アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

多読を取り入れた英語学習は、推測力をきたえる

そろそろ多読を取り入れてみようかと思い、Graded Readersに挑戦してみることにしました。

Graded Readersとは英語学習者が辞書なしで多読できるよう、レベルごとの語彙で書かれた短編書物です。

実際の小説ほど長くないから、比較的短時間で読めるのがいいようです。

 

たとえ知らない単語が出てきても、読み進めて前後の文脈などで推測する力も養えます。

これは日本語教育でも中級以上に活用される「トップダウン式」学習法です。

 

ネイティブであっても、説明できない語彙は日々たくさん目にしています。

恐らくその語彙に触れる際、感覚で意味を推測し、活用しているかと思います。

新聞で初めて見る語彙が出てきても、私たちは辞書を引くことはあまりしません。

それと同じです。

 

ある日本語教師養成講座の講師が言っていました。

「このトップダウン式学習法を習得させないと、上級者になっても辞書が手放せない学習者になってしまいます。」と。

 

これって、私たちの英語学習に似ていませんか?

学校の授業では辞書が手放せませんでした。

知らない単語があると、すぐ辞書を引いてしまいます。

推測することはほとんどありませんでした。

 

そもそも中学高校では初級レベルの学習ですから、最初は辞書をひいて精読するボトムアップ式でいいと思います。

それ以降の学習では、トップダウン式に切り替えて学習する必要があります。

(もちろん精読することが全く不要と言ってるのではありません。)

 

さて、簡単にスラスラ読める既習単語がほとんどのレベルに落として始めます。

私はレベル2ほどです。

スラスラ読める。

そうなると、頭で翻訳する解釈ではなくなります。

英語の文法ならではの解釈方法で理解するように変化してきます。

 

そうすると、英語は文節の初めに重要点がくることに気づくし、そのあとは説明文となるという特色も、感覚としてわかってきます。

そうなると理解もどんどん早くなっていきます。

 

本選びに重要なのは、自分の語彙レベルよりも1つ・2つレベルを下げること。

興味あるジャンルの本を選ぶことです。

 

私がおすすめなのはミステリー小説です。

続きが気になる本のほうが、飽きっぽい人には向いていると思います。

 

語彙習得のためにも、読む数である分母を多くすれば、分子の覚える語彙数も多くなるという構図です。

すきま学習として活用してみるといいかもしれません。

スマホKindle本をダウンロードして、どうしても辞書で調べたいときはKindleなど電子辞書ならば、単語を長押しすれば辞書が表示されます。

 

ちなみに私は何を読んでいるかというと、「Dracula」です(笑)

さいころ、児童小説でドラキュラ伯爵の本を読んだことがありました。

子供ながらに、ドラキュラの魅力に虜になりました。

今度は英語で堪能したいと思います。

 

Dracula (Oxford Bookworms Library) CD Pack

Dracula (Oxford Bookworms Library) CD Pack