読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

スペインの1月6日

スペインのサンタさんから、プレゼントが届きました!

うれしい!!!

サンタさん忙しかったから、ちょっと遅いクリスマスプレゼント。

スペインでは1月6日は「ロス・レジェス・マゴス 東方三賢人の日」という日。

子どもたちはこの日の朝、クリスマスのようにプレゼントがもらえる日なのです。

 

これは聖書の三人の賢者の話が由来すると言われています。

イエス・キリストが生まれた時、東方の地から三人の博士たちが贈り物をもって、乳飲み子イエスのもとを訪れたのです。

 

そして、日本の私の元にもこんなにたくさんのプレゼントがスペインから届きました。

f:id:beckii:20170106080418j:plain

 

スペインの代表的なお菓子だそうです。

Spanishサンタ、ありがとう!!!

 

日本人は現金な習慣ですね。

子どもたちに「お年玉」という現金をプレゼントする習慣。

子どもの頃、大人からたくさんお年玉がもらえるから、とっても嬉しかったけど、もらったお金を母親に預けると、「貯金しておくからね~」といいながら、いつのまにかなくなってるという・・・・。

子どもながらに、悲しい記憶がよみがえる。

 

やっぱりプレゼントの習慣のほうがいいわ。

広告を非表示にする

初の一人海外旅行に挑戦するぞ!

ずっと海外にいっていませんでした。

あるのは、社員旅行で香港にいったのと、かつての新婚旅行でグアムにいっただけ。

だから、外国らしい外国経験がないのです。

日本語が通じない、日本語を話せない国とか行ってみたいと思っていました。

 

というわけで、今年のGWにスペインにいってきます。

しかもツアーじゃなくて、個人のフリー旅行。

まずは、半年前にフライトと宿泊先の予約。

それから、WIFIの予約。

スペイン国内のフライトの予約。

飼い猫のシッターさんの予約。

 

もう少ししたら、AVEの予約と、サグラダファミリアのエレベーター予約をします。

早くスペインの貴公子に会いたい~~~!!!

 

こうして現在、着々準備中でございます。

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」

白人至上主義女が突然現る

昨日、私たち主催の日本語パーティに、あの白人大好き女がやってきた。

彼女はエントリーしていなかったのに、飛び込みで参加。

案の定、日本語パーティなのに、英語でしゃべりまくり。

しかも、彼女の知人の白人男性2人も参加していたようで、

「ハ~~イ!〇〇〇~~!」と鼻声を出していた。(笑)

 

それだけなら、いいのだが、英語で話す場ではないということを彼女が認識していないのが一番の問題。

彼女は私たちのボランティアグループの一員にも関わらず、このような態度を続けるならば、やはり直接話をしなければいけないでしょう。

ただ、彼女の責任のない「ボランティア」と名ばかりの態度に、無性に腹が立つ私です。

 

同僚のKちゃんが、

「あの彼女が〇〇〇さんに声かけていたとき、私みたんです。

〇〇〇さんがあちゃーっていうしぐさをしていたのを。」って。

 

〇〇〇さんはイギリス人で、熱心に日本語を勉強しようと、言語交換パーティなど足しげく通う外国人。

しかし、〇〇〇さんはいいます。

「ぼくの周りには英語が達者な日本人が多くて、なかなか日本語を話す機会がないんだ。」

って。

 

こういう外国人が多いから、私たちはこの日本語パーティを企画しています。

でも、ああいう女がいると、可哀想です。

せっかくの機会なのに、英語で話しまくり、結局、日本人と日本語で交流できないから。

 

ほんとに、この女、もうイベントに来てほしくないってのが、私の正直な本音です。

クリぼっちは御免だ!

新しい日本語なのか、「クリぼっち」って言葉ができたの?

昨日、知人が使ってるのを聞いて、「ん?」って思ったんだけど、私の日本語教師養成講座の先生までもが、「クリぼっち」という言葉を使ってたので、びっくり。

知りませんでした。

言葉は生き物です。

 

激安スーパーでの奮闘

さてさて、クリぼっちな私は、昨日、劇団の忘年会に駆り出されていました。

朝のスーパー開店と共に、戦場へ駆り出す気持ちそのもの。

先週のスーパーです。はい。

先週は白菜が299円だったのに、今週は399円!

一週間で100円も値上がり!痛いです。でも、まだマシです。

カートいっぱいに買いものし、駐車場に戻る途中、カートが段差にひっかかり、前のめりに転倒。カートに入ってた商品すべて道路に散乱(笑)

右手を負傷しました。ちくしょう!玉子が入ってなくてよかった。

f:id:beckii:20161226122836j:plain

 

牡蠣鍋だぜ!

さあさあ、忘年会は毎年牡蠣鍋でございます。

岡山県の日生というところから、産地直送で取り寄せています。

今年は生産量が少ないため、取り寄せはギリギリだったみたいです。

f:id:beckii:20161226123110j:plain

もうこの牡蠣ったら、お鍋にいれても、全然縮まないんですよ。

 

んで、せっせと野菜を切って、牡蠣を洗い、設営して何とか間に合いました。

f:id:beckii:20161226123111j:plain

f:id:beckii:20161226123109j:plain

 

総勢25名くらいかな?もっとかな?

