読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

ボランティアは見返りを求める人には無理

このご時世、ボランティアっていう金にならない行為、つまりそれが慈善だろうが趣味だろうが、そういった合理主義とはかけ離れた生活が、今見直されています。

その一方で、人間とは欲深い生き物で、金にならないことを金につなげようとする人たちもいます。

超合理主義者たち。

自分の利益だけしか考えていない人たちは、ボランティアという行為はまやかしのもの以外何物でもありません。

 私のクラスメイト

私が通う日本語教師養成講座にいる受講生が、私のボランティア活動に興味をしめし、このところ参加してくれています。

しかし、彼は言うのです。

この無償活動のバイタリティはどこからくるのですか?

なぜ、お金をとらないのですか?

 彼はきちんとレッスン料をもらえる教師になるため受講しているので、私が目指すベクトルは違うものの、「外国人の学習を助けたい」その思いは同じです。

しかし、声を大にして言います。

この日本語教師という職業は儲かりません!

ボランティアだってやりようによっては、日本語学校と同等な教育を提供できる、そういうグループだって存在し得えます。

 

そこで、このボランティアという存在意義を考えさせられるわけです。

有償と無償との区別は何なのか。

そして、彼はこうも言います。

こうして私たちがお金と時間を労力をかけて日本語教育能力を習得しているんだから、レッスン料はもらって当然だ。

 

ボランティアだから手を抜くという行為 をしたくない。

ただそれだけなんです。

そして、無料だからこその出会いもある。

ボランティアする方も、される方も責任感は薄いかもしれない。

だけど、しがらみのない、参加するもしないも本人の意志次第。

だからこそ、私たちは来るもの拒まず・去る者追わずでいられます。

私たちが物足りない人たちは、他を探すでしょう。

それでいいんです。

そういうことで、私たちもどうしたら改善できるか?何が足りないのか?

それを考える機会を持てるわけですから。

 

Banditたち(言語交換にて)

先日、行きつけのパブで知り合ったニュージーランド人が、真剣に日本語学習をしたいと相談してたんです。

私が手伝えたらよかったのですが、現状私のスケジュールはいっぱいいっぱいなので、グループに呼びかけてみました。

 

すると、まずニュージーランド出身ということで、反応は結構ありました。

やっぱり日本人は国籍をみるんですね。

前回のベトナム人へのボランティア募集には、全然レスポンスなかったのに。

欧米や豪州は人気があります。

 

そして、ある人が応募してきました。

彼女は英語を勉強したいから、言語交換したいというのです。

言語交換も、彼に英語を教えるというボランティア心があるなら成立しますが、今回、彼は日本語を勉強したいというので、ちょっと戸惑いました。

 

と言うのも、英語教師である彼が、プライベートの時間も英語を教えるっていうのは、どうなのか。

彼は英語を教えることを生業としているのです。

日本語に集中したいのに、言語交換となると、必ずと言っていいほど一方の言語に傾倒していくんです。

例えば、仮に彼女の英語が、彼の日本語より流暢な場合、日本語の時間やレッスンは少なくなり、英語で話す時間が多くなるといったよう傾向があります。

 

こういう彼女みたいな人を英語Banditというのだそうです。

私の元カレJくんも、英語Banditだけはイヤだ。友だちになりたくない。

そういってたのを思い出します。

つまり英会話レッスン料を払いたくない。それだけで近づいてくる人たちのことです。

言語交換とは言っても、結局そういうBanditたちと出会うと、外国人たちはうんざりして「あー、もう日本人いらない!」ってなってしまうのです。

 銭勘定しか能がない起業家

ボランティアメンバーの中に、アパレル関係の経営者がいます。

気さくな彼女は、フェイスブックでもかなりの人脈があるようです。

そして、彼女の紹介でいろんな経営者さんたちが参加してくれています。

その中に一人ある中小企業のオーナーがいて、何でも銭勘定で考えるタイプの人です。

ボランティアだというのに、何を目的に顔を出したのか、私には理解ができません。

恐らく人脈を拡げるためか、もしくは海外趣向でビジネスに活かそうとしたのか、わかりません。

結局、彼は

金にならないことに、無駄な労力は費やしたくない。

俺はただ外人と一緒に飲んで楽しみたいだけ。

 そういう趣旨で、ファミレスでの日本語会話レッスンに参加していました。

楽しむ・楽しい雰囲気をつくる・友達になる、これらのことには賛成ですが、「学ぶ場」の提供ではないことと、イスラム教圏の人たちへの配慮もあり、レッスン中は酒禁止にしました。

