アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

生理直前のイライラに要注意

本日、生理2日目。体が重い私です。体重も重いんですけどね(笑)

 

さて、一昨日の朝、ふと何気に血圧を測ってみた。

結構高めでした。しかも下の血圧が。

このところ、舞台公演を2週間余りに控えて、血圧があがってるのが体感的にわかるんです。

 

稽古場でもイライラすることが多い私。

演出助手という立場上、演出とキャスト、特に劇団外からの客演さんたちとの板挟みになることもしばしば。

とてもストレスがたまります。

 

それで、今までの不満が噴火してしまいました。

元カレである劇団代表へクレームをLINEで送ったけど、彼だってどうすることもできないのわかってるのに・・・。

 

そんなこんなで、帰宅して、動物病院へマウを連れていこうと、車に乗り込んだ瞬間、マウがびちびちウンコをキャリーでもらしやがった。

マウはいつも病院にいくとき、おもらしをする。

相当のビビリ。

結局、ウンコの始末で予約時間に間に合わず、受診をあきらめるはめに。

この時点で私のイライラはかなり上限近くに・・・。

 

この時も、マウがウンコだらけの足で暴れ回るから、ついに私の怒りは爆発。

これも、マウは何も悪くないんだけどね。

怒っちゃダメだとわかってるのに、もうコントロールできんかった。

いわゆるヒステリー状態。

 

自己嫌悪。

 

で、血圧を測ったら、150以上/100以上。

これでも、怒りマックスの時じゃなく、少し落ち着いてから測定したから、爆発中の数値は恐ろしいものだったに違いない。

 

なんで、一昨日がこうもイライラした一日だったのか。

それは生理直前だったからだと気づいたのは、一日過ぎた昨日でした。

 

アンガーコントロールができるようにしなきゃいけない。

人間の怒りは6秒でおさまると聞きます。

私はそれより長い気がします。

ヒステリー発作なのか、なんなのか・・・。

 

一人暮らしになって、怒ることなんて、もうめったにないと思ってた。

母と一緒にいたころは、よく母に八つ当たりのように怒ってた。

その当時に比べると、イライラすることは減ったのだと思う。

でも、一人でいるときに発狂しても、意味がない。

マウが怯えるだけである。

 

ストレスのない生活をめざしたい。

 

AmazonプライムでDoctor Xを視聴

このところ、ずっとDoctor Xをシリーズ1から見ています。

さすがにシリーズ4あたりになると、ワンパターンな筋が飽きてきました。

でも見ちゃうんですよね。

 

半沢直樹でも、下町ロケットでも、人気あるドラマの共通点があります。

それは、組織や権力に立ち向かって、リベンジしていくという痛快さです。

 

「リーガルV」も第1回目を見ました。

米倉涼子、相変わらずきれいだけど、大門未知子と変わらない印象。

同じ役に縛られたくないと言ってたから、どんな役作りするのか楽しみだったけど、変りませんね。

 

敵役の向井理、この人もかっこいいけど、あまりパッとしないイメージ。

イメチェン謀ってなのか、いい人役が多かったけど、今回は腹黒そうな敏腕弁護士役。

でも、私の印象はカッコつけてるだけって思ってしまいました。

 

話はDoctor Xに戻って、シリーズ1~3までで印象に残ってるのは高畑淳子の看護師長が麻雀やっているところ。

あの指さばきは、麻雀やりなれているホンモノだなぁ~って(笑)

でも、あのシーン大好きなんですよね。

だって大門未知子って公私を完全に区別するキャラなのに、神原名医紹介所に職場の看護師がきて、一緒に雀卓囲んでいる。

あの看護師長だって絶対公私混同しないキャラなのに、なんかその一線をこえて交流している様子が微笑ましいです。

 

頑なだったものが、ほぐれていく様も、私がハマってる要因かもしれません。

シリーズ1では憎たらしかった海老名だって、シリーズが進むにつれ、なんか好感キャラになっていきますからね。

人間って勧善懲悪じゃないよっていうストーリーや役作りが、人々に愛されるドラマな所以じゃないでしょうか。

 

それにしても、大学病院ってあんなに伏魔殿のような場所なのでしょうか。

一回だけ国立の大学病院に入院したことがあります。

まあ、確かに教授の部長レベルでは、ああした「お偉いさん」って感じはしました。

当時、町医者に紹介状を書いてもらい、その大学病院へ初診に行った際、内科部長だかに見てもらいました。

秘書的な看護師が横にいて、「先生様」という感じ。

その部長さんは、あまり念入りに診察する感じではなく、一通り事務的な面談といった感じでした。

その先生が診たのは、その時と部長回診の2回だけ。

主治医は私と同年くらいの若い女医さんでした。

 

ああいう金銭授受のシーンをみていると、部長先生にお心づけなんかを差し上げなければいけなかったのでしょうか。

そんなカネ、到底もっていませんけどね。

米倉涼子に負けぬようがんばってみる

今日から「リーガルV」がやりますね。

ちゃんと録画予約してきましたよ。

最近私、Amazonプライムで「Doctor X」にハマって、毎日見ています。

こんなに面白いドラマだったんだと知りませんでした。

だから、今日から始まる「リーガルV」も楽しみです!

