アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

OKcupidのその後

まだ懲りずにやっています、OKcupid。

日本語ペラペラで、本当にアメリカ人かよ?って思うSくんに紹介してもらい使い始めました。

Sくんのアドバイスのもと、私はOKcupidのプロフィールの英文を書き、写真も男ウケのいいものを選択(笑)

Sくんはアメリカ育ちだから、英語のニュアンス、また男からの目線でいいアドバイスくれました。

それを参考に改良を重ね、対象範囲も全世界まで広げたら・・・・なんと・・・・。

LIKESがそれまでの10倍に!

それでもまだまだプロフィールの改良の余地はあると思うんだけどね。

 

しかし、メッセージが届くのは、そのうちのわずかな数。

なぜなら、お互いがLIKEを押してないと、そのメッセージは読めないから。

でも、正直、私が本当にいいなって思えたのは、たった一人だけでした。

 

イギリス人とイタリア人とのハーフ

その人はイタリア人在住のイタリア人とイギリス人のハーフ。

定職について、かなり真剣な交際相手を探しているということでした。

見た目はかなりイケメンです。

しかし、リアルタイムでチャットできたけど、時差の関係で一旦中断したんです。

その間に、私が「WhatsAppまたはLINE交換しない?」って積極的なメッセージを送っておいたら、Unlikeにされて、メッセージもアカウントも見れなくなっていました(笑)

 

恐らく、私ががっついたから、ドン引きしたのでしょうね。

女からSNSを聞きだしたもんだから、何かヤバそうって思ったのかな・・・。

はい、The Endです。

 

ドイツ人のカメラマン51歳

続きまして、見た目がちょっとゲイっぽい感じがするドイツ人のカメラマン。

東京在住で、かなり大手のクライアントをもつカメラマンのようです。

そんな彼の前妻は日本人で、在日歴は12年ほど。

でもあまり日本語を話せない人。でも、結構アプローチは強い人でした。

お互いの経歴を話して、恐らく親近感も沸いたのでしょうね。

かなり甘い言葉も出てきたころ、私が喫煙者だと分かった瞬間、切られました。

「だって、キスしてタバコの匂いする女はイヤだから。」って。

おっしゃる通りですね。さようなら~~。

って、おまえとキスするかどうか、わからねっちゅうの!

 

マレーシアの宣教師

アフリカのガーナだったかな、そこからマレーシアに宣教しにいっている極人男性。

クリスチャンってことで、コンタクトしてきたようでした。

しかも彼の教団もペンテコステ。私の教会も同じ教派。

正直、熱心なクリスチャンってのは厄介なんです。私はきらい。特に聖書で議論するやつ。

現在、私は教会から離れているし、ペンテコステの偏執狂的な一面が嫌いだから。

でも、彼は宣教師だから、直球で愛を説いてくる。しかも聖書的な形で。

私はかなりアウトレージなクリスチャンだということを伝えたら、彼も切ってきましたね。切ってくれて、内心ほっとしてる私です。

しかし、宣教師がデートアプリ使うなんて・・・。

デート商法ならぬ、デート宣教してるのか?!

 

南アの車ディーラー

南アフリカの男性とやり取りを始めました。

彼とはラインでビデオチャットしました。お互いに詐欺師じゃないことを証明するために。

彼は自分で車のディーラーを経営しているようで、日本に行けば日本でも商売はできると言っていました。

まあ、本当に結婚するとなったら、日本なら車大国だから商売しやすいでしょうね。

って、そういうこと?商売のために日本人選んだ?

って思ってしまいました。

とりあえず、ラインでも繋がってはいますが、ビデオチャット後はほとんどメッセージが来ません。

私が「お互いに時間が必要」ってことを、強調しておいたから。

 

イギリス人の亭主関白

最後に、東京在住の英語教師であるイギリス人。

彼も在住歴が長くて、日常会話はできるらしい。

が、ほとんど英語でしかテキストを送ってきませんでした。

彼はやたらと、私が理想なタイプだとか、価値観が似ているとか、ものすごいアプローチをしてきていました。

挙句の果てには、「もしこのままうまくいったら、名古屋に引っ越すことも考えてみる。」って言うくらい勢いづいていました。

私はそんなその気にさせてないんですよ。

インスタを交換したくらいしか、個人的なことは知らないですから。

 

しかし、今朝、ある質問を投げかけてきました。

「もし、君が僕と結婚して、僕が服やものを床に放っておいたら、君ならどうする?」って。

私は「ちょっと、片付けてよ!」って言うと回答。

悲しそうな( ;∀;)マーク送ってきて、こう言ったんです。

「僕の祖母が言ってたんだ。そういう場合、良妻ってものは黙って片付けるものだ。これが指標になる。」と。

 

ふざけるなよ。

そりゃ、専業主婦になれたら、家事全部やってやるよ。

しかし、おまえの給料で専業主婦になれるわけないだろうが。

おふくろにも仕送りするために、ダブルワークしてるくらいなのに。

黙って片付けろだと?

