アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

バルセロナ1日目

サグラダファミリアのあと、Diagonal駅まで地下鉄で移動。

第一印象としては、暗くて少々物騒っぽいかも。

だからスリなどには要注意です。

Qさんが「これから地下鉄に乗るから、気をつけて。」と注意喚起。

 

地下鉄を乗る前に、Qさんが

「ちょっと待ってて。宝くじ買いたいから。」

待っている間に( ´ー`)y-~~

そして、戻ってきたQさんは一枚の宝くじを手にして

「これ、当たったら、山分けしよう。」って。

多分、何も言ってこないから、ハズレだったのでしょうね(笑)

 

これがガウディが作ったカサ・ミラです。

1階は店舗が入っていますが、その上の階は住民が居住しています。

どんな人たちなのでしょうね。

あとから調べたところ、このアパートの家賃はそれほど高くないようです。

f:id:beckii:20190119142906j:plain

カサ・ミラ

カサ・バトリョもガウディ作です。

こちらは中がガウディの博物館になっているそうです。

この建物、とても面白い形しています。屋上はドラゴンの背中のようです。

そしてバルコニーは骸骨のように見えます。

富裕層のある名士が作らせたそうですね。

f:id:beckii:20190119142820j:plain

カサ・バトリョ

さて、地下鉄を降りて、近くの教会へ入ってみました。

Parròquia de Sant Ramon de Penyafortという教会です。

そんなに大きな教会ではないけど、趣ある建物でした。

f:id:beckii:20190119142138j:plain

f:id:beckii:20190119142129j:plain

f:id:beckii:20190119142148j:plain

f:id:beckii:20190119142935j:plain

Parròquia de Sant Ramon de Penyafort

 

さて、おなかが空いたので、カタルーニャ広場にあるEl Corte inglesというデパートの最上階にあるビュッフェコーナーに行きました。

眺めは最高です。

カタルーニャ広場を一望できます。

そこには、タパスやパエリヤのスペイン料理や、パスタ・スパゲティのイタリアン料理、そして寿司まであります(笑)

観光客より地元民たちに人気のランチスポットのようです。

ここにはあまり日本人いませんでしたから。

でも、バルセロナウォーカーには、パエリヤをコストパフォーマンスよく食べるなら、ここって書いてありました。

確かに値段の割には美味しいパエリヤでしたよ。

f:id:beckii:20190119142802j:plain

f:id:beckii:20190119144124j:plain

El Corte inglesの最上階にあるレストラン。窓際にカモメが。

さて、お腹もいっぱいになったところで、市内散策です。

バルセロナ大学です。

f:id:beckii:20190119143633j:plain

バルセロナ大学キャンパス内の時計台

この写真は、カタルーニャ語では、ラ・ランブラ通りこと、ランブラス通りの一番北端です。

ここから南にいくと、コロンブス像に辿り着きます。

2017年、ランブラス通りにいた人たち13人が犠牲となるテロ攻撃が起きたのは、まだ記憶に新しいです。

当時、ランブラス通りをワゴン車が突っ込み500m暴走したのです。

それ以降、バルセロナ市内の人通りの多い街中の歩道は、車が暴走できなくするため、大きな街路樹やプランターが点在していました。

 

