アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

英語スピーチコンテストで2度優勝

私の人生で唯一誇れるものが、高校生の時、愛知県の英語スピーチコンテストで2度優勝したことです。

それ以外には何もありません。

いや、これだって原稿を暗記して読むだけのコンテスト。

だから英語力そのものは低くとも、発音やアーティキレーションが上手ならば、受賞できるものでした。

 

私は中学の頃から英語が好きで、発音練習だけは三度の飯を忘れるくらい夢中になってやっていました。

でも発音練習というのも、教科書の音声テープ通りに発音できるまで繰り返し練習するというものです。

当時はCDではなく、カセットテープ。

カセットテープがのびるくらい巻き戻しては、再生を繰り返して、練習していました。

そのおかげで、教科書が丸暗記でき、テストの点数はいつも満点でした。

今思えば、この練習が私の英語力の基になっており、それがこの年齢になっても役立っていることは言うまでもありません。

 

しかーーし、英語スピーチコンテストの全国大会はそう甘くはないのです。

上には上がいます。

完全にネイティブレベルな強者たちが出場し、私のようなものは足元にも及びませんでした。

 

一人、ハーフの子が出場していて、完全に突出した英語の流暢さだったことが記憶に鮮明に残っています。

今思えば、まるで高校生TEDのプレゼンテーションを見ているかのようでした。

私はその時思いました。

 

所詮、ネイティブになるなんて無理だ。

 

だったら、発音は通じればいいじゃん。

オーストラリアだってカナダだって、それぞれの訛りがあるんだから、日本語訛りの英語だっていいじゃん。

 

英語は何のために勉強するの?

世界各国の人とコミュニケーションをとるため。

それならば通じればいいわけで、発音がアメリカ人のように、もしくはイギリス人のように上手になる必要はないわけです。

 

しかし、流暢さはコミュニケーションには必須なものです。

流暢になることは訓練を必要とします。

瞬間英作文を頭の中でやり、瞬時に口で発音できるように、脳みそと舌の訓練が必要です。

 

現在、私はスペイン語の発音練習を前述のようにやっています。

何回も同じCDを何十回も繰り返し発音することで、以前はたどたどしい発音が少しはすんなり出てくるようになりました。

口で発音できるようになったものは、リスニングでも聞きとれるようになります。

 

通じる語学学習。このために毎日頑張っていこうと思います。

スペインの貴公子をゲットするため!(笑)なんちゃって。

 

今週のお題「表彰状」

カウチサーフィンで外国人を泊めて国際交流

さっき、あるカウチサーフィンにてメッセージを受信しました。

ホストのリクエストがあったんです。

明日、一晩泊めてほしいと。

依頼主はアルゼンチン人女性。

母国語はスペイン語、英語も達者なようです。

 

明日は日本語パーティの日だから、彼女にはそれに参加してもらい、その後いっしょに帰宅する予定です。

彼女にとっても、日本語パーティで名古屋にいる日本人や外国人と友だちになれるのは、うれしいことだと思います。

現地の人と知り合うことが、旅の醍醐味だから。

 

日本語パーティだけど、彼女がどれだけ日本語を話せるのか不明・・・。(笑)

よし!スペイン語のいい練習になる!がんばって、スペイン語話してみようっと!

 

基本的に予定があっても、宿に困っているなら、極力泊めてあげるのが私の流儀。

異性でも以前、一人泊めてあげたことがありました。

メッセージの段階で、きちんと常識ある人であれば、何となくわかります。

そして、その人のプロフィールをみて、今までホストした人の感想などをみて、どんな人なのかを見るから。

 

色々賛否両論あると思いますが、旅人をもてなすことを、日本人は下手です。

テレビ番組「田舎に行こう」を見てもわかります。

芸能人が田舎にいって、通りすがりの人に「一晩泊めてください。」という番組です。

たとえ夜暗くなって、泊まるところがなくて困っていても、閉鎖的な村の人たちは「うちは汚くて恥ずかしいから、無理です。」と言って断ることが多いのです。

汚いっていうけど、「おまえらが住んでいるところだろうが!」って思っちゃうのですよ。私が住んで生活しているんだから、それで良ければ泊まればいいって。

 

