アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

マドリードからバルセロナへ移動

さあ、新年元日の朝。かなり遅めの起床。

9時30分ごろに、ホテル前の教会にいってみました。

ここの聖堂が見てみたくて。

残念ながら、正面の大聖堂は開いていませんでした。

f:id:beckii:20190117092253j:plain

 

 じゃあ、裏手にいってみたら、やはりありました。

小さな聖堂が。そして扉が開いてる。そうだよね、教会はいつでも立ち寄ってお祈りできる場所だから。

f:id:beckii:20190117091952j:plain

 

中に入ってみると、白い壁のきれいな聖堂。ちょうど朝、日が当たっていて、とても清々しい気持ちになれました。

f:id:beckii:20190117091938j:plain

 

心が洗われたところで、さあ、朝食!

ところが昨日行ったカフェがまだ空いてない。

10時すぎているんだけどなぁ・・・。

仕方ないので、コンビニに立ち寄ったけど、ホットコーヒーが置いてない。

ホットが飲みたいなら、カフェに行けという。

で、近くのカフェに行ってみました。

f:id:beckii:20190117093716j:plain

確かここは昨夜の帰りも若者たちが夜遅くまでたむろってたところだ。

元日は休みが多いこの町でも、朝からやってるんだなぁ。

カウンターに座ってみました。

f:id:beckii:20190117092243j:plain

 

三つ子なのか、三姉妹なのかラテンアメリカ系のよく似た女性3人がバイトしていて、そしてめっちゃメタルな入れ墨をしたお兄さんがチーフのよう。

ラテンねえちゃんが笑顔で、やさしく話しかけてくれました。

例外なく、「カフェ・コン・レチェ。カリエンテ、ポルファボール。」と言うと、問題なくホットオレが出てきました。

やったー!

f:id:beckii:20190117092233j:plain

 

さあ、ホットコーヒーを飲んだところで、ホテルに戻ります。

もうチェックアウトの時間。

このまま荷物をもって、Rさんのご実家、モストレスにいき、ご実家で正月のランチをいただきます。

ホテルのオーナー夫人が、朝ごはん代をペイバックしてくれました。

これも、Rさんがチェックアウト時に同伴してくれて、説明してくれたおかげです。

私一人だったら、こんなにコミュニケーションとれませんでした。

持つべきものは友達です!

 

ホテルにはチップ代わりに、手編みスポンジを置いてきました。

オーナー夫人にはさくまのドロップ缶。

顔を覚えてもらってたお礼ね。

 

さて、モストレスも一年ぶり!

モストレスは団地が並ぶ住宅地。元日には多くの家族がランチを一緒に食べるため、路上駐車スペースを見つけるのは至難の業。

見つけても、すごく狭いスペース。

新品の車を傷つけないよう、傷つけられないよう、Rさんも慎重にパーキングします。

私だったら完全に諦めています。そもそも縦列駐車は大の苦手。

なんとか車をとめて、ご実家のあるマンションに。

一年前は飼い犬の歯が、私の鼻にあたって、負傷した苦い思い出が(笑)

しかし、そのわんちゃんは昨年他界してしまったそうです。

お父さん・お母さん、弟さん夫婦とその娘、そしてラウルさん一家。

再会の挨拶をして、たくさんのご馳走を頂きました。

f:id:beckii:20190117092211j:plain

f:id:beckii:20190117092223j:plain

f:id:beckii:20190117092814j:plain

 

お母さんの編み物道具や、編み物でつくったベッドカバーを見せてもらいました。

すごい大作でした。写真とればよかった!!!

そのお母さんは、私へのお土産に手編みで作った壁掛けをくれました。

すごいうれしい!