このクリスマスシーズンも、ランブラス通りには多くの警察官が警備していました。

マシンガンを片手にした警官がそこらへんにいるのです。

あー、やっぱりここは日本ではないのだと実感した瞬間でした。

Wikipediaによると、この犯行グループにはサグラダファミリアを爆破する計画もあったのだとか・・・。

何とも恐ろしい・・・。

f:id:beckii:20190119143622j:plain

ランブラス通りの北端

次はカテドラルのサンタ・エウラリア大聖堂

こちらは7ユーロで中を見学できるのですが、長蛇の列だったので諦めました。

f:id:beckii:20190119143601j:plain

サンタ・エウラリア大聖堂

このカテドラル周辺のゴシック地区を散策します。

この教会の裏あたりは細い路地になっており、異国情緒あるノスタルジックな雰囲気が残っています。

かなり古い建物がひしめいています。その中にはいつの戦争だか、スペイン内戦で受けた銃弾の傷跡が、あちらこちらに生々しく残っているのです。

f:id:beckii:20190119144526j:plain

f:id:beckii:20190119144540j:plain

ゴシック地区は細い路地がたくさんあります。

f:id:beckii:20190119143549j:plain

f:id:beckii:20190119144112j:plain

スペインの戦争での銃弾の傷跡。

f:id:beckii:20190119144027j:plain

f:id:beckii:20190119144045j:plain

f:id:beckii:20190119144101j:plain

カテドラルの裏にある中庭テラス。Qさん曰く、聖職者たちの憩いの場だったとか。

f:id:beckii:20190119144515j:plain

f:id:beckii:20190119144502j:plain

f:id:beckii:20190119144855j:plain

カタルーニャ自治総領館

f:id:beckii:20190119144450j:plain

f:id:beckii:20190119144951j:plain

ここはレイアール広場。ひと昔前までホームレスのたまり場になっていたとか。

次は蝋人形博物館の隣にあるカフェ El Bosc de les Fades – Barcelona’s Fairy Tale Cafe。

が、注文せず店内を撮影(笑)

店内はまるで森に迷い込んだみたいな錯覚になります。

f:id:beckii:20190119144937j:plain

f:id:beckii:20190119144922j:plain

El Bosc de les Fades – Barcelona’s Fairy Tale Cafe

f:id:beckii:20190119144908j:plain

f:id:beckii:20190119145604j:plain

コロンブス像です。ここがランブラス通りの南端です。

コロンブス像のあたりから、今度は海沿いに歩いてみます。

サーカス小屋があるのも、海外らしい雰囲気です。

f:id:beckii:20190119145518j:plain

f:id:beckii:20190119144855j:plain

f:id:beckii:20190119145534j:plain

 

f:id:beckii:20190119145547j:plain

ハーバーに着くと、夕暮れ時でステキな光景。

f:id:beckii:20190119151517j:plain

橋を渡り、Maremagnumというショッピングモール。天井のミラーに映る私たちの姿。

f:id:beckii:20190119151311j:plain

f:id:beckii:20190119151300j:plain

フランサ駅構内。フランスとバルセロナをつなぐ駅。どこか古きイギリスの駅を彷彿させる。

f:id:beckii:20190119151522j:plain

f:id:beckii:20190119151249j:plain

f:id:beckii:20190119151230j:plain

f:id:beckii:20190119151213j:plain

シウタデリャ公園内を散歩。動物園も併設されている。大きな噴水があり、夕暮れ時でも人通りが多い。


この公園を通って、バルセロナ凱旋門を通り、ホテルのある方向へ。
Qさんもホテル近くから出ているバスに乗って帰宅。

私は夕食を食べに、いよいよ一人孤独のグルメです(笑)

Google Mapで検索し、このお店に行くことにしました。

goo.gl

ここの男性店員さんがとても気さくで、英語も堪能。

しかもユーモアある人で、私が日本人だとわかると、「オイシイ!」って片言の日本語を話してくれて、笑顔でにっこり。

 

で、例のごとく写真なんてついていないメニューを手渡され、何が何だかわからない私にていねいに説明してくれました。

私は片言の英語で、「一人なので、軽食が食べたいです。」と。

じゃあ、まずピンチョスとワイン、そしてソーセージドッグを薦めてくれました。

そしてまだ食べたいなら、ハムがのったパンはどうかと。

薦められるがまま、オーダーしました。

最後にまだ何かちょっと物寂しいので、デザートでケーキをオーダー。

19.40ユーロ!うわ~、高い!食いすぎた!

しかも、ケーキだけで4.7ユーロ!高いわ・・・。

ってなわけで、サービスは満点だったので、20ユーロ渡して、あとは店員さんのチップにあげました。

 

ここに近所のおじいさんたちが飲みにきていて、私に話しかけてくれました。

スペイン語もままならない私にですよ。

飲みすぎたら危険っていうようなことを、小さい娘に話すかのように(笑)

私は笑顔で応えるしかなく、知ってる単語が出てくると、知ったかぶりをしてる有様。

でも、相手もおじいさんだから、独り言のようにずっと話してる。

どうしようかと思いながら、「Me voy a el hotel. Muchas gracias.」といい、スパニッシュキスでお別れの挨拶。

やはりもっとスペイン語を勉強しておくべきだった・・・。

f:id:beckii:20190119151711j:plain

f:id:beckii:20190119151505j:plain

f:id:beckii:20190119151451j:plain

f:id:beckii:20190119151440j:plain

f:id:beckii:20190119151659j:plain

f:id:beckii:20190119151644j:plain

Restaurante Cóctel Bar La Higuera

 

さて、次の日もQさんが案内に午後つきあってくれます。

どこに行くのか、全然話し合ってもないけどね(笑)

ってなわけで、初日の観光は終了。

歩き疲れた私は、風呂にお湯はって、足をマッサージ。

ゆっくり眠ることができました。