アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

ネイティブのようなスピーキング能力を訓練するには

婚活中断中に、日本語教育と英語学習のための時間を有効に使おうと思っています。

 

さて、今回、私の管理するDiscordサーバーで、日本語学習者であるチャールズくんとVoice Actingをすることにしました。

 

彼は中級以上の日本語能力なんですが、彼は日本人のような発音や会話能力を身に着けたいと、日々学習しています。

そんな彼がある日、彼自身が読んでいる日本の小説を数ページ写真にとって送ってきました。

Discordサーバーで、彼とボイスチャットしながら、彼は「今からこれを朗読するから、発音が変だったら指摘してください。」と言いました。

私はその通り、彼のアクセントやイントネーションを細かく指摘し、矯正していました。

 

ある個所に、その小説の登場人物たちの会話文が載っていました。

そこを彼は棒読みで朗読していたので、私が

「もっと会話らしく表現してみたら?」

と言ったら、彼は抑揚やテンポの変化をつけて、朗読しました。

そして、日本語会話らしい朗読になりました。

 

それにヒントを得た私は、

「ねえ、次回からVoice Actingをしましょうか?

実写版のドラマや映画のワンシーンを、俳優が発音する通りに声で演じるんです。そのために、何度もその動画を見て、くり返し発音練習をしておくの。

そして、それが完璧になったところで、私と実演するの。どうかしら?」

と提案してみました。

 

すると彼は乗り気で、「いいアイディアだね!それに単純に文章を読むのではなくて、演技するとリアルな会話になるから、いい練習方法だね。」と言うではありませんか!

 

そこで、私はYouTubeにあるショートドラマを選んで、台本を書き起こし、その日本語のスクリプトを彼に渡しました、YouTube動画のリンクと共に。

それから彼は何十回とそのシーンのセリフを練習したと言います。

俳優を真似て言うことで、子どもが親の言葉を覚えるように、反復練習になるのです。

 

そして、いよいよ実演の日が来ました。

そのショートドラマとは、あるCMのためのショートドラマなんですが、高校生が告白するラブストーリーです。

私たちは照れるよりも以前に、うまく演技できるか緊張しながら、セリフを合わせてみました。

 

彼の日本語は通常の会話でも、問題ないくらい上手ですが、俳優が話すイントネーションも真似して発話しているので、とても自然な日本語になっているではありませんか。

せっかくだから、動画に流れるBGMソングをダウンロードし、演技中に流してムードを盛り上げてみました。

 実際に高校生の彼にとって、実用的なシーンの選択もあいなり、かなり楽しんで演じていたようです。

 

いわゆる声劇の実写ドラマ版です。

これは演技メソッドのように思えますが、感情が動くから言葉が出るという仕組みを考えれば、演技メソッドで会話が向上するのは間違いありません。

 

日本語ドラマが終わって、次は私の英語ドラマの実演。

彼が選んだドラマのワンシーンは、ある女刑事と相棒が、元恋人とその仲間に取り囲まれ、銃撃戦になるというシーン。

ほんの2~3分の短いシーンですが、英語の会話に口慣れていない私は、ある単語がどうしても聞き取れないのです。

"You made me realize that life is worth living" の "living"が、その俳優がいう音がどうしてもそう聞こえないのです。

私も何十回と練習して演じてみたけど、チャールズ曰く、「まだ充分じゃないところがあった」と。

悔しいなぁ・・・。

でも、こうしてリアルな会話を何十回も反復練習することで、リスニング練習にもなるし、何よりも舌の訓練になります。

 

しばらくこの方法を続けてみようと思います。

 

この記事を読んで、Voice Actingをやってみたい人は、こちらのリンクでDiscordサーバーに参加できます。

discord.gg