アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

花見散歩で国際交流

昨日、ちょうど桜が満開で散歩日和だったので、ある言語パートナーと散歩しながらお話しすることにしました。
この川沿いに咲く「四季桜」というサクラ。

ソメイヨシノより若干ピンクが濃いサクラで、花は小ぶり。

でも健気に咲いている桜を見ながら、その言語パートナーとお話しできて、よいひと時でした。

初めてお会いする人でしたが、とても日本語が達者な方で、日本の常識などもちゃんと理解している人でした。

 

話した内容の一つに「日本人は若く見える」という話題が。

確かに外国人で実年齢より若く見える人はあまりいません。

彼曰く、「水」が関係しているのではないかと。

ヨーロッパでは硬水を使う地域が多く、ドイツでビールが有名なのは、水があまりよくない地域だから。ビールにして水分を補給するほうが健康的なのだそうです。

ビールの歴史で、確かそんなような話を聞いたことがあったなぁ。水資源が乏しい国が発明したとか。

だから、水資源に恵まれた国は健康的で、そこに住む人たちは若々しいのではないかと言うのです。

 

よくよく考えてみると、水がおいしい地域は米どころと呼ばれ、秋田県の秋田小町をはじめ、新潟も美人が多い県だと以前テレビでやっていたのを思い出します。

 

やはり水が大切なんですね。いい水を飲んで、代謝をよくすることですね。

 

とは言え、この写真に写っている川は名古屋で一番汚いと悪名高い堀川。

ヘドロやらゴミやら浮かんでいて、水がきれいだとは言えない名古屋。

なんだか恥ずかしい気すらします。

水は大切ですね。命の源です。

 

この散歩のあと、いつものバーに行き、久しぶりに会ったアメリカ人の友人と、インド人の生徒、そしてニュージーランド人の友人と4人で飲んでいました。

f:id:beckii:20180329123839j:plain

 

今週のお題「お花見」