主婦は家政婦じゃねーーーんだよ!!!ゴラァァァ!!!

とまでは、悪態をつきませんでしたが、妻は家政婦じゃないっていう旨を書いたら、Unlike押されていました。

 

危ない危ない。

危うく、家政婦扱いされるところでしたわ。

気をつけてください。婚活中の女性たち!国籍問わず、女を利用しようとしている輩はたくさんいます。

婚活サイトならびにデートアプリは慎重にお使いください。

 

 

って私か。

 

何はともあれ、いい人なんていません。

イケメンは9割、詐欺師です。

英語が得意な人なら、ブロークンだとわかるはずです。

国籍詐称の輩もたくさんいます。

Dearを使ってくるアホどもは、詐欺師です。

「Dearって呼ばずに、名前で呼んで。Dearって言葉は詐欺がたくさん使っているから。」

そういうと、たいていの詐欺師は去っていきます。

要は、落としにくい女、堅い女はカモりにくいからです。

 

もう一度、Sくんに尋ねました。

「Dearなんて使うこと、ほとんどない。」って。

非ネイティブの英語話者は使います。

でもアメリカンネイティブは使いません。

使っているところを見たことがありません。

 

そんなわけで、OKcupidも詐欺の宝庫です。

【ガチ感想】Panasonic ナノケアは本当に効果があるのか

はじめに言っておきます。

私はアフェリエイトやってません。

Panasonicの社員でもありません。

広告するつもりもありません。

でも、実直な感想を書いてみようと思います。

こういうタイトルでかなりアフェリエイト収入を得ている人が多いようですが、私はやってません。面倒だからwww

酸いも甘いも正直に書きます。

 

 

 

本当にズボラな私。

美顔ローラー、高級化粧品、小顔マッサージなど、続いた試しがありません。

そして、面倒くさがりの私は普段からメイクをしません。

しかーし、アラフォーになってからシミ・たるみ・シワが目立ってきて、何とかせねば、クソババアになってしまうって、焦り出しました。

今年になり、顔のシワがやばいくらい出てきて、老け顔になってきたのです。

 

ナノケアを買ったきっかけ

あるコネで、メナードのフェイシャルエステを単発で3000円で受けに2回ほど行きました。

スチームを当てながら、クレンジング。その後、モコモコ泡でマッサージ洗顔、そしてメナードの基礎化粧品をつけて状態を整えてくれます。

それをやったときの肌の柔らかさが違ったんですよね。

でも、こんなの頻繁に通えません。

で、エステティシャンのお姉さんに聞いたら、自宅でお手入れするなら、ナノケアを買うことを薦められました。

ナノケアでスチームを当ててクレンジングや、モコモコ泡でこすらず洗顔しなさいって。

 

私が購入したナノケア

それで、 私が購入したのはこれ。

 

実は私、10年くらい前に、某ホテルにナノケアが設置してあり、それを試したことがありました。

顔にパックしてながら、ナノケアでスチームを当てたら、次の日、ツルツルのお肌になっていたんです。

まだ当時は今ほど安価ではなかったので購入しませんでしたが、ついにこの度、購入しました!

 

ナノケア使用前の私の肌の状態

私、アトピーなのかしらという程、肌が荒れていました。

洗顔後のつっぱり感は半端なく、バリバリ。

そして目の周りがヒリヒリして痛いくらいでした。

その痛いところが、だんだん爬虫類の肌のようにシワが目立つようになってました。

洗顔後、化粧水とアルガンオイルをしていたものの、肌をさわるとゴワっとした肌に無理やり表面上に保湿しているって感じ。

だから時間が経つと、本来の乾燥肌部分はガサガサになっていました。


使用中の使い心地

物自体はさほど大きなものじゃありません。片手で簡単に持ち上がる程度の重さ。

操作も、この型のものは簡単です。もっとコースがある高いバージョンもありますが、これで充分。もっと安いコンパクトタイプでも良かったくらい。

 

商品規格の観点で言えば、スチームの開口部分はこの2Wayタイプは、少し上下に可動できます。

でも、もっと角度を変えられるようにしてほしい。

ナノケアをこたつの上に置いて、私が床に座ると、スチームが当たるのは、おでこあたりになるんです(笑)