みんなでおいしく頂きました。

クリぼっちな人たちも中にはいたでしょうが、みんなで飲めば楽しいよねぇ。

f:id:beckii:20161226123105j:plain

 

ポーランド式クリスマスの過ごし方

いつものA夫妻(夫:Aくん、妻:Aちゃん)のお宅へイブの夜、お邪魔しました。

本来なら夫婦水入らずの時間を過ごすはずが、私とKちゃん(日本人)がお邪魔することに。

本当に恐縮です。

 

さて、Aちゃんは敬虔なカトリック信者。

もともとポーランドの国自体がカトリックを国教としているため、ポーランド人の生活はカトリックの風習がベースとなっています。

 

Aちゃんが、

「お正月は日本の風習をBeckiiさんは教えてくれますから、クリスマスは私たちのポーランドの風習をおします。」

 

これはいい文化交流になるなと思って、ずうずうしいながらお邪魔した次第です。

 

日本のクリスマスケーキ

Aちゃんが「日本のクリスマスケーキを食べてみたい。」というリクエストのもと、同僚Kちゃんにケーキ手配を依頼。

このケーキ屋はこの界隈でも有名店ですから、かなり長蛇の列。

しかし、Kちゃんの事前予約のおかげで、デコレーションケーキをゲットすることができました!

 

クリスマスプレゼントに悩む

正直、手ぶらで行くのも申し訳ないし、クリスマスプレゼントをどうしようかと思案。

やっぱりウォッカ好きなポーランド人には、お酒でしょう!ってことで、リカーマウンテンへ。

 ポーランド ズブロッカ 500ml (サントリー) 500ML 1本

ズブロッカというポーランド製ウォッカを入手。そして、Aちゃん向けにロゼワインも。

 

ポーランドでは食卓に一人分席をあけるのが風習

まず最初にこんな素晴らしい食卓が!

ランチョンマットもあり、なんかオシャレ!

左奥の絵皿の席。ここだけ空いてるんです。

KちゃんがAちゃんに

「なんでこの席空いてるの?誰か来るの?」って。

Aちゃんが答えました。

ポーランドでは、貧しい人や孤独なクリスマスを過ごす人のために、一人分だれが訪れても招き入れるよう、空席と食器を用意する習慣があります。

実際には、見知らぬ人が訪れることはほとんどないけど、近所の老人や親戚などを招き入れることが多いんですよ。」

 

そして、こうも言っていました。

「キリストが生まれる時、どこも泊まれる宿屋がなく、馬小屋で生まれました。

だから、私たちはキリストが来たら、ここに座ってもらう、そういう象徴かもしれません。」

なるほど、ポーランド人のやさしさがよくわかります。

f:id:beckii:20161226122819j:plain

 

聖書の朗読とパンの分配

まず、ルカ2章1~14節をポーランド語と日本語で朗読。

パン(ウエハース)をお互いにちぎって食べます。

これは一つの家族ということを象徴しているそうです。

(そういえば、ずっと昔、ポーランド人の友だちと文通してた時、クリスマスカードにこのウエハースが入ってたっけ。)

 

ディナー

ボルシチスープとサラダです。

お椀に入ってるのはジャガイモ。

ここにボルシチの真っ赤なスープが入ります。

ロシアのボルシチと全然違うから、ちょっとびっくり。

ビートルートは食べたことがありましたが、ボルシチに使われるとは知りませんでした。

f:id:beckii:20161226123125j:plain

 

サラダは玉子、ハム、コーン、パプリカなどが入ったマヨネーズ和え。

これがおいしかった!!!

f:id:beckii:20161226123123j:plain

 

そもそもが聖書では、キリストが生まれた時は「過ぎ越しの祭り」というユダヤの習慣で、断食をしている時でした。

ですから、ポーランドもその名残からか、イブは肉を食べないそうです。

しかし、Aちゃんは「ここは日本だから、ハム入れました(笑)」って。

 

クリスマスケーキ

クリスマスケーキだぁ!イェイ!って大はしゃぎ(笑)

日本のケーキは甘さが控えめだもんね。

私たちもポーランドのお菓子をクリスマスプレゼントにくれました。

とても甘さがガツンとくるキャラメルだったり、チョコたち。

 

私以外の3人はズブロッカを賞味。

あーー、飲んでみたかった・・・。車だから仕方ないね。

酒に強いKちゃんもさすがに、酔っ払ったみたいで、

「お酒に酔うとこうなるんですね~~。」って(笑)

私はケーキ屋さんで無料でもらったノンアルコールのシャンパンで我慢。

 

それにしても、あっという間の時間でした。

途中でAくんの両親とスカイプで話しながら、パンを分け与えたりして、とても和やかな時間でした。

 

