アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

スペイン旅行記 3日目

この日、トレドへ小旅行。

Rさんご夫妻と、AVEに乗って、トレドに向かう。

この日は快晴。風もほとんどなく、絶好の観光日和。

 

大好きな鉄道に乗れて、大満足!

AVEは日本でいう新幹線。

マドリードのアトーチャ駅からトレド駅まで、およそ50分。

うとうとしそうなくらいの快適な乗り心地。

トレド駅は伝統的な様式の建造物で、ステンドグラスが施されている。

f:id:beckii:20180109130435j:plain

駅舎の外側がこんな感じ。駅舎だけでも見ごたえ充分。

f:id:beckii:20180109130531j:plain

 

さて、バスに乗り、トレドの市街地へ。

観光用の列車バスがあり、トレド市街地外周を回ります。

それに乗れば、トレドの町並みが一望できるスポットまで連れていってくれます。

列車バスには8カ国語の案内ガイドがイヤフォンで聞けます。

トレドにある観光スポットの歴史や概要を説明してくれています。

f:id:beckii:20180109131016j:plain

 

そして、ここが写真などでよく知られる名スポット。この日の天気は本当に最高でした!

f:id:beckii:20180109131406j:plain

こちらはユダヤ人街。

f:id:beckii:20180109131559j:plain

結構、急こう配が激しい街なのです。丘の上に立っているので、足腰が強くないと、観光はかなりハードです。

f:id:beckii:20180109131740j:plain

こちらはトレドのカフェに入りました。

ここは猛牛も有名なのか、牛のはく製が・・・。そのデカさにびっくり。

f:id:beckii:20180109131907j:plain

さあ、市街地を歩いていきますよ。

そこはまるで迷路のようです。

f:id:beckii:20180109132133j:plain

トレドの中で一番の観光スポット、カテドラル。

カテドラルとはカトリック教会でいう支部のヘッドとなる教会。

この地域で一番権威の高い教会ということです。

だから建物の装飾も外装も、そのものが美術品のようです。

f:id:beckii:20180109132326j:plain

半端ない高さまである天井。この写真で人の高さと比べてみてください。

f:id:beckii:20180109132716j:plain

もう口ぽっかーん状態で、ずっと見上げていました。首が痛い!

しばらくカテドラルの写真をお楽しみください。

何百年もの時間をかけて建築されたので、その年代により、建築様式も時代を反映しています。

f:id:beckii:20180109132821j:plain

 

f:id:beckii:20180109133021j:plain

f:id:beckii:20180109133112j:plain

f:id:beckii:20180109133255j:plain

これ、私が気に入っているスポット。

天井がひらけて天国がみえているようで、面白い。

f:id:beckii:20180109133342j:plain

f:id:beckii:20180109133707j:plain

f:id:beckii:20180109133735j:plain

 

カテドラル内にあるCustodia de Arfe。純金なんだろうね。

いくらかけて作ったんだろうな。これらのお金は庶民の税金からだったのかな、なんて考えてみた(笑)

f:id:beckii:20180109133818j:plain

f:id:beckii:20180109133958j:plain

 

カテドラルを堪能したのち、ランチへ。

豆を煮たスープ lentejas(カレー味)と、鹿肉の煮込み、コロッケ、豆のスープ、そして鹿肉のステーキ。

鹿肉のステーキがおいしかったです!

f:id:beckii:20180106145133j:plainf:id:beckii:20180106145123j:plain

f:id:beckii:20180106145113j:plainf:id:beckii:20180106145101j:plain

 

お腹が膨れて、次はユダヤ人街へ。

いよいよ迷路本番です。こんなところ、もちろん車両は通行禁止。

それにしても、住民は家財道具とかどうやって運びこんだのでしょう。

f:id:beckii:20180109134634j:plain

ユダヤ人街の見晴らし台からみた町の様子。

f:id:beckii:20180109134808j:plain

 

El Transito Synagogue and Sephardic Museum

ユダヤ教の宗教施設だけど、イスラム教文化が色濃く反映されている。

ユダヤ博物館となっているので、ユダヤ教徒たちの道具や衣装などが展示されていて、割礼の道具もありました。(痛)

f:id:beckii:20180109134921j:plain

f:id:beckii:20180109140130j:plain

 

さあ、もう一度カテドラルに戻り、今度は鐘のタワーへ。

体力的にかなり限界にきていながらも、階段で鐘がある塔を登ることに(笑)

f:id:beckii:20180109140100j:plain

あの鉄柵のあるところまで登るべ!この写真は中腹あたりから撮った写真。

f:id:beckii:20180109140458j:plain

どや!でっかいやろ!これがトレドのカテドラルの大鐘だぞ!

しかし、奥のほうが割れてる。これ、あとから聞いた話、この鐘を持ち上げて1か月もしないうちに、振りすぎて壁にあたり、割れてしまったそうな(笑)

それにしても、この14トンもある鐘をどうやってこの高い塔まで持ち上げたのか、あとで説明があったので少し読みんでみたら、テコの現地で木の柱をつくり、それでこの鐘をもちあげたんだとか。おそるべし!

f:id:beckii:20180109140620j:plain

 

夕日が沈み、暗がりが広がるころのトレド。

f:id:beckii:20180109141034j:plain

f:id:beckii:20180109141132j:plain

 

とにかく古都トレドは行くべし!

日本で言えば京都にあたるような観光スポットでしょう。

そこまで大きくないから、飛騨高山くらいのイメージなのかな。

道行く人たちはみんな観光客ばかりだけど、時折住民がいて、話しかけてくれたりもした。

足の裏が痛い中、帰りのAVEではぐっすり熟睡でした(笑)