すると彼はやはり来なくなりました。どうぞミートアップなどの外国人が集まるパーティに行ってください。

まとめ

こうしてボランティアを始めてから、約2年が経とうとしています。

当初から考えると色んな人と出会って、今もなお継続できていることに感謝!

でも、こうした私の趣向と違う人たちと出会った時、どうブレずにボランティア活動を継続できるか、それが今後の課題です。

 

もう少し同じベクトルで協力しあえる有志たちが増えるといいんだけど。

元彼と会えますか?会う時、どう応対しますか?

先週末、数か月ぶりにJくんからメッセージがあった。

Jくんとは、1年前に付き合っていたイギリス人男性。

彼の怒りっぽい性格にドン引きし、別れたんです。

 

メッセージの内容

Googleアカウントのデータが消えて、写真が全部なくなってしまった。

写真を保存しているものがあったら、ほしいんだけど。 

 そんな内容でした。

私自身は、元カレだろうが誰だろうが、良かろうが悪かろうが思い出の写真をけすことは滅多にない。

それが私の生きてきた瞬間瞬間だと思うから。

Jくん用フォルダーを作って、ちゃんとクラウドに保存してた。

 

それで用件は済んだかと思ったけど、Jくんからのメッセージが続く。

かつて、私が彼の自宅に置いてきた私物を引き取りたくて、LINEでメッセージした時なんか既読にすらならなかったから、完全にブロックされているんだと思ったのに。

最近どうよ?

僕のこと恨んでるかと思ってたよ。

 

そして私の私物をどうしたか聞いてみた。

まだあるよ。送ろうか?

もし会ってくれるなら、持っていくけど。

 

再会のとき

その翌日に会うことになった。

朝から天気が良くて、その日たまたま空いてたから。

でも、向こうもこちらも、どんな顔をしてあうのか、少々戸惑っていた。

彼の方は神経質な性格だから、相当緊張していたみたいだった。

 

名古屋駅の金時計前で待ち合わせ。

そして、会った瞬間、私は持ち前の明るさで声をかけた。

やぁ!久しぶり!なに~~?ちょっと痩せた???

うん。ちょっとね。Beckiiは変わってないね。

そんなやり取りをしながら、私物を手渡されてみてみると、私が引き取りたかった私物と違うものを持ってきていた(笑)

どうでもいい、捨ててもいい私物だった。

ごめん!これじゃなかった?

いいよ。急がないから、今度また会う時でいいから。

 あーぁ。次また会うことを示唆する言葉を吐いてしまった・・・。

いいのか悪いのか・・・。

一瞬そんな葛藤が脳裏によぎった。

 

これってまるでデートじゃん

緊張していたのも束の間。

そのうちに、話も以前のような調子で話せた。

Beckiiが英語で話したかったら、英語でもいいよ。

Jくんは初め英語で話しかけていたけど、私はあえて英語で話さず、日本語で話した。

それは話の微妙なニュアンスなどが英語では伝えることができないから。

まあ、そのうちにJくんも日本語で会話。

なんか不思議な感じだよね。

僕たち別れて半年以上経ってるのに、先週会ったばかりな感じがする。

こんな風にまた会えるなんて、すごく不思議。 

 不思議な感じ。それは私も感じていた。

ねぇねぇ、不思議な感じって、この場合、英語ではどう言うの?