この夫婦に神様のご加護がありますように。

f:id:beckii:20161226123126j:plain

朝のスーパーマーケット

昨日は天気も良くて、ポカポカしていましたね。

朝から洗濯と掃除をして、布団とシーツを干して、気持ちいい日曜日でした。

昨日のミッションはそれだけではありませんでした。

私の自宅から車で10分くらいのところに激安スーパーがあります。

そこは、安かろう悪かろうなスーパーだと思っていましたが、このところの野菜価格の高騰で、そこに足を運んでみることにしました。

忘年会でやる鍋パーティの材料をどこで買うかの思案のためです。

 

まず開店直後あたりに到着すると、駐車場が満車。

ちょっと離れたところに路駐して、いざ店内へ。

すると、人が大勢いて、店内を歩き回るのも大変。

 

広告にあった白菜1玉299円。もうこれは買うしかないでしょ!

来週もこの値段だと有り難いな。

f:id:beckii:20161219092933j:plain

ネギも鍋には欠かせない食材です。

f:id:beckii:20161219093136j:plain

 

えのき、しめじが99円。これらは、もやしみたいに天候に関係ないから、価格が安定していてもいいのに、最近では高くなってるんだよね。

でも、この日、このスーパーでは通常並みの価格でした。

f:id:beckii:20161219093638j:plain

 

はい!めったに魚を買わない私。このクロメタイ(別名:メジナ、グレ)を2尾買いました。さばくのが面倒くさかったけど、おいしく頂きました。

f:id:beckii:20161219093948j:plain

 

からあげも、忘年会の箸休めに買う予定。1kgで880円って、激安でしょう。

f:id:beckii:20161219094305j:plain

 

ここの名物商品はジャンボチキンカツ。

写真奥のものです。本当にジャンボだから、お得感もジャンボ。

f:id:beckii:20161219094521j:plain

 

白菜 1玉

キャベツ 1玉

玉ねぎ 1ネット

白ネギ 1束

もやし 2袋

にんじん 6本

じゃがいも 5個

なめこ 1パック

ほうれんそう 1パック

こまつな 1パック

クロメダイ 2尾

焼売 1箱

納豆 3個入り1パック

キリ昆布 1パック

インゲンの胡麻和え 1パック

 

なんと合計2582円!!!

これだけ買い物かごいっぱいに買っても、3000円以下です。

あーーー、いいお買い物したわ。

本当なら、豚肉の安売りに手を伸ばしたかったけど、かごに入りきらないから断念。

今日は野菜がたくさん買えたから、大満足!

f:id:beckii:20161219095007j:plain

 

多分これ、夕方には売り切れているのでしょうね。

夕方のタイムセールも魅力的だけど、やはりいい品物は朝いちばんだね。

Dさんのプライベートレッスン

カウチサーフィンでコンタクトしてきたフランス人Dさん。

彼女と初めにやり取りしたのは、約半年前。

来日する4か月前から私にメッセージしてきて、そして来日した1週間後、実際に会いました。

 

彼女は日本語を習ったことはなく、来日前に独学で勉強しただけ。

あらためて文法など、教科書に沿って勉強したいというので、プライベートレッスンをすることにしました。

 

はじめて対面する時は、お互いどんな人なのかわからないので、まず行きつけのカフェで話をすることにしています。

彼女とはじめて会った時の印象は、物静かなパリジェンヌってイメージ。

そして、話をするうちに次第に打ち解けあったので、

「今夜、言語交換パーティがあるけど、いく?」と聞くと、

「おもしろそう!ぜひ行きたい。」

と一緒にパーティに参加しました。

 

すると彼女はお酒が好きで、しかもタバコも吸う大人の女性だと判明。

おおお!嫌煙家が多い外国人の中で、しかも女性でスモーカーだとは!

「なんだよ~~。早く言ってよ~~。ずっと我慢してたんだよ。」

って。

それからと言うものの、私と彼女とはとても親近感を覚える仲になりました。

 

プライベートレッスンでも、彼女はとても熱心に勉強しているし、飲み込みが早いのです。

彼女の仕事は大学院での研究員。しかも天文学が専攻なので、とてもインテリジェント。

だからなのか、日本語習得も早い気がします。

昨日は、動詞のて形を学習したのですが、それも以外とすんなり飲み込んでくれました。

 

以前教えていたTくんとは大違い。

Tくんみたいに、一つでも理解できないことがあると前に進めない生徒もいれば、このDさんみたいにとにかく目の前に出された課題をこなしていって、飲み込んでくれる生徒もいます。

どちらがいいとか悪いとかは一概には言えないのですが、初めのうちは細かい文法の違いなどは気にせず、どんどん文型を増やしていくことが先決な気がします。

そういう意味では、Dさんを教えていて、手ごたえを感じるし、ちゃんと彼女は予習をしているので、レッスンのすすみ具合がいいのです。

 

彼女とは、今後もレッスンを続けながら、日本の文化体験もあわせて提供できたらいいなと思っています。

まずは年末の餅つきと年越しそば、そして除夜の鐘。

これらを一緒にできたらと思っています。