 

ところで米倉涼子の足の長さは尋常じゃないですね。

自慢の美脚はお見事って感じです。

同じ年齢の私・・・・。むくんだ大根足はいつもズボンで隠しています(笑)

 

それに彼女、確かブロードウェイミュージカルで「シカゴ」を公演したこともあり、幼少期からバレエで培ったダンス力を舞台に活かしていたと話題になったこともあります。

最近気になったのが、彼女はスペイン語も勉強していて、結構話せるんだとか。

すごいですね~~。

私もスペイン語がんばろう~!

 

すべてに劣る私だけど、がんばるぞ~~!

ようやくプライベートレッスンの生徒を獲得か?!

やっとプライベートレッスン希望者が見学にきました。

 

以前、完全に無料でプライベートレッスンをやっていた時期がありました。

まだ日本語教師の資格もとっていなかったこともあり、グループクラスとの差別化をできずにいたからです。

そして資格取得後は、適正料金でレッスンをしようと思っていました。

しかし、なかなか私の都合が不定期になることから、基本的にグループクラスのみで運営していました。

 

最近、週1日だけでもレッスン料を支払う意志のある人には、プライベートレッスンをしようと思っていたところ、そんな話が舞い込んできました。

 

国際センターで紹介を受けたというアルゼンチン人です。

日本人女性と結婚し、移住していたニュージーランドから名古屋に引っ越してきたばかりと言います。

まだ定職についていないため、日本語学習に時間が割けるから、プライベートレッスンもしたいということでした。

 

ひとまずグループクラスを受講してもらい、判断を仰ぎました。

3週間後あたりにプライベートレッスンも受講開始したいという希望でした。

 

ゼロベースの人を教えるのは、とても教え甲斐があります。

その生徒の性格にもよりますが、どれだけ学習意欲を持続できるかも、教師の大きな役割です。

どうシラバスを立てようか思案中です。

肌の調子は順調!特に股関節の黒ずみに効きました!

アルガンオイルを継続中。

やっぱり肌の黒ずみが改善している気がします。

 

私は、下着のゴムがあたる股関節あたりが黒ずんでいて、悩んでいました。

夏、汗をかくと、そのあたりが痒くなり、かぶれてしまっていました。

デリケアなどのかゆみ止めを使っていましたが、なかなか黒ずみが取れませんでした。

ゴムの締め付けがダメなんだと思い、ふんどしやゆるパンも購入。

確かにそれらは通気性はいいので、蒸れることは少ないです。

しかし、それらは結構高いんです。

背に腹は代えられない。

 

ふんどしをつけてみるものの、なんか落ち着かない(笑)

寝ている時はいいけど、仕事中、ケツに食い込んでTバック状態になるのがどうも気になる。

しかも、これ、万が一のシチュエーションになったら、幻滅でしょ。

いつ貴公子が現れて、いつそういう・ああいうことになるかわからないんだから。

いい雰囲気になって、ふんどしつけてるなんて、百年の恋も冷めてしまいます。

 

さて、そんなこともアルガンオイルで解決できるなら一石二鳥ですわ。

薬をつけると、特に副腎皮質ステロイドをつけると、肌が黒ずみます。

しかし、アルガンオイルは肌が柔らかくなっていってる気がします。

黒ずみの中に一か所、引っ掻いてできた濃い黒いスポットがあったけど、それは見事に消えました。

 

もう少し長い目で様子を見てみます。

ひょっとしたら、それ以外の黒ずみも消えるかもしれない。

アルガンオイル、手にもつけていますが、しっとりスベスベになってきています。

手の甲のキメがよくなっているのが、よくわかります。

 

顔の皮膚も角質が整ってこれば、きっとシワやたるみにも効くはずですね。

まじで、オススメです。

経過観察中!「アルガンオイル+肌断食」VS「ふきとり化粧水+保湿化粧水」

先日、初めて耳にした「ブースターオイル」って言葉。

油をつかって、水を浸透させる?なに、それ?

