつに感謝!

約束に対する感覚のギャップは国民性による?!

飲み会に外国人を誘ったことがありますか?

イベントなどに外国人を誘ったことがありますか?

外国人雇用を担当したことがありますか?

 

それらの幹事や担当者を務めるのは、とても大変です。

なぜなら、簡単にドタキャンされたり、すっぽかされてしまうからです。

連絡が来たら、まだマシです。

 

これは国民性による性格の違いによるものです。

性格というか価値観の違いです。

 

Facebookで日本語ボランティアグループを主宰していますが、そのイベントごとにおいても、何度ドタキャン・すっぽかされたことか。

前もってイベント告知していても、宛になりません。

それどころか、

「そんな遠い先のこと、その時にならなきゃわからないよ。」

って開き直る様です。

 

 

先日、私の一番信頼している学習者に、あるお願いをしました。

それは、私の通う日本語教師養成講座の外国人実習で、生徒役の外国人をやってほしいというお願いです。

彼らは、ある意味、日本人の性格や常識をわかっているから、ドタキャンはあり得ないだろうと思い、お願いしたのですが・・・。

前日になって、

「やっぱり体調が悪いので、明日の件はごめんなさい。」

とメッセージが・・・。

 

私も学校側に彼らが来ると通達していたものですから、もうてんやわんや。

その学校もこうした事情で、外国人の生徒役を集めるのに苦労しているようです。

しかし、それをわかっていない日本人在校生(日本語教師のたまご)たちが

「なんで外国人が一人しかいないんだ!」

「もっとマジメに外国人を探せよ。」

「外国人を用意できないなら、それを広告文句にうたうな!」

「カネ返せ!」

 

まあ、ごもっともです。

しかし、これから日本人教師になろうという人たちが、こんなこと言っていて良いものでしょうか。

外国人の性格や国民性をわかっていないなぁ。

今後、彼らも、いざ外国人と接するようになれば、どれだけ苦労することか。

 

日本人がもつ時間の価値観を、外国人に押し付けることにつながる気もします。

しかし、彼らが日本で暮らす以上、日本人の感覚も知っていってほしいと、切に願います。

愛のコリーダ

久しぶりに「愛のコリーダ」を見ました。

最近ちょっと話題になっていた「阿部定事件」をモチーフに大島渚監督がつくった映画です。

かなりセックスシーンが多くて、当時は日本での解禁は、もちろんモザイク処理がされており、2000年に完全ノーカット版で再上映された際も、モザイクなしでは公開されていないほど、過激な性描写の多い映画で知られています。

 

阿部定事件に関しては、Wikipediaをご覧いただきたいです。

阿部定事件 - Wikipedia

彼女の人生は、幸せだと言えるものではなかったように見えます。

でも、芸姑や娼婦であっても、人間の情愛のもつロマンチシズムがあり、男と女が愛し合うとは、理屈ではないもっとドロドロとした、いや、言うなれば動物的なものかもしれません。

 

そういう部分に大島監督は、映画業界へハードコア・ポルノという新ジャンルに大きな反響を生んだこの映画を創り出したバイタリティは、想像を絶するものです。

こちらのサイトを読めば、当時の映画製作について書かれています。

topicks.jp

 

2000年当時、私は小さなマイナー映画館でこの映画を見ました。

25歳だった私には、それまでのセックスシーンなんて印象に残らないくらい、男性器を切り取られたおぞましいラストシーンがとても衝撃的だったのを覚えています。

なんか小便臭そうなその映画館にきているのは、みんな中年そこそこの男性ばかり。

そんな中、20半ばの女性が一人、こんなポルノ映画を見ているのですから、今考えると、よく行ったなぁと思うほどです。

 

そして、17年たった今、再度同じものを無修正でみてみました。

今はインターネットで簡単に海外動画としてアップされている無修正版をみることができます。

あえて、ここにはリンクは貼りません。

ご自身で英語タイトルで検索してみてください。

 

あの藤竜也や見たことがある男優たちの息子スティックがもろ出しなのは、これまた衝撃的でした。

正直いって、無修正よりモザイクがあったほうがいいと思います。

なぜなら、想像力を働かせるほうがいいからです。

だって、名優のモノが「想像より小さい」だなんて、ちょっとショックじゃないですか・・・。

Wikipediaには、実際の石田吉蔵のは、平均的サイズだったとありますけど・・・。

 

私はそういう日本の全部見せないチラリズムって、どこかワビ・サビに通じるものがあると思うんだけど、強引でしょうか。

広告を非表示にする

元の木阿弥

あーーーぁ。

南無阿弥陀仏になってしまった・・・。

自己嫌悪。

あれだけ守護霊様たちが言ってたのに、

バカな奴だな・・・・。

広告を非表示にする

しばらくぶりね~

はいはい、ご無沙汰してました。

婚活は相変わらず不調でござる。

まったく出会い無し。

 

しかし、例のJくんとのやり取りが続いているんだけど、

何だかあちらは明らかに復縁を希望しているような言動が続いているんですよね。

でも、傷つけたくないから、愛想よくしてるけどさ。

 

しかーーーーーし!

ここで隙をみせたら、元の木阿弥。南無阿弥陀仏

ぜったいに復縁はしちゃいけない。

そのために、手をつなぐことも、近寄ることも厳禁にせねば。

 

そりゃ、彼のすべてが嫌いになって、憎悪しかない状態で別れたなら、もう二度と会いたくないってなったかもしれない。

でも、そうじゃなかったからね。

 

私の場合、彼の怒りっぽい性格、それだけ治してくれたら、アンガーマネジメントさえやる気を起こしてくれていたら、別れるなんて思わなかったかも。

 

そんな今日この頃なんですけど、いつもの日本語教師養成講座の廊下に「アンガーマネジメントファシリテーター」って書かれたチラシが置いてあった。

なんかこれ、そういう方向へ導かれているなんてこと、ないよね?

私、これ以上、メンヘラの人と関わりたくない。

関わらない人生を送りたいんです!

 

守護霊さまぁ~~~、どうかお守りを!

広告を非表示にする

毒舌ドクターのひと言

先日、母の薬をとりに、行きつけの病院にいった時のこと。

ここのドクターは、患者さんがいないと、本当によく話をしてくれます。

母の訪問マッサージの同意書を書いてもらうために、書類を渡したら

先生が何やらメモを書いていて、

「これ、書いておいたから。」って。

「え?読めんのだけど・・・。」

「まじ?!そんなん言われたら、もう一度書き直したる。」

って、名古屋弁でやり取り(笑)

 

普通、同意書なんて必要事項だけ書いて、事務的に済ます医者が多いのに、この先生はちゃんと自筆で「今後もよろしくお願いします。」とかメモを必ず書くのだそう。

それがその先生の流儀なんだって。

そういう人間臭いところが好きで、私も母もここに通っている。

 

待合室で会計を待っていたら、次の患者がいないのか、先生が出てきて、

まだ自筆にこだわるうんちくを言いに来た(笑)

そしてしばらく雑談。

 

そこで、結婚の話になり

「あんたはモテそうだから、結婚しないのは、自分の理想が高いだけだろう。」

「そんなことないって。先生、よく考えてみや~。

私と結婚するってことは、うちのオカンがもれなく付いてくるってことだに?」

「あっ!!!!そうっか!!!!そりゃ、あれだけ気の強いお母ちゃんがいたら、(結婚できなくても)しょうがないわ。」

 

って爆笑して帰ってきました。

本当に温かいドクター。

私はこういう先生が大好きです。