Rさんのお母さんって、誰かに雰囲気が似てるんです。

とても世話好きで、明るくて、おちゃめなお母さんって感じの方です。

Rさん一家は明るい人たちばかりだから、なんだかとても居心地がいいご家庭です。

 

さて、夕方になり、いよいよバルセロナに向かう時間です。

モストレス駅からアトーチャ駅まで30分弱。

RさんがAVEのセキュリティーチェックの手前まで、同伴してくれました。

本当に最後の最後まで、Rさんがついていてくれて、本当に私は幸せものです。

f:id:beckii:20190117092804j:plain

でもここからは私の正真正銘の一人旅。

とは言っても、駅からホテルまでですけどね(笑)

一人で乗る電車の旅が一番ドキドキ・ワクワクしていました。

AVEの乗り心地の良さは、一年前のトレドへの旅で知っていましたから、マドリードからバルセロナまでの3時間半の道のり、途中で居眠りしてしまいそう。

もし居眠りしたら、スリとか危ないのではないかと、ちょっと気を引き締めていました。

f:id:beckii:20190117092744j:plain

1等席車両は高いせいか、やはり人はまばらでした。

私の席の周辺は空いていて、誰も話し相手もいない感じ。

ここでもスペインの貴公子は現れず(笑)

f:id:beckii:20190117092755j:plain

 

しばらくして、うつらうつらし始めたころ、「あれ?確か1等席はドリンク・フードサービスがあったよなぁ・・・。配食せず、セルフサービスか?」と思い、キャビンへ行ってみました。

f:id:beckii:20190117101044j:plain

f:id:beckii:20190117101052j:plain

なんだ~!あるじゃん!

あれ、ちょっと待てよ。これって、クルーが後で配食するんじゃないか?

勝手に持っていったらまずいよな。

もう少し待ってみよう。

そう思って、しばらくすると、来ました。来ました。

Rさんご実家で腹いっぱい食べてきたのに、出された食事は食べるのが私の主義。

f:id:beckii:20190117092732j:plain

バルセロナまで1時間くらいの時点で、軽食が出てきました。

ご飯とツナの何か(笑)そして野菜とパン、そしてケーキ。

これはちゃんとシェフが考えたメニューだそうで、献立のリーフレットがついてきていました。

少ないけど、これでちょうどいい感じ。

 

食後にはドリンクサービスも。アルコールはやめておきました。

この時もソフトドリンク。だって、酔っぱらってたら、寝てしまうから(笑)

本当ならワインでも飲みたかったけど・・・。

旅のリスクを考慮して、ガマンガマン。

 

AVEの添乗員たちのサービスはとてもいい感じでした。

エアラインより上質の応対でした。

何よりも笑顔で応対してくれるのが、一番の好印象。

みなさん、マドリードバルセロナ間を移動するときは、ぜひAVEの一等席をご利用してみてください。

Renfeがどれだけいい電車だかよくわかりますから。

 

さあ、ようやくバルセロナ、サンツ駅へ到着!

f:id:beckii:20190117093026j:plain

 

まずはタバコ( ´ー`)y-~~

荷物だけ気を付けて、一服。

こういう時、カベ際に寄るのがいいそうですね。

自分の背中に隙があって、スリに狙われやすいから。

プハ~~~。幸せ~~~。

 

で、駅前にはタクシー乗り場があり、タクシー運転手は英語で話しかけてくれます。

重いスーツケースをトランクに入れてくれました。

ホテルの詳細をみせたら、すぐわかってくれて、出発!

見た目はアラブ系の移民の方が多く、タクシー運転手をやってるようです。

私が乗ったタクシーの運転手たちは、ほとんどアラブ系の方でした。

英語で応対してくれて、荷物も手伝ってくれたから、お釣りの小銭はチップ。

すると、降車時のスーツケースの扱い・応対がさらに良くなってた(笑)

 

今回泊まったホテルは、Booking.comで予約したAyre Hotel Caspeです。

4つ星で高評価を獲得していたホテル。しかもその時確かディスカウントしていたから、ここに決めました。

今回の目的であるサグラダファミリアにも徒歩で行ける距離。

朝食もおいしいとレビューにあり、期待が高鳴ります。

 

入った瞬間、私の想像よりいいホテルでした。

海外旅行で泊まったホテルで一番いいかも。広さや空間、清潔感、全部私は☆5つつけたい。

f:id:beckii:20190117093016j:plain

f:id:beckii:20190117093007j:plainf:id:beckii:20190117093119j:plain

f:id:beckii:20190117092957j:plainf:id:beckii:20190117093128j:plain

 

フロントの応対も感じがいい、特にGさん!

私が見つけたバルセロナの貴公子。

英語が堪能で、かっこいい♡

しかも、いつも優しく応対しくれて、笑顔がステキ!(仕事だから当たり前か^^)

って、最終日のチェックアウト時に写真とらせてもらいました(笑)

f:id:beckii:20190117103744j:plain

 

明日はグエル公園で初日の出を見に行きます!

