読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

ご縁その1

外国人あれこれ

縁は縁でも、恋愛の縁ではありません。

日本語ボランティアでのご縁です。

 

以前私たちのグループに参加していたポーランド人女性がいました。

彼女がポーランド人の友だちに、私たちのグループのことを紹介してくれていたようなんです。

 

Aくん、20代、ゲームプログラマー

そんな彼は奥さんがこの日本で就職したため、彼も日本で就職するため、6月に来日。

奥さんは日本語上級者で、一般企業に就職したようです。

そして、彼はただいま職探し中。

そんな彼は就職面接のために、日本語の練習をしたいといい、私に接触してきました。

 

昨日はじめてガストで会いました。

彼は日常会話はほぼ問題なく、語彙力も漢字1000字くらいマスターしています。

どうやらリーディングが強いようですが、会話のレスポンスがまだ慣れていないせいか、少々時間がかかります。

面談時の語彙や表現などを練習し、とにかく日本人と会話する時間を増やす、それが課題のようです。

今は就職活動中だから、比較的時間に融通がきくうちに、集中して上達させたいです。

 

そんな彼はとても素直で熱心で、物腰のやわらかい、やさしい笑顔の持ち主。

ゲーム大好きな彼が、ゲームの話の時、少年のような表情を見せるチャーミングな一面も。

 

私の相棒であるKちゃん(会社の後輩)と一緒に、これからレッスンに付き合おうと思っています。

 

帰途につくと、車中でKちゃんが

「いい人だなって思うと、大抵結婚しているんですよねぇ」って。

Aくんも左指に立派な結婚指輪が光っていて、それがまず最初に目にとびこんできました。

Kちゃんはまだ20代半ばなのに、恋愛にはあまり興味がないんです。

「しばらく恋愛はもういいかなって。」

そうつぶやいていたKちゃん。

かわいくて、べっぴんさんなのに、勿体ない。

でも、ピュアな子だから、いい人と出会ってほしいわ。

 

ベッキーさんは大丈夫ですよ。いい人すぐ見つかりますって。」

って、慰めの言葉をもらったけど

「私、もう40よ。40歳って出会いはかなり少なくなっていくものだよ。とほほ」

 

こんな会話をしながら、家路につきました。

次に付き合う彼氏はどんな人なのか。

はたまた、もう現れないのか。

婚活はまだまだこれからです。

広告を非表示にする