そう思って調べてみたら、シアバターだとかアルガンオイルっていう言葉が出てきた。

 

数週間前、ネストの常連に「とにかく塗れ!」とか「化粧したほうがいいと思う。」とみんなに言われて、それから私のアンテナは基礎化粧品に向いている。

 

ちふれのしっとり化粧水 

化粧するなら、肌そのものが荒れていたら、化粧しても”汚化粧”になってしまう。

それならば、スキンケアして化粧しよう。

 そう思って、まずは家にあった化粧水(毎日は使わないが、乾燥が気になるときに使っていた)を使い始めた。

ちふれは定評があり、しかも安価。香料も入ってない。 

これをたまに使ってはいた。

でも、あまり自分の肌が改善したようには思えなかった。

他の化粧水は肌が赤くなったりしていたから、ちふれはまだ安心して使える。

 

ナリス ふき取り化粧水

友人がナリスレディやっていて、彼女の依頼でふき取り化粧水をモニターした。

確かに肌に汚れや角質が残っているなら、それらを除去して、くすみをとって化粧水をいれたほうがいいと思って、試してみた。

すると、肌が赤くなって、若干ヒリヒリした。

その旨を友人に報告。

だから、営業勧誘しないでくれよ(笑)

しかし、こうした角質除去は、肌断食理論ではありえない行為。

どちらが正しいか。

私はこのふき取り化粧水を試してみて、思った。

やはり角質をとるというのは、肌に相当負担を欠けているし、肌が赤くなることはシミやシワの原因になる。

だから、肌断食を選んでいこうと思う。

 

POLAは高いけど、効果はあると思う

財布は痛いけど、やはり高価な商品のほうが効果があるのかな・・・。

 

思い出してみると、以前、街角でお試しエステの時にもらったPOLAのサンプル。

これを使用した翌日の朝、ものすごく肌がすべすべになっていたのを思い出した。

POLAのどの商品だったか思い出せないが、化粧水、美容液、乳液をもらった記憶がある。

POLAのホームページを見ると、目の玉が飛び出るような値段。

あっかーーーーーん。

こんなの使っていたら、破産する。

でも、POLAにいって、サンプルだけほしいな。また使ってみたいな。

通販限定キャンペーン情報│商品情報・購入│POLA

 

ココナッツオイルは髪にとてもいい

そんな中、冒頭に書いた「ブースター」という言葉を聞いて、最近ネットで調べまくったのがスキンケアオイル。

オイルなら、ココナッツオイルをもっている。

これも乾燥のひどい冬に塗っていた。

しかし脂分が多いのか、顔がテカるし、ニキビいわゆる吹き出物ができることもあり、ほとんど使っていなかった。

このココナッツオイルは顔にも塗れるけど、料理にも使える。

だから、余ったら、トーストに塗って食べてもいい商品。ココナッツオンリーで精製されたオイルなんです。

私の知人にこれを貸したところ、とても気に入って、髪にも塗っていた。

 

私も昨日、オリーブオイル石鹸で髪を洗い、ココナッツオイルを塗ってみた。

脱シャンプー&リンスをしようと思って、試してみました。

案の定、洗い立ての髪はキシキシ。ドライヤーしたら、ライオン丸になったよ(笑)

あー、脂が全部もっていかれても、ココナッツオイルを塗れば、多分大丈夫。

昨夜、試したところ、髪にボリュームが戻り、結構調子いい!

ゴワゴワ感がなくなったけど、ちゃんと腰がある感じ。

しばらく脱シャンプーを試してみます。

オーガニックバージンココナッツオイル 140ml

オーガニックバージンココナッツオイル 140ml

 

 

 

アルガンオイル

ニキビ跡もひどい私には、シアバターがいいと、これもネットで目にして調べて、最後に行きついたのがアンチエイジングにいいアルガンオイル

 シアバターはまだ使ったことがありません。

 

アルガンオイルは酸化しにくく、ビタミンEが豊富なんだって。

ブースターオイルとして、化粧水の前に塗る人が多いと書いてあったので、私も試してみた。

塗り心地は、最初やはり油特有の匂いは微量ありますが、塗り終えてしばらくすると、それも気にならない。

そして、伸びはいいほうです。馬油より伸びます。そしてココナッツのほうが伸びるかな。

 

伸びる感じ(さらさら感) ※個人の意見です

馬油<アルガンオイル<ココナッツオイル

 

こういうイメージ。

 

 