マドリード2日目

この日、10時にRさんと待ち合わせ。

その前にホテル近くで朝食。

いつもなら、ホテルオーナーが経営しているカフェで朝食なんだけど、工事中のため、別のカフェで朝食を食べられるクーポン券をもらった。

 

ということで、ここへ一人でやってきた。

f:id:beckii:20190111133555j:plain

ソバージュのお姉さんが微笑みかけて、スペイン語でなんちゃらかんちゃら。

私が「デサユーノ ポルファボール。」

昨年おぼえた「カフェ・コン・レチェ!」と言ったら、

「カリエンテ?〇×◆△?」って。

なんだ?カリエンテ??

指差し手帳をみたら、「ホットのミルクがいいか、ゆるいミルクがいいか?」ってことらしい。

Rさんにメッセージで聞いたら、やっぱりそうだった。

これで、もう一つ勉強になったぞ!

f:id:beckii:20190111133615j:plain

 

さあ、朝食も食べておなかいっぱいになったところで、ラウルさんと再びマドリードへ。

今日は、まずテアトロ・レアルの見学。

f:id:beckii:20190111134457j:plain

 

オーディオガイドのために、長い列を待っていたら、あるアジア系ご夫婦が受付に「あんた、10分くらいっていうから、待ってたのに。どれくらい待たすのよ!こんなに待つんだったら、並ばなかったわよ。もっと早く言ってよ。」

って英語で文句言ってた。

結局はオーディオガイド機器を使用している客が出てくるのを待つしかないんだけど、それがどれだけ時間かかるかわからないよね。

 

私はちゃんと並んで待ちますよ。はい、日本人ですから。

f:id:beckii:20190111135204j:plain

テアトロ・レアルの舞台。仕込み作業が見学できるなんて感激!

f:id:beckii:20190111135347j:plain

劇場の全体図。赤い部分が客席。中央の濃グレーがステージ。緑が倉庫兼工房。

f:id:beckii:20190111135533j:plain

舞台から客席をみた写真。これはパネルを撮影したもの。舞台上には入れません。

f:id:beckii:20190111135646j:plain

バックステージの吊りもの空間。舞台セットをこのリフトで瞬時に転換できる。

f:id:beckii:20190111135821j:plain

客席を外側からみた模型。半円形の建物になっている。

f:id:beckii:20190111135920j:plain

劇場全体模型です。どれだけ大きな劇場だかよくわかります。

f:id:beckii:20190111140033j:plain

ステージ部分の模型。額縁のたっぱがすごい!

f:id:beckii:20190111140154j:plain

オペラで使用された衣装

f:id:beckii:20190111140237j:plain

こちらはかつらや装飾品など。

f:id:beckii:20190111140330j:plain

館内にはバーカウンターもあります。

f:id:beckii:20190111140411j:plain

6階ホワイエロビー

f:id:beckii:20190111140511j:plain

バルコニー玄関

f:id:beckii:20190111140551j:plain

ここは王立劇場。目の前には宮殿が見えます。

館内には、貴賓室のような特別な部屋もあり、貴族や王族たちが座ったであろうソファーもあり、座ってみるとフカフカ・フワフワ。

ダンスホールもあり、きっとそういう上層社会の社交場にもなっていたのでしょうね。

そこでRさんと一緒になんちゃってワルツを踊ってみたけど、何回もRさんの足を踏んでしまった私(笑)

社交ダンス、ある程度習っておけばよかった(泣)

演劇人の私としては、ここに連れてきてくれたRさんに感謝感激でした。

 