カウチソファーに座るとちょうどいい角度です。

デコルテに当てようとすると、中腰にならないと無理です(笑)

 

冬はスチームが温かくて気持ちいいです。顔に蒸しタオルをかけられているみたい。

毛穴も心もリラックスしますよ。


使用直後の肌の状態

スチーム終わると、急に冷えます。すぐ顔の表面の水分が気化してるんです。

乾ききったあとは乾燥が進むので、スチーム直後にまだ顔が湿っている間に、化粧水とアルガンオイルを塗ります。

 

 

以前、アルガンオイルを使いだしたことは、こちらの記事に載せました。

 

beckii.hatenablog.jp

 この時、まだアルガンオイルの使い方が定着していなかったのですが、この記事以降、乾燥する冬の季節、私はこういう使い方をしています。

 

  1. 手のひらで、アルガンオイルを一滴をたらす。
  2. ちふれのノンアルコール化粧水を3振くらい(手のひらからこぼれない程度)をミックスする。
  3. 乳白色になるまで混ぜて、それを顔に塗る。

風呂上がりにこの化粧水とオイルをやっていましたが、もっと肌の状態がよくなる実感を得ているのが、ナノケアとの併用。

 

  1. 風呂上がり(洗顔もしたあと)に、15分スチームをあてる。
    この時、メイクしていれば、クレンジングクリームでマッサージするといい。
  2. 上記の化粧水+アルガンオイルを塗る。
  3. アルガンオイルが油っぽい時は、顔に塗ったあと、化粧水をコットンに含ませ、それで軽くふき取る。

 

使用数日後の肌の変化

明らかに肌が柔らかくなりました。

触ると、全然違うんです。

表面層だけでなく、肌の深層まで柔らかくなってる感じがします。

 

自然派コスメの人には絶対おすすめ

基本的に私はあまりケミカルな化粧品が得意じゃありません。

きつい化粧品は肌が荒れます。

しかし、ナノケアは水道水でもOKのスチーム。精製水を使えば、なお良い。

ナノケア後に、普段使っている自然派基礎化粧品を使っていれば、化学物質で肌が荒れる人も安心です。

だって、ただの蒸気ですから。

 

花粉症・PM2.5にも効果ある?

肌に刺激は禁物。

例のエステティシャンが言ってましたが、花粉やPM2.5が肌について、それが刺激をあたえて、肌が荒れる人がいると。

また、3月のこの時期は、紫外線も多くなってくるので、とにかく刺激物がいっぱいの季節です。

私は花粉症もPM2.5も感じたことなかったんですが、最近外に出ると、顔の肌が荒れる実感しています。

正直、この点に関してはナノケアが効果あるとは言えません。

 

しかし、一つ言えるのは、これ!

 

ナノケアはネブライザー代わりになる!

花粉や汚染物質は、肌表面に限ったことじゃありません。

のどや鼻にも直撃しているわけです。

ナノケアはスチーマー。

つまり顔に当てている間、スチームを吸い込みます。

だから、鼻やのどが痛い時に、効果てきめん!

これ、カラオケのあと、声がれしている時に使うと、絶対いいと思います。

セキが出ていたのが、就寝中はおさまっていました。

 

まとめ

ナノケアは、お肌にものどにも効果あり。

これは私の実感です。

乾燥する時期は、必需品です。

これで2万円以下なら安いもんです。

高い化粧品を買うより、自然で肌にいいんだもん。

声を大にしてオススメできる商品です。

フロスを使うようになってから

40歳すぎてから、やはり歯茎に関して心配するようになり、口臭なども気になっていました。

いつも口の中が苦くて、口臭があるというのは自分でも自覚があったから。

歯医者に行き、歯のクリーニングしてもらうと、それが無くなるのですが、しばらくすると同じくり返し。

 

ある時、私のチャット友達に「最近、歯周病が気になるんだよねぇ~。」って話したんです。

すると、彼は「毎日フロスをやってごらん。それで解決するから。」って、自信ありげに言うんです。

 

彼のお父さんは歯医者だから、歯の手入れについては人一倍詳しいようです。

彼曰く、「フロスをやらない人のほとんどは歯周病をもっている。」そうなので、私も頑張ってフロスをやってみることにしました。

 

入浴中に歯磨きする習慣がある私は、浴槽に浸かりながら歯を磨いたあと、フロスピック(糸ようじ)を使って、歯間を磨くことにしました。

 