日本人は見栄や体裁を気にしすぎなんだと思います。

家が狭くても、人が一人横になれるなら、布団一枚貸してあげましょうよ。

 

だけど、私も一応は掃除機くらいはかけておきます。

トイレと風呂の掃除しておこうっと(笑)

下ネタから覚える言語学習

言語学習も色々バラエティなボキャブラリーを覚えた方が、モチベーション維持に役立ちます。

自分の得意分野や興味あるものについて語彙を覚えるのも、その一例です。

そして、何よりも下ネタについて覚えるのは、他の語彙に比べて関心度が高いせいか、とても早く暗記できます。

すいません。今日は大人向けの記事になります。(嫌な方はどうぞクローズしてください。)

 

最近、私はこの本を購入しました。

これ、男女が出会う会話術、デートの会話、結婚の会話、喧嘩の会話、仲直りの会話、言い訳の会話、離婚の会話など、ちゃんとシチュエーションごとに会話が作られています。

f:id:beckii:20180205103149j:plain

 

そして極め付けはベッドでの会話。

f:id:beckii:20180205103206j:plain

まあ、あとは買ってから見てくださいな。

 

あと遠距離恋愛の会話がこれ。

f:id:beckii:20180205103230j:plain

チャットやインターネットで出会う人が多いでしょうから、海を越えた遠距離恋愛に使えるかもしれません。

 

スペイン人たちと一緒に飲んだ時、この本を持参し、一気に盛り上がりました(笑)

バカなことばかり覚えています(笑)

 

「私がエロいから?」と思っていたら、いや、他の人も同じようです。

昨日、言語交換パーティで下ネタの話になりました。

 

 

インドのヒンディー語で「チョウド」というのは、「オマンコ」を意味するそうです。

だから、インド人のDくんは初めて日本に来たとき、びっくりしたそうです。

コンビニで、「1000円チョウドおねがいします。」

と言われて、赤面したとか。

 

あと、フィリピンのタガログ語で、茶碗のことを「オマンコ」と言うとか。

スペイン語(使用されているのはごく一部)やイタリア語、フランスでも、「チンチン」というのは乾杯を意味します。

 

とにかくエロは脳を刺激するので、早く覚えるのかもしれません。

 

上記の本、「男と女」シリーズは色んな言語で出版・販売されています。

興味ある方はぜひAmazonでチェックしてみてください。

何でもビジネスに結び付ける人って、結局友だちが少ない気がする

これは私の所感です。

私が今まで出会ってきた人って、色んな人たちがいました。

私が主催している日本語パーティも然り、ボランティアグループを立ち上げた時もそう。

その中には金儲けのことしか頭にない人たちも、少なからず存在します。

要はそういう出会いの場で、自分のビジネスチャンスを狙っている人たちです。

言語パーティだと言うのに、自分の仕事の営業の場だと勘違いしているおバカさんすらいます。

それが日本語や日本文化と関連しているなら、まだ許せますけどね。

 

先日、いつも参加している言語交換パーティに行った時、その主催者と雑談していました。

その時、お互いにパーティ主催者としての悩みなんかを分かち合っていたんですね。

一番困るのはナンパ野郎なんかじゃなく、営業目的で出入りしている参加者だということでした。

そのパーティでは勧誘や営業行為を禁止されており、見つかったら出入り禁止。

 

ちなみに私の日本語パーティは、そこまで厳しくしておりません。

しかし、情報を得て、注意を払っておいたほうがいいので、どんな人が今、要注意人物なのかを聞いてみました。

 

 

すると、私が以前パーティで話したことある人でした。

幸いにも私は勧誘や営業はされていません。

彼はそのパーティの終わり掛けに入ってくるのだそうです。

それはパーティ終盤には、みんなLINEやFacebook交換する人が多いので、それに乗っかろうという魂胆です。

彼はパーティでは勧誘はしないけど、その後LINEなどでネットワークビジネスのお誘いを送るのだそうです。

もちろんパーティ参加者から主催者にクレームが来るわけです。

 