さて、私たちはチョコラテとチュロスを食べに、超有名店へ。

f:id:beckii:20190111141318j:plain

チョコラテリア・サン・ヒネスで、チュロスセット

ここのチョコレートが最高においしい!濃厚で味わい深いホットチョコ。

チュロスの塩気と、チョコの甘さが絶妙なマッチングでした。

 

f:id:beckii:20190111141746j:plain

El Corte Inglesの仕掛け人形。時間になると通行人たちが足を止めて見入ってます。

Cortylandiaの仕掛け人形近くに、修道院があります。

そのすぐ横にベンチがあったので、そこに腰かけて、一服。

f:id:beckii:20190111141904j:plain

デスカルサス・レアレス修道院

一服が済んで、私たちはレティーロ公園を散歩。

悪魔の噴水ですよ。天使じゃなくて、堕天使。

堕天使ルシファーは最も美しい天使だそうな。

美しいものには罠がある。気を付けましょう(笑)

f:id:beckii:20190111142534j:plain

ティーロ公園内にある堕天使の噴水

マドリード市内にあった総菜屋さん。

f:id:beckii:20190111143005j:plainf:id:beckii:20190111143037j:plain

 

ピント市内のスーパーマーケット。肉屋には子豚が丸ごと・・・・。

仔羊の顔が・・・・。

グロいので、ご注意!

f:id:beckii:20190111143228j:plain

f:id:beckii:20190111143222j:plainf:id:beckii:20190111143204j:plain

 

これ、Rさんの娘さんが描いた絵。昨年プレゼントした動物シールを使ってくれている!うれしい!

f:id:beckii:20190111143643j:plain

 

さあ!年越しディナーです。Rさんの奥様に感謝!今年もお腹いっぱいご馳走になりました。

f:id:beckii:20190111143807j:plain

f:id:beckii:20190111143943j:plainf:id:beckii:20190111144028j:plain

 

さあ、この年越し番組がやってましたよ。

デルソル広場を中継し、鐘の音と共に12粒ぶどうを食べます。

f:id:beckii:20190111144147j:plain


この時計台の玉が落ちて、カンカン言い出します。

その後、12回、鐘の音が響き渡ります。

ぶどうを食べるのに必死で、写真とれませんでした(笑)

f:id:beckii:20190111144305j:plain

その時の雰囲気を味わいたい人は、こちらがこのテレビのVTR。

この番組を見ながら、ぶどうを食べるんです。


Campanadas 2018 con la Bienvenida al Año Nuevo 2019 desde la Puerta del Sol de Madrid y Canarias.

 

12個食べ終えて、フェリス・アーニョ・ヌエボ!(あけましておめでとう!)
今年は子どもたちも、12時まで起きてた!

1年間で、ずいぶん成長したのを垣間見れました。

今年もいい年でありますように。

みなさんのご多幸もお祈りしています。

 

翌日の1月1日は、いよいよAVEに乗ってバルセロナに行きます。

次の更新まで、お楽しみに。

 





 

マドリードの最愛なる友人と再会

この年末年始の連休も、昨年同様、スペインへ旅行へ行ってきました。

今回はマドリードバルセロナ

マドリードのRさんご一家には今回も大変お世話になりました。

おかげさまで、子供たちとも少しコミュニケーションとれて、うれしかったわ。

 

前回はお土産として、煎茶茶器一式やお好み焼きの材料など、荷物がたくさんになってしまったけど、今回は夏用の甚平と子どもたちには浴衣ドレスをプレゼント。

ご一家で日本の夏服を少しは楽しんでもらえると嬉しいです。

 

さて、今回の旅でマドリードに寄ったのは、Rさんご一家に会うため。

そして、一年前のマドリードでの年越しがとても楽しかったし、マドリードの街の様子もにぎやかで大好き。

だから今回もマドリード経由で旅行を計画しました。

 

旅程としては、12月29日(土)に名古屋を出発。

この朝、雪が降り積もりました。

でも幸いにもフライトは午後5時過ぎ。

多少遅延があったものの、空港までは完全に雪が溶けており、問題なく空港へ到着しました。

しかし、雪の影響で航空機の到着に遅延が相次ぎ、台湾での乗り換えは別機に振り替えられました。

 

この時のキャセイパシフィック航空の対応が素晴らしかった!

