アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

I am a slut!

私は尻軽女です。

その場の雰囲気とかに流されやすい性格です。

ですから、つい己の性欲と理性の戦いでは、本能的な性欲に負けてしまいます。

もう40過ぎの中年期に入りかけている私ですが、そうなんです。

 

先日、某パーティで出会ったNY出身のJ2くん。

このJ2くん、そのパーティで出会った際、かなり元カレのJくんと似た性格だと第一印象はよかったのですが、私は同じこと繰り返すんですね。

そのJ2くんが猛烈アプローチしてきて、ついに根負けしてデートしたんです。

バカです。ほんとにバカ。

LINEでエロトークとかしているうちに、お互いにセックスへの好奇心が盛り上がってしまったんです。

 

でも、J2くんはめっちゃ自信過剰なこと言ってたにも関わらず、正直大したことない人でした。

やっぱりアメリカ人のセックスは私にはあわないようです。

基本的にアメリカ人男性って、自信過剰なんですよ。

 

この人も何故だか薬物依存、体中にタトゥーだらけ、だけど表の顔はスクールティーチャー。

狂ってます。職業で人を判断してはいけません。

 

このJ2くん、背中を痛めてから、医者で処方されている鎮痛剤をオーバードースしているらしく、それがヘロインと似たような効果がある薬らしいのです。

そんなジャンキーだから、いざセックスしようとしたら、使い物にならない事態に。

用法容量を守らないと、そういうことになるんです。

お酒だってそうです。

風俗に遊びに行く前に、たらふく飲んでいると、いざという時に息子スティックはおねんねしてる、そういう経験したことある男性は多いのでは?

ある意味、セックスは元気のバロメーターにもなりますから。

 

私は健全な男子と出会いたい、ただそれだけです。

尻軽女にはそんな素敵な男性、寄り付かないのでしょうけども。

 

それにしても、学校は外国人を雇う前に、薬物検査したほうがいいですよ。

合法であれ違法であれ、依存者は仕事にも支障が出てくるでしょうし、違法に手をだしているものなら、学校の名を傷つけることにもなりかねませんから。

 

あーぁ、また3か月後にHIV検査いかなきゃ・・・。なにやってんだか。

 

何故私にはそういう男が寄ってくるのでしょう。

それは私が尻軽女だから?

もう、私、尼寺に出家したほうがいいかもしれない。

 

広告を非表示にする