私も1年半、日本語パーティを主催してきて、ナンパ行為などは注意していました。

そしてある程度のビジネス紹介も目をつぶっていました。

会話の流れで紹介することもあるでしょうから。

しかし、あそこまで露骨に、パーティを営業目的に利用されるのは御免です。

 

そんなことを考えていた時、ある知人から、「日本語パーティの参加者で、ネットワークビジネス関連の人がいたようです。」と連絡がきました。
まだ私の方へパーティ参加者からクレームが来ていないので、その人物の名前と顔を覚えておくだけに留めています。

でも、こういう人たちって、結局、友だち少ないんだなって思うんですよ。
もちろんそういう行為自体、友だちを減らす要因ですから。
以前私が通っていた教会の牧師らが、ネットワークビジネスやっていて、私は縁を切ったくらいですから。

 

いやなんです。金に目のない人たちって。

私は非営利なことが大好きだから。

 

あるアメリカ人がいました。

彼は私たちのグループで当初から関わっていた人です。

私が以前、彼と「スーパー銭湯に行こう!」というイベントを検討していました。

私は単純に実費精算で、各々が支払えばいいと思っていました。

しかし彼は、「〇〇〇〇円の一律参加にして、〇〇人集まれば、そのスーパー銭湯も値引きしてくれて、僕たちのマージンにもなる。」と。

そんなことを即座に考えて口にしたのです。

 

私はちょっとドン引きしました。

私は儲けたくてボランティアを立ち上げたんじゃない。

単純に日本語と日本文化を知ってもらい、日本語と日本を好きになってほしいだけ。

でも、そういうビジネスマインドの人は、どこでどうやったら儲かるかを、いつも考えているのです。

私にはできないワザです。

ほぼ無料で日本語を教えているような私には、到底、そんな脳みそはありません。

 

私の友だちをみてみると、そういう人はあまりいません。

ビジネスをやっている実業家みたいな人たちとは住む世界が違います。

「類は友を呼ぶ」です。

貧乏でもいいんです。貧乏だからいいんです。

大人向けのスペイン語

男と女のシリーズ本は、言語学習とは言っても付録的に買って勉強してみると面白いです。

出会い編とかは、普通にはじめて会った人との会話にも使えますからね。

それに、出会い、デート、セックス、結婚、出産、ケンカ、仲直り、離婚などシチュエーションごとにフレーズを学習できます。

 

この本には、日本語・英語の訳がついています。

だから、英語の勉強にもなりますよ。

 

これを昨日、スペイン語クラスに持参してみました(笑)

スペイン人に見せたら、逆に日本語を勉強できるねと言ってました。

でも、「ああ、これは日本語訳の直訳だねぇ。」っていう文もあるので、基礎の文法があれば理解できるものも多いようです。

 

スペイン語圏の友だちがいて、恋人に発展しそうな人は買う価値ありかもしれません。

私が実用する日は来るのかな・・・・(笑)

 

忘れない言語学習方法「思い出す」に最適な言語アプリ

最近、スペイン語を学習していて、やはり単語をすぐ忘れてしまうんです。

おぼえても、うろ覚えだったり、音だけで覚えていたり、逆も然り。

英語にしても同じ。

今日、私のFacebookタイムラインに流れてきた、ある記事がありました。

「教科書を繰り返し読むくらいなら、〇〇せよ」という興味深いキャッチに惹かれて、読んでみると書籍の紹介。

diamond.jp

 

 

でも内容は、うんと頷けるものでした。

 

長期記憶には「思い出す」ことが重要

長期記憶に留めるには、単に覚えるの繰り返しではなく、「思い出す」作業が重要だというものでした。

単語を覚えても、記憶に残っているのは30%以下。

私たちは、ただ単に覚えたものは、聞いたそばから忘れていってるのです。

語学学習で重要なのは、実践の会話でいかに「思い出し」「使える」かが重要です。

覚えても、いざという時に思い出すことができず、「あー、この単語、以前に勉強したわ。」では、使える能力とはなっていません。

だから、思い出す訓練も必要だということです。

 