台湾到着して、飛行機を降りてすぐのところに、キャセイの従業員が待機。

私の名前のプラカードをもって、待ち構えていてくれました。

フライト変更を混乱なく、すんなり搭乗口まで同伴してくれたのです。

もし、これが別会社のフライトでの乗り継ぎだったら、こうは行かなかったでしょう。

またチャイナ系もこうした対応はしてくれないと思います。

キャセイの株がまた上がりました。

f:id:beckii:20190110142501j:plain

乗るならキャセイ

 

マドリードについたのは翌朝7時50分ごろ。マドリードではこの時期、まだ日の出前。

辺りが暗いさなか、Rさんが空港まで迎えにきてくれていました。

機内で仲良くなった日本人女性HさんをRさんに紹介。

Hさんもマドリードバルセロナ、そしてグラナダへ旅行するとのこと。

この日の夕食を一緒に食べる約束をして、空港でいったんお別れ。

 

さて、ピントへ車で向かいます。

荷物をホテルへ置いて、Rさんちへ行き、一家みんなで鉄道博物館にいきます。

f:id:beckii:20190110142858j:plain

ピント市内の広場のクリスマスツリー。

f:id:beckii:20190110143032j:plain

Rさんちのクリスマスツリー。恐竜もお飾りにいますwww

f:id:beckii:20190110143124j:plain

アトーチャ駅近くのマドリッド鉄道博物館。古い駅舎がそのまま博物館になっています。

 

この博物館は、鉄道好きにはたまらない場所。

私も鉄道が大好き!なんかワクワクするんですよね。

海外の鉄道は、また異国情緒があって、レトロで洋風の趣がステキ。

f:id:beckii:20190110143350j:plain

古い機関車

f:id:beckii:20190110143437j:plain

機関室にも入れて、この手でさわれます。

f:id:beckii:20190110143700j:plain

f:id:beckii:20190110143733j:plain

お召し列車のキッチン

f:id:beckii:20190110144219j:plain

お召し列車の豪華ダイニング。まるでオリエンタル急行のよう。

f:id:beckii:20190110144312j:plain

博物館内にジオラマなど鉄道関連のフリーマーケットが。

f:id:beckii:20190110144422j:plain

鉄道員が使っていた道具

f:id:beckii:20190110144508j:plain

カンテラもあります。古き良き時代を漂わせています。

f:id:beckii:20190110144611j:plain

博物館敷地内に、わずかな距離ながらも路線が走っています。

 

ランチで食べたスペイン料理。最上段のコロッケは、クリームチーズが入っていて、3つも食べたら、おなかいっぱい!

卵とじのスープはにんにくが効いていて、いい味でした。

f:id:beckii:20190110144742j:plainf:id:beckii:20190110144836j:plainf:id:beckii:20190110144911j:plainf:id:beckii:20190110144932j:plain

f:id:beckii:20190110144938j:plain

 

f:id:beckii:20190110145507j:plain

エジプトからスペインに寄贈されたデボ聖堂。

f:id:beckii:20190110145644j:plainf:id:beckii:20190110145710j:plain

f:id:beckii:20190110145720j:plainf:id:beckii:20190110145729j:plain


このくるくるした茶色い食べ物。これがサラホスというもの。
私はこのサラホスを食べたかったんです。

一年前に街でみかけたサラホス。

見るからに怪しい食べ物でしょう。

羊の腸をぶどうの茎に巻いたものです。

こういうゲテモノに挑戦するのも、旅の醍醐味。

で、味はう・・・・・・ん。

臓物系の味です。レバーを臭くしたような。

一度食べたら、もう満足ですw

 

この日、ホテルでゆっくり休みました。

2日目は次へ続く。

今年はゆるゆるやります

私の抱負は、「ゆるゆる」。

これがキーワード。

ゆるゆるした毎日を過ごすこと。

もちろん、やりたいことはやる。

でも、忙しすぎて心を亡くす日々は良くない。

だから、ゆるゆるしたゆとりある一年にすることが目標です。

 

だからあまり予定をギチギチに入れないようにする。

友達の誘いもほどほどに。

できれば、気まぐれに遊ぶ。これ重要。

 

勉強は毎日ゆるゆるとやっていく。

これも、テストとか切羽詰まるようなことをしないで、自分の目標に向かってゆとりあるプランで勉強していこうと思う。

 

自分を追い詰めない、追い込まない。

そうした毎日を過ごしたいと思う。

 

今週のお題「2019年の抱負」

クリぼっちだけど、楽しかったクリスマス

このクリスマスに彼氏居ず。

香港の占い師、当たらんかった。

奴は「今年のクリスマスまでには彼氏ができていますよ。」なんて、ほざいていやがった。

はい、エセ占い師決定!(笑)

 

さて、それにも懲りず、別の占い師に占ってもらいました。

そうしたら、台湾の占い師と同じこと言ってた。

「5年後に現れた人と結婚した方がいい。」って。

おお~、同じ「5年後」フレーズ!

