アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

忘れたころにメッセージする男と毎日メッセージする男

あなたはどちらが好き?

忘れたころにメッセージしてくる男と、毎日マメにメッセージする男。

 

よく恋は駆け引きだとかゲームだとか言われます。

押してばかりでは、女は逃げてしまうものだと。

だから、引いておいて、たまに押すのが効果的だとか。

 

好きでもない人から毎日メッセージが届いたら、少々鬱陶しく思うこともあるでしょうし、「あなたは私の彼氏じゃないのに、毎日メッセージしてくるな。」って思うこともあるかもしれません。

 

でも、昔、タコ焼き屋のおっちゃんが言ってた言葉を思い出しました。

「女を落とすには、毎日メールするんだ。長くなくていいから、ちょっとしたあいさつ程度なものを毎日送る。そしてある時、ふとメールをしないと、その女は『あれ?なんで毎日メールしてくるのに、今日はメールがないの?』って不安になるんだよ。そうなりゃ、もうこっちのものさ。」

って、タコ焼きを焼きながら、武勇伝を話してました。

 

昨日、久しぶりにブラジル人のAさんから連絡がありました。

Aさんとは以前一度だけ直接会ったことがあります。そして、その後、しばしばメッセージやコールがありました。

仕事の話や言語の話などして、いいお友達になれました。

ところがある時から「かわいい」とか「あなたのやさしい名古屋弁が好き。」とか甘い言葉を投げかけてくるようになりました。

まあ、言われて悪い気はしないから、「ありがとう。」と言葉を返していました。

しかし、1ヶ月間、まるっきり音沙汰なし。そのままこちらからも連絡せずにいたら、昨日久しぶりにボイスメッセージが入ってたのです。

それまで、「いくら忙しくても、一言でも返事してくれたっていいのに。」って思ってて、Aさんのことを忘れそうになると、彼はメッセージをしてくる、そんな人なのです。

 

下衆な私は、「こいつ、結構、恋愛ゲームに慣れておるな。」と勘繰ってしまいます。

イタリア系ブラジル人のAさんは、さすがイタリアンの血をひいてるせいか、そういう甘い言葉を使うのが上手です(笑)イタリア人男性への偏見かもしれないけど。

 

それよりも、私は毎日マメにメッセージしてくれる男性のほうが大好きです。

だって、仕事など忙しい時があっても、私のことを忘れずに気遣ってくれていることがわかるから。

Aさんのような人は、恐らく結婚したら、「釣った魚にエサはあげない」タイプだと思います。仕事が忙しいからという理由で、放っておかれそうですよね(笑)

 

なかなか意中の人と巡り合うことができない私。半ば婚活を諦めそうな今日この頃。それでも、運命の人が現れる「時」を待ってみようと思います。