すると、3日後にはいつも歯が浮いた感じがしていたのが改善していることに気が付きました。

奥歯が歯槽膿漏みたいな匂いしていたのが無くなりました。

 

だんだんフロスも慣れてきたので、2~3分で終わらすことができるほどになって、毎日やるのがそんなに苦じゃなくなりました。

 

ちなみにこのブログお題は、電動歯ブラシの宣伝とタイアップしているようですが、私は電動歯ブラシを使いません。

なぜなら、歯の表面はきれいに出来ても、歯間や歯周ポケットには効果がないからです。

私の歯科医師は「電動歯ブラシを使うのをやめなさい。」と言ってたほどです。

だから私はドラッグストアで98円で売っている安い歯ブラシを使い、3週間ほどで買い替えています。

 

そろそろ歯医者で歯石除去しに行かないといけないタイミング。

この歯石除去とクリーニングをすると、本当に口がすっきりして、口臭が改善できます。

 

私の口内ケアは、

  1. 半年に一度、歯医者で歯石除去とクリーニング
  2. 毎日、フロスでケア
  3. 3週間ほどで歯ブラシ交換

これで、今のところ調子よくケアできています。

 

 

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic

出会い系アプリOK Cupidで出会った外国人たち

出会い系アプリに登録して、2~3週間が経ちます。

経過報告します。

 

登録後、2人の外国人と実際に会いました。

 

一人はジンバブエ人31歳、英会話教師。

日本に来て、まだ間もないようで、日本語ではあまり話せず、英語で会話。

かなり明るくて、人がとてもいい感じ。

でも、彼はかなり節約家。

いつも私が行っているバーに誘ったら、「高いから、もっと安いところがいい。」って。

で、結局、お茶するだけってことでサイゼリヤ(笑)

ネストは高くないんだけどなぁ・・・。居酒屋と比べたらあかんぞな。

ファーストデートがサイゼリヤ

ま、友達になるだけなら、アリかな(笑)

 

 

もう一人はナイジェリア人41歳、工場勤務者。

来日後3年くらいが経っていて、簡単な日本語ならば話せるくらいのスキル。

プロフィール写真はレジャージャケットや派手なシャツきたチャラい感じに見えたけど、すごく大人しい感じの人。

大人しいとは言っても、クールじゃなくて、とても気のやさしい感じの大人しさ。

恐らくこの人はかなり真剣に交際相手を探している雰囲気があったなぁ。

車で駅まで送るとき、「彼氏はいるの?結婚歴は?子供は?」って聞いてきたから。

私としては、魅力に思えたのは、彼の笑顔だけ。

工場勤務で、休みが合わなさそうだし、転職が多くなりそう、つまり収入不安定な人って感じ。

 

どちらの人も、経済力ではあまり期待できないけど、まずはお友達からスタートします。

 

ちなみにOK Cupidはある程度、自分が○や×で男性たちを振り分けると、そこでストップしちゃいますね。

あと、変な奴もいますから、要注意です。

特にプロフィール写真を載せていないのは、警戒したほうがいいですよ。

 

あるトルコ人が連絡とってきました。

大学で講師やっているから、生徒たちに見られたくないから、偽名と写真未掲載だって。しかも年齢詐称したプロフィールだった。

最初からこいつ、すごくアグレッシブなメッセージ送ってきてました。

他のトルコ人母語詐称していること、英語母語話者を装って、接触するやつらのことを書いたら、こいつ、「トルコ人としての誇りはないのか!低俗な奴らめ!」ってなことを言ってたが、こいつも同類ですよ。

生徒に見られたくないなら、こんなアプリ使わなきゃいいのに。

メッセージが鬱陶しいくらい来る中で、こいつは「日本語を勉強したい。だから教えて。」と、会うことを必死にせがんでくる。

私はいつもの如く、「教科書買って、グループクラスに来なさい。」と返答。

そして、「ネットフリックスを自宅で見るのが好きなんだけど、一緒にまったり映画とか見ない?」って誘って来やがった。

「見ず知らずの男性の家に、のこのこ行く女は馬鹿です。私はそんな女じゃないですから。」

と言ったら、

「じゃあ、きみの家は?」って。

「バカヤロー!無理に決まってんじゃん。ドアホ。」って言い返してやりました。

ま、ただヤリたいだけのバカ野郎でした。

 

こういう野郎がトルコ人には多いです。出会い系なんかにいる奴は特に。

もちろん、すごくマジメなトルコ人友達もいます。彼の名誉のためにいいますが。

 

そして、そういう奴らは「日本語教えてくれる?英語教えてあげるから。」と言い寄ってきます。

奴らは英語はかなりブロークン。

「結構です。間に合ってます。」状態です。

てめぇら、英語が母語じゃねーだろ!