それまではクリぼっちが続きそうです(笑)

 

今年のクリスマスは会社の忘年会、日本語クラスのクリスマスパーティ、そして私の個人的な忘年会、と飲み会続きでした。

この年末年始もスペインで飲むぞ~!

バルでいっぱい食べて飲んできます。

 

恐らく、今年はこの記事が最後になると思います。

明日は劇団の忘年会、明後日はスペイン旅行へ出発。

帰国後、旅行の報告をいたしますね。

 

今回は、マドリードで前回お世話になったRさんやNさんと会い、バルセロナでQくんと会う予定。

Qくんとは文字でのチャットしかしたことないから、わくわくドキドキ。

めっちゃ大人しそうな人だから、沈黙に耐えられなかったら、どうしようね。

一応、スペインでも婚活してきます(笑)

一週間つかってみたら、肌がツルツルする洗顔料

いつも愛用していたちふれ洗顔料も泡立ちがよくてGoodですが、ちょっと浮気心が・・・(笑)

しかし、高価なものではなく安くて、肌にあうものをと試してみたのが、これ。

ロゼット洗顔パスタ ホワイトダイヤ。

ロゼット洗顔パスタ ホワイトダイヤ 90g

ロゼット洗顔パスタ ホワイトダイヤ 90g

 

 

みなさん、ドラッグストアで一度は見かけたことがあると思います。

ロゼットは昔からある洗顔料。

昔ながらのデザインパッケージで、ずっと気になってました。

なぜなら、昔からある商品で、今も店頭に並んでいるということは、多くの人が長年買い続けているということ。

どんな使い心地なのか気になり、そんなに高価ではないので、買ってみました。

 

ふたをあけると、丸い内蓋の中心に穴があいており、内蓋を押して、中の洗顔料を押し出すという形態。

洗顔ネットでよく泡立てると、かなりコシのある泡ができあがります。

匂いはベビーパウダーやオロナインに似た匂い。

洗いあがりはさっぱりしています。

乾燥肌の人は、必ず保湿しないとダメかもしれない。

でも、かなり洗浄されている感じです。

 

くすみが取れるとありましたが、確かに一皮むけたようなツルツル感があり、くすみも取れているのかなって実感はあります。

でも劇的ではないですよ。

お肌にはターンオーバーがあるから、劇的に変わるということは、それだけお肌に負担がかかっているということですから。

 

しばらくこの洗顔料をお風呂で使ってみようと思います。

最近のひとりの時間の過ごし方

先週一週間、私は仕事以外何も予定がない日を過ごしました。

優柔不断な私は買い物に1時間半もかけてぶらついたり、お料理や洗濯など家事ができる余裕があることに幸せを感じました。

 

一人暮らしだから、料理や洗濯は手を抜こうと思ったら、いくらでも手を抜けます。

でも、自分の生活空間がだんだん汚くなっていくと、それだけでストレスがたまりますね。

 

夕ご飯を食べながら、録画してあったドラマを一気に見る。

これがなかなかいいんですよ。普段毎週はドラマ見ないんです。

毎週録画予約をかけておいて、最終回が近づくあたりで、一気に見るんです。

そうすることで、どっぷりとそのドラマに浸かることができます(笑)

 

あと、何もやる気がない時は、Discordでボイスチャットして過ごしています。

ボイスチャットで話すのは、日本語学習者の外国人たち。

複数人でパブリックなチャットだから、安心です。

詳しくは以前かいた過去記事をご覧ください。

 

beckii.hatenablog.jp

 このDiscordサーバーのEnglish Chatなどで会話しているネイティブたちの会話を、無言で聞いているだけでもリスニングの練習になります。

車を運転している時、よくそうやってリスニングの練習しています。

しかし、このボイスチャットをやり始めると、時間に際限がないから要注意です。

ついダラダラと話して疲れて、終わり。

だから、きちんと時間を決めて楽しまないとダメです。

 

また最近、ちょっとだけ英語とスペイン語の勉強を再開。

単語の暗記と、長文音読練習しています。

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」