アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

アラフォー女、心もカラダも変化する

40過ぎて、カラダも劣化していくのを実感。

女性というものから「女」という部分が脱落していく感じ。

そして、ココロも同様。

ときめきなんてものに疎くなる。

ひどいと鬱になる人さえいる。

それが更年期というもの。

 

女性ホルモンの分泌が劣っていくため、ホルモンバランスが崩れるために起きる症状だというのは、世間一般的に知られている。

私もまだ生理はあるものの、カラダの変化が著しい。

 

毛髪の劣化・減少

私は毛深い性質で、毛髪も人より毛の数が多いほうだった。

しかし最近、毛髪にコシがなくなり、洗髪の際に髪の量が減ったと感じる。

髪の分け目も地肌が目立つようになり、ヘアセットしても以前のようなボリュームある髪型ができなくなった。

なるべく髪を結わず、結ったとしても分け目を変えるようにしている。

そして何よりも著しいのが白髪が増えたこと。

ショートカットではそんなに目立たないが、ロングヘアで髪をしばると、こめかみあたりの白髪が気になるようになってきた。

まだ白髪染めに手を伸ばしたくない。頭皮の弱い私は、染料でかぶれた経験があるので、なるべく自然な色のままでいたい。

しかし、白髪というものは特に老けてみえてしまう。

知り合いの美容師に聞いてみたら、白髪のメカニズムは化学的にはいまだに解明されていないらしい。

だから、ひじきを食べようが、サプリを飲もうが、無駄な抵抗なのだとか。

 

 

体臭・口臭

最近特に感じるのは、体や頭皮の脂の匂いだ。

これはよく加齢臭と言われているものだが、女性だって例外ではない。

乾燥肌だからと言って、ボディソープに保湿成分が多く入っているもの(私の場合、〇ヴ)を使うと、背中や胸にボロボロが発生する。

角栓のような、角質のようなものだ。

それらを指でほじって匂いを嗅いでみると、まさに脂の匂いなのだ。

皮ふ科にいってみて、処方された薬を塗ってみたが、あまり効果はなかった。

ボディーソープを「さっぱり」系(冬はナイーブのさっぱりタイプ、夏はデオウ)に替えたら、改善していった。

匂いで一番気になるのは、口臭。

アラフォー世代になると歯周病になりやすく、口臭がひどくなるケースが多い。

最近特に歯茎が落ちてきた。

歯医者にいきチェックしてもらってはいるものの、毎日のブラッシングが重要。

そして、口臭は腸内環境や胃の状態にも大きく関係している。

便秘気味の時は口臭がきつくなるし、空腹時には口の中が苦くなり口臭を発生させている。

私は特に喫煙をするので、さらにリスクが高い。

 

余談だが、私が入院していた時、食生活や喫煙できない環境でが口臭が変わったと感じた。

また、野菜中心の食事に替えた時も、便通がよくなり、口が苦くなることが少なくなった。

便の匂いすら、あまり臭くなく、体臭が改善したのを覚えている。

それが年末の忘年会続きで、一気に元通り。

また、食生活を改めなければいけない。

 

体型変化

この地球に住んでいる以上、重力というものに抗えない。

顔のたるみ、胸のたるみが、やはり気になる。

とは言え、高価な化粧品に手を出す気にもなれない。

まして、高額な矯正下着をそろえたとて、脱いだら垂れる。

胸のたるみについて、ジムトレーナーが言っていたのを思い出した。

「走るときは、スポーツブラをしたほうがいい。なぜなら、胸が揺れることによって、胸筋が伸びてしまうから。それは伸びたら二度と戻らない。」と。

その後、早速スポーツブラを買ってつけてみた。

肩がめちゃめちゃ凝る。

「こんなに肩こりで辛いなら、垂れパイでいい!」

スポーツブラはお蔵入りとなった。

 

 

ここからは大人の話になるので、ご注意ください。

 

シモの話

この年になってから、あまり濡れなくなった。

明らかにホルモンが関係していると思うのだが、若い頃に比べて濡れないというのは、生殖機能が衰えている証拠なのだろうか。

セックスの時、濡れずに挿入されると痛い。しかも、膣内が傷つき、カンジダ症になりやすくなる。

 

そして、ここまで色々と体の変化を書いてきたが、一番ショックなのは性感帯が変わったこと。

むしろ不感症になっているかもしれない。

最近、オルガズムに達するまでに相当な時間がかかるか、もしくは足や背中がつって、あきらめることが多い。

オルガズムの山もなだらかになってきている。

10代のころがエベレストだとすると、今は低山。

このまま平地になってしまうのだろうか。

 

そして、ムラムラすることも少なくなっている。

性感帯が変わったというのは、若い20歳くらいのころは、乳首をなめられても全然気持ちいいと感じなかった。

それが年をとるに連れ、性感帯が下から上に代わってしまったようだ。

今、一番感じるのは乳首だと思うくらい敏感になった。

が、下は感覚が退化している感じ・・・。

このままオルガズムから遠ざかってしまうのだろうか・・・。

 

ココロの変化

私だって、アラフォー女子のみんなだって、若い頃のようにときめくのような恋をしたい。女であり続けたいと思っている。

でも、こうしたカラダの変化によって、「こんな私・・・。」と消極的な思いが、心も蝕んでいく。

「こんな私」であっても、愛してくれる人がほしい。

そんなきれいごとが現実にあるのだろうか。

そんな思いが交錯するのがアラフォー女。