アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

カブる

先週末の出来事をざざーっと振り返り。

 

スコッチ君の一件があり、金曜日の夜が空いた私は、Dくんの送別会に参加。

そこで「なんでデートがキャンセルになったの?」と話題のネタになった。

この時、スコッチ君のことを聞いて、アメリカ人Wさんが

それって、ボクのシチュエーションと同じじゃん。

離婚していないけど、 別居中で、彼女ほしいって(笑)

で、みんなが彼に

じゃあ、Wはラブホに行ったことあるの?

 って、じーっと彼を見てる中、彼はニヤリと「えへへへ、あるよ」という。

 

そう。他の外国人たちは日本のラブホに行ったことがないようだ。

Wも日本人妻がおり、その点は熟知しているようで、隣にいたスペイン人カップルの二人に

すっげーよ。カラオケもビデオゲームもあるし、ベッドはゴージャスだし、プライベートプールがあるホテルもあるんだ。普通のホテル泊まるより、絶対たのしいぜ。 

 って絶賛(笑)

サブカルチャーすらも、こうしてシェアできる私たちのクラスは、本当にみんな仲がいい。

 

さて、タイトルにした「カブる」とは、私の出会いって一つのタイミングに複数出会いがあって、迷う構図なんです。

つまり出会いを求めている時期に複数の男性が現れるんです。

もちろん今は誰もが友達段階です。

しかし、ちょっといい雰囲気かも♡と思えるような人が、同じタイミングで現れるって、少々厄介です。

まるで二股のようになるから・・・。

 

私が結婚した前夫と出会った時もそうでした。

元彼と出会った時もそうでした。

 

今回も、実はそう。

スコッチ君と同時に、ブラジル人のA君。(二人とも偶然に名前が一緒だという・・・。)

ブラジル君とは1回だけ30分ほどお会いしたことがある。

そしてスカイプで数回会話したことがある人。

そんな彼は独身だけど、日本人の彼女と同棲している人。

それなのに、イタリア系ブラジル人というラテンの血のせいか、めちゃくちゃ甘い言葉をなげかけてくる。

もうややこしい人ばかり。いやだーーーー!

私は独身で単身の男性がいいのだーーーーー!!!

 

私の婚活はまだまだ続く・・・・。