それを何、英語教師のようなツラして、接触してきやがるんだ!

 

そういう奴らにはこう返します。

”How can you help me with English? Your English seems to be broken though."って。

Fuck offですよ。

ほんとに。腹立たしくなります。

なんだか日本人の英語力をバカにされているようだわ。

 

それに、そういう「日本語おしえて」族の奴らには、毅然とした応対しないと、振り回されることになります。

まず、本気かどうかを試します。

「3500円の教科書を買ってください。」と。そして、

「自分でひらがな・カタカナを勉強すること。

そうしたら、その教科書にそって教えます。」と。

ただ闇雲にビデオチャットしたいだけの輩もいます。

それもこうした応対で、かなり篩にかけることができます。

 

 

もうマジメな交際相手探すのも、あきらめモードになってきた。

適当に遊びながら、孤独な老後を過ごすかな~。

バルセロナ 2日目 エロティックミュージアムを出たあと

更新が遅れてすいません。

エロティックミュージアムでエロスを堪能したあと、Qさんと待ち合わせ。

その前に、ブケリア市場の入り口付近で、フルーツジュースとピンチョスを買ってみました。

奥まで行くと、時間がなかったし、なんだかスリに遭いそうな気がしたんで・・・。

f:id:beckii:20190212134945j:plain

f:id:beckii:20190212134959j:plain

f:id:beckii:20190212135017j:plain

f:id:beckii:20190212135031j:plain

f:id:beckii:20190212135043j:plain

とにかく多くの人で賑わうブケリア市場。スリにご注意です。

でもこれらの陳列を見ているだけでも、なんだか楽しいですよ。

フルーツジュースも2ユーロで美味しかったし、このピンチョスみてください。いろんなハムやチョリソーなどが堪能できて、1ユーロだよ。

食べ歩きができて最高です。

 

さて、Qさんとの待ち合わせ場所、エスパーニャ広場へタクシーで向かいます。

Arenas de Barcelonaの前でQさんと再会。

このArenas de Barcelonaの屋上に行こうってことで、早速あがってみました。

f:id:beckii:20190212135419j:plain

まるでコロッシアムのような形のArenas de Barcelona。中はデパートです。

屋上にあがると、この景色が一望できます。

f:id:beckii:20190212135406j:plain

f:id:beckii:20190212135432j:plain

Arenas de Barcelonaの屋上には無料で上がれます。

このエスパーニャ広場からカタルーニャ美術館へ続く道の入り口に、大きな二つの塔がみえます。

f:id:beckii:20190212135444j:plain

Torres Venecianesという二つの塔

この塔をくぐって、ずんずん歩いていきます。

途中、道端には移民の方でしょうか、露天商がたくさん店を出しています。

恐らく偽物と思われるブランドコピーとかも。

 

カタルーニャ美術館に入り、絵画や展示品などを鑑賞。

かなり広い美術館でした。

美術館の最上階にいき、またパノラマ風景を望みました。

なんかQさん、高いところがお好きのようです。

恐らくバルセロナの街を一望するところを、いろいろ連れてきたかったのかな。

f:id:beckii:20190212140716j:plain

f:id:beckii:20190212140327j:plain

f:id:beckii:20190212140314j:plain

f:id:beckii:20190212140259j:plain

f:id:beckii:20190212140247j:plain

f:id:beckii:20190212140702j:plain

f:id:beckii:20190212140650j:plain

f:id:beckii:20190212140728j:plain

カタルーニャ美術館。夕暮れ時に噴水が夕陽に映えてきれいでした。

さて、この時点で16時過ぎ。そろそろ昼ごはん食べさせてくれ(笑)

このカタルーニャ美術館内の飲食店はめっちゃ高いです。やめた方が無難。

ってなわけで、再度、Arenasに戻り、地下のレストラン街にいってみました。

そろそろ日本食が恋しい時期、ってなわけで海外の和食レストランにいってみました。

スペインではメジャーなUDONというチェーン店です。

ここでカレーうどんならぬ、カレーラーメンに挑戦。

メニューには「カレーうどん」ってありましたが、カレーうどんのようにスープはとろみはなくて、カレーラーメンっていうくらいスープはしゃびしゃび。でもお出汁が出ていておいしかったです。