Weird. It seems like a weird day. かな。

でも I feel weridっていうと、「なんか変なものを食べたあとに、変な感じがする。」っていう違う意味になる。

 って、散歩しながら以前のように英語を教えてくれた。

当時も、よく散歩しながら、お互い知らないフレーズを教えあっこしていたっけ。

 

こうして歩いていると、つい自転車を避けようとするとき、腕を組みそうになっちゃう。ごめん。

 

真意は?

 なんだろう。Jくん、復縁アピール?!

そもそもJくんは自分からメッセージを送ってくる性格ではない。

だけど、今回Jくんから積極的にメッセージしてきて、しかも会ったらテンション高いJくん。

なんだろうなぁ。

要らぬ心配だけど、相当弱ってるのか?

相当、人恋しいのか?

なんだろうか・・・。真意がわからない。

 

でも、私はぜーーーーったいに復縁はあり得ません!

性格はそんなに簡単に変わるものではないですから。

いい友だちのままでいたいです。

 

中国東方航空を格安チケットサイトで予約した結果

昨年10月に、スペイン旅行のためにフライトチケットを予約。

SkyScannerを通して、GoTo Gateという旅行代理店での予約だった。

 

4月28日 から5月5日までの旅行日程。

名古屋→上海 中国東方航空

上海→アムステルダム 中国東方航空

アムステルダムマドリード KLM

というフライト。

 

12時間も前倒しというあり得ない変更

それが上海→アムステルダムのフライト時間がなんと12時間も前倒し変更。

しかも、その変更通知も来ず、たまたまTripCaseというアプリでフライト時間の確認をしたら発覚する有様。

 

12時間も前倒しということで、これは午前と午後のインプットミスだと思って、中国東方航空のホームページを調べてみたら、やっぱり前倒し変更。

そして、カスタマーサービスへメールしても、前倒し変更の時間をメールで知らせてきた。

 

中国東方航空カスタマーサービス応対のひどさ

そこで、今一度確認して、もしそれが本当ならば、乗り換えできない状態をどうしてくれるんだと問合せメールを4回しても、音沙汰なし。

ふざけてるとしか言いようがない。

しびれを切らし、中国東方航空の東京支店へ電話してみた。

 

すると、やはり前倒し変更は事実だということ。

この場合、代理店経由で予約しているから、その代理店へ問合せてほしいと、電話で回答を得ました。

しかし、前倒し変更については詫びの言葉も無し。

連絡していない代理店が悪いと言わんばかり。

それもそうだが、乗り換えで予約をとっている客のことは全然考えられていない。

 

GoTo Gateという旅行代理店は英語のみで応対

そして、GoTo Gateへすぐさま電話した。

すると英語でのアナウンスが流れ、ボタンで選択しろという。

しかしよくわからないから、1を押す。

電話の向こうに出たのは、恐らく非ネイティブもしくはバイリンガルの男性。

日本人っぽい感じもしたが、そのまま何とか英語で事情説明。

すると、フライト変更するしかないというので、候補をメールで送るよう依頼。

10分以内にメールが届いた。

それにしても、格安サイトを通じて予約すると、日本語が通じない代理店を経由して、こんなことになろうとは。

少々割高でも、やはり日本の代理店で購入すればよかったと後悔。

しかも、フライト変更があったのは10日以上前のこと。

しかし、変更連絡は来ず、たまたまTripcaseを見て気づいたから、よかったものの、もしそのままだったら、どうなっていたのだろう。

 

候補の代替案

すると、やはり同じ中国東方航空のフライトでしか手配できないのか、日程が大幅に変更される内容だった。

2つ案があり、それ以外を希望の場合には、返金して予約をし直すという最悪パターン。

仕方ないので、一日前倒しで上海で1回だけの乗り継ぎフライトを選んだ。

即座に会社の休暇取得が可能か上司にお伺いをたて、ホテルとWifiも一日前倒し追加、そしてペットシッターも一日余分にお願いすることとなる。

一日、旅行日が増えるのはうれしいが、とんだ迷惑だ。

宿泊費もかさむし、何せ仕事だって、その段取りをせねばならない。

 

