読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

1年でFacebook友達が200人になったものの、アクティブな人はごく少数

雑感

1年前、私はFacebookアカウントを作り直しました。

なぜかというと、ある人物と友だち登録していたら、そいつが私の写真を勝手に流用したことがありました。

 

日本語ボランティアグループをFacebook上で作ったため、外国人からとにかく友達申請が多くきていました。

開設当初だったこともあり、すべて承認していました。

しかし、誰が誰だかもわからなくなるし、実際あったこともない、メッセージを交わしたこともない人が友達リストにいるのは、何だかとても違和感がありました。

そういう時期に、写真の無断使用も相成り、アカウントを削除し、作り直したのです。

 

それからというもの、安易に友だち承認はしていません。

特に友だち人数が多すぎる人に関しては、単なる数増やしのためにリクエストしたんだとわかった時点で、友だち削除しています。

彼らにとっては、友だちリストから外れても気づかないことが多いのです。

それくらいのお付き合いならば、あえてFacebookでつながっている必要はありません。

恐らく私のアクティブフレンドは5分の1くらいです。

5分の4は、私のタイムラインをフォローしていないか、Facebookを使ってない可能性があります。

 

どうであれ、連絡とってない人、いいね!のリアクションも何もない人は、遠慮なく削除していってます。

そんな私ですが、かけがえのない友人たちもFacebookにいます。

彼らは海外にいて、一度も会ったことないにも関わらず、いつもコメントやリアクションをくれる人たち。

実際には会ったことがなくても、「つながっている」と実感できる友人たちです。

こういう友だちをたくさん増やしていきたいと思います。