餃子は普通でした。そして、焼きそばはどんな味だかわからないけど、日本の焼きそばとは、見た目はちょっと違いましたね。

見た目だけで言うと、あまり美味しそうじゃない(笑)

f:id:beckii:20190212140641j:plain

f:id:beckii:20190212142644j:plain

f:id:beckii:20190212142656j:plain

私はカレーラーメン。Qさんは焼きそば。餃子は半分こ。

 

お腹もいっぱいになり、どこを歩いたかよく覚えていませんが、クリスマスマーケットストリートを歩きました。

人通りが多いので、はぐれそうになる中、私は思い切ってQさんの腕をつかんで、組んでみました。

ちょっとデート気分。アハハハ。

 

そして、Qさんが何かと「バルセロナアキハバラ」と言ってた地域へいってみました。

アニメのフィギュア、おもちゃ、ゲーム、本などたくさん売ってるお店が並ぶところです。

アキハバラと言うには程遠いけど、アニメ好きな人たちが行きかうところ。

 

途中、オープンカフェで休憩することにしました。

夜はちょっと肌寒いバルセロナですが、比較的外のテラスで飲んでいる人たちが多いんです。

Qさんは例外なく、おうちに帰ってから食事をするそうで、お茶だけしてお別れました。

Qさん、日本のカルピスが大好きだそうで、このNESTEAというレモンティーがかろうじて味が似てるとか。

飲んでみると、「うーーーーーん。そうだね・・・。」としか言えなかった。

ちょっと似てるけど、やはりレモンティーだよ(笑)

f:id:beckii:20190212142708j:plain

 

さて、Qさんとお別れ後、私はもう少し夕食を食べたい。

まともに食べたのはカレーラーメンだけじゃんね。

しかし、なんか歩き疲れて、結局近くのバルに行きました。

マテ貝を食べてみたくて、本当は「亀の手」という高級貝が一番食べてみたかったけど、お手頃なマテ貝とカヴァ(スパークリングワイン)を賞味。

マテ貝は貝殻がわれて、食べた瞬間、口の中がジャリジャリ・・・。

身はまあまあ美味しかったけど、ちょっと冷めていたので、硬くなってたよ・・・。

ちょっと残念だったなぁ・・・。

もう諦めて、ホテルに戻りました。

f:id:beckii:20190212142720j:plain

f:id:beckii:20190212142916j:plain

f:id:beckii:20190212142927j:plain

Vermuteria Peix d`Orっていうバル。隣が海鮮料理店。そこからバルで注文したタパスを持ってきていた。味と値段はあまりコスパがよくなかったなぁ。

 

ホテルに戻り、翌日に備えて、荷造りを。

エロティックミュージアムで買ったサイコロ(笑)

f:id:beckii:20190212142950j:plain

これで、体位を決めて、格闘するのも面白いかも。

翌日、このホテルで朝食バイキングをとり、チェックアウト。

今回の貴公子ガブリエルさんともお別れ。

素晴らしい宿泊をありがとうございました。

f:id:beckii:20190212142939j:plain

f:id:beckii:20190212142959j:plain

Ayre Hotel Caspe。バルセロナで滞在するときは、オススメの宿です。

 

バルセロナ2日目・エロティックミュージアムで世界のエロスをみてみる

バルセロナ滞在2日目。

さて、2日目の朝、どこに行こうか迷ったけど、ひとまず朝食。

今日はホテルじゃなくて、どこかのカフェで朝食をとろうと思い、入ったのがこのカフェ。

やはり生ハムサンドとカフェオレ!これで5ユーロくらいだったかな。

f:id:beckii:20190204075841j:plain

f:id:beckii:20190204075853j:plain

近くのカフェで朝ごはん。

 

朝食を食べながら、Qさんと待ち合わせまでの時間、どう時間を過ごそうか思案。

Google Mapで検索していたら、「Erotic Museum」という名前が目に入る。

なんだ?これ?

なんか面白そうな名前にひかれて、行ってみることにしました。

途中、サンタンナ通を通りました。

f:id:beckii:20190204075829j:plain

Erotic Museumに行くまでの道のりで、商店が立ち並ぶストリート。

f:id:beckii:20190204075817j:plain

f:id:beckii:20190204075804j:plain

サンタンナ通りにあったペットショップ

さて、目的地のエロティック・ミュージアムに到着。

表の入り口は狭い階段をあがっていかねばならないのですが、そこで呼び込みの人が立っていて、ちょっと入りづらかった。

しかも、前に外国人のカップルがいて、なかなか入っていかない。

「はよ、いけよ。」と心でつぶやきながら、階段を上がる。

 

はい、18歳未満の方と、大人の世界に興味ない方は、続きを見ないでください。

 