私が購入したメルフィータアルガンオイルには「肌がごくごく水を飲む」とサブキャッチがあります。

手に塗ったあと、水道水に手をかざしてみました。

やはり油は油。水を弾くんです。

ブースターオイルっていう構想はわからなくもないが、誇張した広告だと思った。

 

でも、アルガンオイルを黒ずみのある個所に塗ってみた。

まず、パンツのゴムの締め付け部分。私は汗をかいて、かぶれて、黒ずんでいる。

そこに塗ってみた。

結構いい感じです。かゆくならなかった。

アルガンオイルは傷口の治療にもいいって、何かで読んだから、続けてみようと思う。

アンチエイジングにいいなら、黒ずみだってターンオーバーを助けてくれるはず。

 

このオイルを購入してから、いろいろ組み合わせを試した。

 

このパターンは翌日の使用感はべとつきがひどかったので、やめた。

 

これも若干、混合肌の私には油ギッシュすぎた・・・。

 

翌朝のコンディションから言って、まあ、これでもいいかなって思えた。

恐らく乾燥する真冬には、オイルサンドイッチにしたほうがいいのかも。

 

今の季節にはアルガンオイルのみで充分だというのが、私の結論!

昨夜、ごく少量のアルガンオイルを塗って寝てみたら、今朝、すごくコンディションいい。

化粧水いらないじゃん。

ちふれ、さようなら。POLAもバイバイ!

 

 

まとめ

結局ね、私は数週間前まで、ノースキンケア、ノーメイクの毎日でした。

いわゆる肌断食してたんです。

ただ、なぜ肌が劣化しているかというと、つい、いじってしまうから。

洗顔の時、角質をゴリゴリこさいで、こすり落とすようなことをしてた。

それで、あれやこれや、化粧水やら、角質除去なんかをやろうとしていたから、さらに赤くなって、肌を痛めつけていたのね。

 

決めました。

 

風呂上りにアルガンオイルのみ。

洗顔は泡立て、泡で洗う。

タオルでこすらない。

顔をいじらない。

朝はぬるま湯洗顔

化粧はミネラルファンデ。

 

 

以上、私のスキンケアはこれに決定!

 

本気のプロポーズなのかどうなのか

昨日、大雨の中、ネストに行って飲んでいた。

雨降りだからか、あまり常連がいない中、ふと入店してきたのが、アメリカ人Wさん。

Wさんは67歳男性、仕事でちょくちょく来日している。

 

このおじさん、ちょっと変わっている。

右手中指には大きな変わった指輪をはめていて、しかも高価そうなやつ。

そして、高級ホテルに数か月滞在していて、超金持ちらしい。

彼の写メを見せてもらったが、自宅にプライベートバーがあったり、変わった高級車やクルーザーを持っている。

毎晩のようにネストに現れて、10杯くらい飲んで帰っていく。

どんな仕事しているのか・・・、確か保全関係の仕事だったような。

よくわかりません。

 

そんな得体のしれないWさん。

昨年だったか、母が亡くなり私が一人だということを知ると、私に家賃以上のお金を払うから、居候させてくれといってきたのだ。

いやいや、ネストに至近の高級ホテルのほうがいいでしょう。

しかも、得体のしれない彼の素性や言動からして、まともじゃなさそう。

お断り申しました。

何度か飲みに誘われたけど、それらもお断り。

 

そんな彼と昨日、またネストで再会したもんだから、面倒くさいと思いながらも、話の相手をしていた。

お酒が入って酔いが増すと、彼は「僕の嫁さんになって」と言い出してきた。

無理無理。

恐らくアメリカにも女がいて、横浜にも女がいると聞いていたし、私が名古屋の現地妻になるつもりは毛頭ない。

いくら金積まれてもイヤだね。

 

しかもこのおっさん、訛りなのか、めっちゃ聞き取りづらい英語を話す。

恐らく西部なまり。西部劇に出てきそうな英語の訛りがある。

いわゆる口をはっきり開けずに話すジョニー・デップみたいな喋り方をする。

あかん、ジョニー・デップと比べたら、ジョニーに悪い(笑)

ニュージーランドに留学していたネストのマスターでさえ、なんどか聞き返す時があるほど。

 

このおっさんが帰る直前に、二人組の外国人男性が入店してきた。

また、彼らも似たような人たちだった(笑)

一人はハワイアンで、一人はイギリス人。

イギリス人のほうは簡単な日本語が話せるようだった。

ハワイアンのおっさんも、Wと似たような性格で、下ネタを投下したり、とアメリカンジョークなのか「俺の元妻になってくれ。」と言ってきたり。

 

貴公子はいませんでした。(笑)

私の婚活はまだまだ続く。