読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

英語学習に効果的で、コミュニケーションが楽しいアプリ

前回は、Wakie(ワキエじゃありません。ウェイキーです。)を紹介しました。

 

beckii.hatenablog.jp

 

今回は私が今まで使ってみたアプリの中では、かなり優良なアプリをご紹介します。

 

HelloTalkを使ってみた

恐らく言語交換アプリでは、これが最良ではないでしょうか。

ダウンロードはこちらから。

https://www.hellotalk.com/

Tandemもかなりいいアプリだとは思いましたが、ユーザー数がまだ若干少ないです。

その点、HelloTalkは登録者数は全体的に多いです。

そして、ユーザーたちに、出会い目的だとアカウントを完全に削除されると注意喚起が頻繁に出てきます。

またメッセージ内での写真送信なども、わいせつ画像などを送信しようとすると、HelloTalkの自動監視なのかアナログ監視なのかわかりませんが、発覚した時点でアカウント削除の対象となります。

そういう意味では、純粋に言語学習を目的としたユーザーが多く、安心して使えそうな印象です。

(ただし、中には出会い目的など、言語目的以外で使ってる輩もいますのでご注意。)

 

チャットがとても便利

まず、何が便利って、チャット機能です。

いわゆるテキストでメッセージ交換をする機能のことですが、添削機能のみならず、翻訳機能や音訳機能、そしてボイス録音機能があることです。

また、お気に入り機能で、自分が気に入ったフレーズや単語などを保存しておく機能もあります。

 

グループチャットでボイス録音機能を活用

昨日はじめてグループチャットに招かれ、挑戦してみました。

チャットのオーガナイザーはアメリカ人女性。

10人ほどの日本人たちがいました。

そして、そのアメリカ人女性が

「ボイス録音を使って、自由に自己紹介してみてください。」と。

私もはじめは緊張しながらでも、ボイス録音に挑戦し、「アーー」とか「ウーー」とか言いながら英語で録音。

このボイス録音チャットで、効果的だと思ったのは何回も繰り返し聞き返せること。

通常の通話としてのボイスチャットでは、聞き返すことは無理ですが、ボイス録音を使えば、何度でも聞き返しができて、しかもそれを保存することが可能です。

また、自分の発音も再生できるので、発音矯正にも効果的です。

自分の話す声を聴くのは、本当に恥ずかしいですけどね。

 

ユーザー検索が便利

このアプリとTandemの比較で、便利だと思ったのはユーザー検索が充実していること。

Tandemは国やネイティブかどうかのフィルターはあっても、例えば言語レベルや年齢などの絞り込みができません。

しかしHelloTalkでは、それらに加えて、最寄りやオンラインでの並び替え、また市や県レベルでの絞り込みも可能です。

同じ街に住むユーザーと知り合って、オフラインでも言語パートナーが欲しい人は便利な機能です。

 

私の近況

私は同じこの街に住んでいるネイティブと知り合いたいので、そのように検索してみて、何人かにメッセージを送ってみました。

ほとんど無視されていたけど(笑)、数名から返事が返ってきました。

簡単なあいさつで終わった人もいれば、メッセージが続いている人もいます。

私の目的は、日本語ボランティアクラスに参加してくれる外国人を探すためです。

ボランティアだとしても、ただ受身で待っているだけでは、誰も来ません。

言語交換アプリですから、ターゲットとしては最適なはず。

この中から、日本語学習のお手伝いにつながる人がいたらいいなって期待をこめて、もう少し使い続けてみようと思います。

 

HelloTalkのダウンロードはこちらから。

https://www.hellotalk.com/#jp