続きを読む

バルセロナ1日目

サグラダファミリアのあと、Diagonal駅まで地下鉄で移動。

第一印象としては、暗くて少々物騒っぽいかも。

だからスリなどには要注意です。

Qさんが「これから地下鉄に乗るから、気をつけて。」と注意喚起。

 

地下鉄を乗る前に、Qさんが

「ちょっと待ってて。宝くじ買いたいから。」

待っている間に( ´ー`)y-~~

そして、戻ってきたQさんは一枚の宝くじを手にして

「これ、当たったら、山分けしよう。」って。

多分、何も言ってこないから、ハズレだったのでしょうね(笑)

 

これがガウディが作ったカサ・ミラです。

1階は店舗が入っていますが、その上の階は住民が居住しています。

どんな人たちなのでしょうね。

あとから調べたところ、このアパートの家賃はそれほど高くないようです。

f:id:beckii:20190119142906j:plain

カサ・ミラ

カサ・バトリョもガウディ作です。

こちらは中がガウディの博物館になっているそうです。

この建物、とても面白い形しています。屋上はドラゴンの背中のようです。

そしてバルコニーは骸骨のように見えます。

富裕層のある名士が作らせたそうですね。

f:id:beckii:20190119142820j:plain

カサ・バトリョ

さて、地下鉄を降りて、近くの教会へ入ってみました。

Parròquia de Sant Ramon de Penyafortという教会です。

そんなに大きな教会ではないけど、趣ある建物でした。

f:id:beckii:20190119142138j:plain

f:id:beckii:20190119142129j:plain

f:id:beckii:20190119142148j:plain

f:id:beckii:20190119142935j:plain

Parròquia de Sant Ramon de Penyafort

 

さて、おなかが空いたので、カタルーニャ広場にあるEl Corte inglesというデパートの最上階にあるビュッフェコーナーに行きました。

眺めは最高です。

カタルーニャ広場を一望できます。

そこには、タパスやパエリヤのスペイン料理や、パスタ・スパゲティのイタリアン料理、そして寿司まであります(笑)

観光客より地元民たちに人気のランチスポットのようです。

ここにはあまり日本人いませんでしたから。

でも、バルセロナウォーカーには、パエリヤをコストパフォーマンスよく食べるなら、ここって書いてありました。

確かに値段の割には美味しいパエリヤでしたよ。

f:id:beckii:20190119142802j:plain

f:id:beckii:20190119144124j:plain

El Corte inglesの最上階にあるレストラン。窓際にカモメが。

さて、お腹もいっぱいになったところで、市内散策です。

バルセロナ大学です。

f:id:beckii:20190119143633j:plain

バルセロナ大学キャンパス内の時計台

この写真は、カタルーニャ語では、ラ・ランブラ通りこと、ランブラス通りの一番北端です。

ここから南にいくと、コロンブス像に辿り着きます。

2017年、ランブラス通りにいた人たち13人が犠牲となるテロ攻撃が起きたのは、まだ記憶に新しいです。

当時、ランブラス通りをワゴン車が突っ込み500m暴走したのです。

それ以降、バルセロナ市内の人通りの多い街中の歩道は、車が暴走できなくするため、大きな街路樹やプランターが点在していました。

 