私の勉強方法

そこでまずインプットは教科書やCDで覚えてから、言語アプリで復習しています。

言語アプリで初めから文法を勉強しようとしても、無理があります。

そこまで詳しく説明されていないものが多いからです。

だからインプットは紙の教科書が最適だと思っています。

 

では、肝心な思い出す練習は、どうすればいいのでしょうか。

 

アルゴリズムを使った言語アプリ

そこで有効なのは、ウェブアプリやスマホアプリ。

その中でもアルゴリズムを活用したものであれば、自分がミスをした単語やフレーズを、忘れたころに出題してくれます。

忘れる前に思い出す作業を、効率よくやってくれるので、単語の定着率があがります。

 

長期記憶にいいオススメのアプリ

私はbusuuというアプリを使っています。

無料部分はサービスが限定されているので、私はプレミアム会員になっています。

www.busuu.com

 

busuuのいいところは反復練習と、発音練習があるところ。

そして、「復習」項目で、自分の苦手な単語がサマライズされ、思い出しテストができるのです。

あと、「練習」では、ライティングまたはスピーキングしたものを、ネイティブユーザーが添削してくれますので、SNS的要素も楽しめます。

 

学校のテストは無意味ではなかった

これらのことから言えるのは、学校のテストというものは無意味ではなかったのです。

テストを通して「思い出す」ことをして、何が「使える」のか「使えない=思い出せない」のかを知ることができるからです。

ただし、テスト後に点数だけ知って、やりっぱなしでは無意味です。

答え合わせと、そこで思い出せなかったものを、もう一度覚えることが重要なのです。

TOEICで、点数だけ結果を知り、その答え復習しないでいるのは、勿体ないことです。

 

日本語教師として教室でやれること

これらのことを踏まえて言えることは、日本語教師は「思い出させる」ことができるように教えることが重要な任務です。

どうしたら思い出させることができるでしょうか。

フラッシュカードや絵カード、時として小テストをやるのも効果的です。

そして実践を想定して、コミュニカティブ・アプローチでロールプレイをしたり、ゲーム感覚で「思い出す」ことを苦労なくできるようにしてあげるのも、さらに「使える」日本語を強化するのに有効な手段です。

記憶力とは覚えた量ではなく、それを思い出す力がどれだけあるかなのです。

今まで食べた中で一番おいしい塩は、それはスリランカの塩!

以前、知人が主催するイベントで、スリランカの商品を出しているブースがありました。

そこにあったのが、スリランカの塩。

塩を売ってると言っても、スーパーで100円ちょっと買えるし、どんなものを使おうがそう大差はないんじゃない?と思ってました。

 

私の隣に立ってたおじさんが

「味見してみなきゃ、いい塩かどうかわからねー。」と言うと、

お店の人が「じゃあ、一袋あけるか。」と言いながら、袋をあけた。

 

ひとなめしてみると、それがびっくりするほど、まろやかな味。

やわらかい塩気で、これなら買う価値あり!と思って購入しました。

 

以前、ある鍼灸師が私にススメたことがあります。

「塩をとるなら岩塩じゃなく、海の塩がいいよ。ミネラルが豊富だから。」と。

それは膀胱炎にかかりやすい私は、腎臓が弱かった母の遺伝もあるのか、多少気になっていたんです。それを相談したら、海から作られた塩をオススメされました。

 

このスリランカの塩は、海から作られているし、何て言ったって美味しいんです。

最近私は野菜を食べる時にはドレッシングや大好きなマヨネーズを使いません。

ちょっと高いエキストラバージンオリーブオイル、塩、パセリ、そしてレモン汁だけで食べています。

そうすることでお野菜の味がよくわかるし、オリーブオイルとの相性も抜群です。

 

エキストラバージンオイルは、体にもいいし、このスリランカの塩も体にいいから、しばらくこうして続けて食べていこうと思っています。

 

スリランカの塩の写真を検索したら、こちらのHPがみつかりました。

フェアトレードのお店です。

風”s「今日は何の日?」 4日は「自然海塩の日」10% OFF | 風の交差点 風”s