まとめ

二度と中国東方航空のチケットはとらないと胸に誓う。

こんな無茶なフライト変更をイケシャーシャーとやられては、前もってアレンジしたものが台無しにされる。

友達も利用したことがあるそうだが、「二度と使いたくない。」っていうくらいひどいサービスだとか。

添乗員は英語が通じない、毛布が足りず放ったらかしなど、ひどかったらしい。

 

友達のいうことを素直に聞いていればよかった。

はじめての海外旅行一人旅が、こんなことになろうとは。

みなさん、格安チケットサイトはお気を付けて。

この週末は飲み歩いてました

今週のお題「何して遊んだ?」

 

私はこの週末は飲んで遊んでいました。

金曜日は日本語プライベートレッスンを居酒屋でやり、しかもハシゴ。

そして土曜日は日本語教師養成講座のクラスメイトたちと、スペインバルで飲み、そのあと行きつけのブリティッシュパブへ。

日曜日は、なぜか元彼のJくんからメッセージが来て、会うことになりランチ。

別のプライベートレッスンをし、それから言語交換パーティへ。

 

もう、ヘトヘトというかヘロヘロです。

しかも土日は買ったばかりのクロスバイクで行き来していたから、足がパンパン。

今日は本当に体「休んでくれ~~。」って悲鳴あげてるのか、すごく眠いです。

 

今日もプライベートレッスンが入ってたけど、キャンセルさせてもらいました。

と言うのも、今朝、上司がインフルエンザなのに出社してきてたんです。

移るじゃないか!このバカ野郎が!

万が一、この全身の倦怠感がインフルエンザが原因だと、生徒に迷惑かけてしまうので、キャンセルしました。

 

あー、遊びすぎて、体がしんどいのかわからない(笑)

Hello Talkで初対面

前回ご紹介したHelloTalk。

 それを使い続けています。結構楽しんでいます。

beckii.hatenablog.jp

 

今回、このアプリを通して知り合ったイギリス人男性と会ってきました。

鬼門のイギリス人男!(笑)

 

彼はNくんといいます。

アプリのプロフィール写真と全然イメージが違う人でした(笑)

しかも、この人、私たちが主催する日本語パーティにも参加したことがある人でした。

 

「はじめましてじゃないじゃーん!」

 

って気づいたのは、会ってから1時間後でした(笑)

 それにしても、彼はとても勉強熱心。

JLPTのN2をチャレンジしていて、まじめにコツコツと勉強しているんです。

そんなNくんを応援すべく、私のボランティアの紹介も含め、日本語学習にお役にたてれば幸いかな。

広告を非表示にする

英語学習に効果的で、コミュニケーションが楽しいアプリ

前回は、Wakie(ワキエじゃありません。ウェイキーです。)を紹介しました。

 

beckii.hatenablog.jp

 

今回は私が今まで使ってみたアプリの中では、かなり優良なアプリをご紹介します。

 

HelloTalkを使ってみた

恐らく言語交換アプリでは、これが最良ではないでしょうか。

ダウンロードはこちらから。

https://www.hellotalk.com/

Tandemもかなりいいアプリだとは思いましたが、ユーザー数がまだ若干少ないです。

その点、HelloTalkは登録者数は全体的に多いです。

そして、ユーザーたちに、出会い目的だとアカウントを完全に削除されると注意喚起が頻繁に出てきます。

またメッセージ内での写真送信なども、わいせつ画像などを送信しようとすると、HelloTalkの自動監視なのかアナログ監視なのかわかりませんが、発覚した時点でアカウント削除の対象となります。

そういう意味では、純粋に言語学習を目的としたユーザーが多く、安心して使えそうな印象です。

(ただし、中には出会い目的など、言語目的以外で使ってる輩もいますのでご注意。)

 

チャットがとても便利

まず、何が便利って、チャット機能です。

いわゆるテキストでメッセージ交換をする機能のことですが、添削機能のみならず、翻訳機能や音訳機能、そしてボイス録音機能があることです。

また、お気に入り機能で、自分が気に入ったフレーズや単語などを保存しておく機能もあります。

 