このクリスマスシーズンも、ランブラス通りには多くの警察官が警備していました。

マシンガンを片手にした警官がそこらへんにいるのです。

あー、やっぱりここは日本ではないのだと実感した瞬間でした。

Wikipediaによると、この犯行グループにはサグラダファミリアを爆破する計画もあったのだとか・・・。

何とも恐ろしい・・・。

f:id:beckii:20190119143622j:plain

ランブラス通りの北端

次はカテドラルのサンタ・エウラリア大聖堂

こちらは7ユーロで中を見学できるのですが、長蛇の列だったので諦めました。

f:id:beckii:20190119143601j:plain

サンタ・エウラリア大聖堂

このカテドラル周辺のゴシック地区を散策します。

この教会の裏あたりは細い路地になっており、異国情緒あるノスタルジックな雰囲気が残っています。

かなり古い建物がひしめいています。その中にはいつの戦争だか、スペイン内戦で受けた銃弾の傷跡が、あちらこちらに生々しく残っているのです。

f:id:beckii:20190119144526j:plain

f:id:beckii:20190119144540j:plain

ゴシック地区は細い路地がたくさんあります。

f:id:beckii:20190119143549j:plain

f:id:beckii:20190119144112j:plain

スペインの戦争での銃弾の傷跡。

f:id:beckii:20190119144027j:plain

f:id:beckii:20190119144045j:plain

f:id:beckii:20190119144101j:plain

カテドラルの裏にある中庭テラス。Qさん曰く、聖職者たちの憩いの場だったとか。

f:id:beckii:20190119144515j:plain

f:id:beckii:20190119144502j:plain

f:id:beckii:20190119144855j:plain

カタルーニャ自治総領館

f:id:beckii:20190119144450j:plain

f:id:beckii:20190119144951j:plain

ここはレイアール広場。ひと昔前までホームレスのたまり場になっていたとか。

次は蝋人形博物館の隣にあるカフェ El Bosc de les Fades – Barcelona’s Fairy Tale Cafe。

が、注文せず店内を撮影(笑)

店内はまるで森に迷い込んだみたいな錯覚になります。

f:id:beckii:20190119144937j:plain

f:id:beckii:20190119144922j:plain

El Bosc de les Fades – Barcelona’s Fairy Tale Cafe

f:id:beckii:20190119144908j:plain

f:id:beckii:20190119145604j:plain

コロンブス像です。ここがランブラス通りの南端です。

コロンブス像のあたりから、今度は海沿いに歩いてみます。

サーカス小屋があるのも、海外らしい雰囲気です。

f:id:beckii:20190119145518j:plain

f:id:beckii:20190119144855j:plain

f:id:beckii:20190119145534j:plain

 

f:id:beckii:20190119145547j:plain

ハーバーに着くと、夕暮れ時でステキな光景。

f:id:beckii:20190119151517j:plain

橋を渡り、Maremagnumというショッピングモール。天井のミラーに映る私たちの姿。

f:id:beckii:20190119151311j:plain

f:id:beckii:20190119151300j:plain

フランサ駅構内。フランスとバルセロナをつなぐ駅。どこか古きイギリスの駅を彷彿させる。

f:id:beckii:20190119151522j:plain

f:id:beckii:20190119151249j:plain

f:id:beckii:20190119151230j:plain

f:id:beckii:20190119151213j:plain

シウタデリャ公園内を散歩。動物園も併設されている。大きな噴水があり、夕暮れ時でも人通りが多い。


この公園を通って、バルセロナ凱旋門を通り、ホテルのある方向へ。
Qさんもホテル近くから出ているバスに乗って帰宅。

私は夕食を食べに、いよいよ一人孤独のグルメです(笑)

Google Mapで検索し、このお店に行くことにしました。

goo.gl

ここの男性店員さんがとても気さくで、英語も堪能。

しかもユーモアある人で、私が日本人だとわかると、「オイシイ!」って片言の日本語を話してくれて、笑顔でにっこり。

 

で、例のごとく写真なんてついていないメニューを手渡され、何が何だかわからない私にていねいに説明してくれました。

私は片言の英語で、「一人なので、軽食が食べたいです。」と。

じゃあ、まずピンチョスとワイン、そしてソーセージドッグを薦めてくれました。

そしてまだ食べたいなら、ハムがのったパンはどうかと。

薦められるがまま、オーダーしました。

最後にまだ何かちょっと物寂しいので、デザートでケーキをオーダー。

19.40ユーロ!うわ~、高い!食いすぎた!

しかも、ケーキだけで4.7ユーロ!高いわ・・・。

ってなわけで、サービスは満点だったので、20ユーロ渡して、あとは店員さんのチップにあげました。

 

ここに近所のおじいさんたちが飲みにきていて、私に話しかけてくれました。

スペイン語もままならない私にですよ。

飲みすぎたら危険っていうようなことを、小さい娘に話すかのように(笑)

私は笑顔で応えるしかなく、知ってる単語が出てくると、知ったかぶりをしてる有様。

でも、相手もおじいさんだから、独り言のようにずっと話してる。

どうしようかと思いながら、「Me voy a el hotel. Muchas gracias.」といい、スパニッシュキスでお別れの挨拶。

やはりもっとスペイン語を勉強しておくべきだった・・・。

f:id:beckii:20190119151711j:plain

f:id:beckii:20190119151505j:plain

f:id:beckii:20190119151451j:plain

f:id:beckii:20190119151440j:plain

f:id:beckii:20190119151659j:plain

f:id:beckii:20190119151644j:plain

Restaurante Cóctel Bar La Higuera

 

さて、次の日もQさんが案内に午後つきあってくれます。

どこに行くのか、全然話し合ってもないけどね(笑)

ってなわけで、初日の観光は終了。

歩き疲れた私は、風呂にお湯はって、足をマッサージ。

ゆっくり眠ることができました。