アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

新たなLanguage Exchangeのツール

最近、暇なときにハマっているのが、Discord。

今までにも、いろいろな言語交換アプリを試してきました。

海外系の出会い系にまで手を伸ばしたことのある私です。

 

このDiscordはもともとゲーマーのために開発されたアプリ。

オンラインゲームをやる者同士が会話するために使われていたものが、今では言語交換のためにも多く利用されているアプリです。

ですから、少々ゲームオタクっぽい人たちもいます。

また、最初のうちは機械に弱い人は面食らいます。

機能が多く、かなりプログラミングの専門用語っぽいものが飛び交うので、私も紹介されてから1年くらい使わずにいたんです。

 

ところがある日、ふとつなげてみたら、結構人がいるし会話してみたら、楽しくなって使うようになりました。

しかも、常時だれかとボイスチャットできるのが最大の利点。

時差の関係で人が少ない時もありますが、一人で待機していると、誰かが話しかけてきます。

 

私がよく使っているのは、これ。

English-Japanese Languge Exchange

discord.gg

というサーバーです。

このサーバーにはいろんなチャンネル(部屋)があります。

Hangout(雑談)、English Conversation(英語)、Beginner English(初級英語)、Japanese Conversation(日本語)、Beginner Japanese(初級日本語)、Language Switch(言語交換)、これらのボイスチャットがそれぞれ存在します。ほかにはQuizや質問部屋など、さまざま。

利用者もオンラインになっているだけでも2300人以上の人たちがいます。

 

このサーバーのいいところは、モデレーターやアドミンがしっかりと管理しているところ。

変なやつがいたら、すぐ対処してくれます。

だから、このサーバーで常連たちは、本当にまじめに日本語を勉強している人たちばかりです。

ナンパ目的にやってくる人はほとんどいません。

なぜなら、プロフィールに写真をあげている人はほとんどいなくて、アニメのキャラとかばかりwww
そして、年齢も性別も国籍も書く必要がないからです。

純粋に会話を楽しむことができます。

 

日本人ユーザーは30代・40代が多いのですが、外国人は10代・20代が中心です。

若者がアニメを通して日本語を勉強して、日本文化に興味持ち始めたという人が多い気がします。

 

逆に日本人は英語の「学びなおし」をしている人たちが多いです。

もちろん海外生活でペラペラの人もいますけど、そうじゃない人もたくさんいます。

昨日、ある外国人が「Beckiiさん、ちょっと発音について手伝ってほしい。」と言われて、あるチャンネルに行ってみると、そこには外国人ではなく日本人男性がいました。

ずっとSea と Sheの発音を2時間くらい練習していたそうです。

私は音声学の解説図を使って、説明したんですが、その外国人はそれまでずっと寝る時間を惜しんで、その日本人を教えていたそうです。

このように、とても親切な外国人が英語の特訓もしてくれています。

 

もし、興味があったら、使ってみてはいかがでしょうか。