グループチャットでボイス録音機能を活用

昨日はじめてグループチャットに招かれ、挑戦してみました。

チャットのオーガナイザーはアメリカ人女性。

10人ほどの日本人たちがいました。

そして、そのアメリカ人女性が

「ボイス録音を使って、自由に自己紹介してみてください。」と。

私もはじめは緊張しながらでも、ボイス録音に挑戦し、「アーー」とか「ウーー」とか言いながら英語で録音。

このボイス録音チャットで、効果的だと思ったのは何回も繰り返し聞き返せること。

通常の通話としてのボイスチャットでは、聞き返すことは無理ですが、ボイス録音を使えば、何度でも聞き返しができて、しかもそれを保存することが可能です。

また、自分の発音も再生できるので、発音矯正にも効果的です。

自分の話す声を聴くのは、本当に恥ずかしいですけどね。

 

ユーザー検索が便利

このアプリとTandemの比較で、便利だと思ったのはユーザー検索が充実していること。

Tandemは国やネイティブかどうかのフィルターはあっても、例えば言語レベルや年齢などの絞り込みができません。

しかしHelloTalkでは、それらに加えて、最寄りやオンラインでの並び替え、また市や県レベルでの絞り込みも可能です。

同じ街に住むユーザーと知り合って、オフラインでも言語パートナーが欲しい人は便利な機能です。

 

私の近況

私は同じこの街に住んでいるネイティブと知り合いたいので、そのように検索してみて、何人かにメッセージを送ってみました。

ほとんど無視されていたけど(笑)、数名から返事が返ってきました。

簡単なあいさつで終わった人もいれば、メッセージが続いている人もいます。

私の目的は、日本語ボランティアクラスに参加してくれる外国人を探すためです。

ボランティアだとしても、ただ受身で待っているだけでは、誰も来ません。

言語交換アプリですから、ターゲットとしては最適なはず。

この中から、日本語学習のお手伝いにつながる人がいたらいいなって期待をこめて、もう少し使い続けてみようと思います。

 

HelloTalkのダウンロードはこちらから。

https://www.hellotalk.com/#jp

Wakieを使ってみた

Wakieと書いて、ウェイキー

ワキエじゃありません(笑)

 

チャット友だちから噂を聞き、WakieをiPhoneにダウンロードしてみました。

これは、もともとモーニングコールをしたり、受けたりするアプリ。

アプリにモーニングコールの時間設定しておくと、その時間にアプリを使っているユーザーに、コールをしてと促す表示がでて、誰かがボイスチャットで起こしてくれるというアプリ。

 

しかし、これが実際に私が起きる朝6時にかけてくる人はいないんです。

誰もコールしない場合は、アプリの自動音声が起こしてくれます。

 

だけど、ちょっとしたコメントを書いて、ボイスでおしゃべりしたい人たち同士がボイスチャットもできるのです。無料会員だと10分くらいだったかな。

制限時間があるので、かかってきた相手が気に入らなければ、そのまま終了すれば相手は私へ連絡の術は残らずに済みます。

ただし、会話終了後、相手を評価すると、テキストを送信しあうことができます。

 

私は登録してすぐにインド人の男性からコールが来ました。

なまりの強い英語で、聞き取りが難しかった・・・。

そして、彼からはLINEやFacebookを教えてとせがまれたけど、お断り。

悪い人じゃないんだろうけど、ちょっとしつこそうだった。

このアプリを使っている人たちが、ある意味、出会い目的ばかり。

コメント欄を見ても、卑猥なメッセージが並んでいたりして、変な奴ばかりということがわかり、結局削除しました。

 

このアプリの主旨は面白いと思ったけど、とことん匿名で、一回ぽっきりのコールだけの機能にしたほうが面白いのに。

たとえ「また話したい」と思う相手と話せても、それっきりと言うほうが10分間の限られた時間で、後腐れなく話せるし、口頭でLINEとか教えなければ、それっきりになれるほうが安心できる。

その方が、このアプリの本来の主旨にあうと思うんだけどな。

 

アプリによって、変な奴が多いものと、まともな人が多いのと、色々ありますね。

広告を非表示にする