アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

子どもを見くびると、ひどい目に遭う

キッズクラスの教師って、大変だわ。

そして母親ってすごいね。四六時中、その大業をこなしているんだから。

 

さて、日曜日、はじめてアメリカ人幼児2人を教えてきました。

教えるというより、まずは仲良くなることが第一。

 

私を好きになってくれないと、子どもたちはそっぽを向きます。

そんなわけで、絵本と色鉛筆・ぬりえ、そしてアンパンマンのおもちゃを持参して初対面。

 

子どもは目ざとく、私が持っていたおもちゃに興味津々。

私なんか見ていない(笑)

「なんかおばさんが大きなおもちゃを持ってきたぞ。誰か知らんけど。」

それにくらいにしか思っていなかったでしょう。

 

一応、「せんせい」と言ってくれた。

せんせい、これが私の名前だと思ってるかもなwww

 

とにかく一緒におもちゃで遊ぶ。

 

ところで、このおもちゃ、すごい機能ですよ。 

 って、おもちゃメーカーの回し者じゃないですよ。

でも、このおもちゃで、英語と日本語で合計ボキャブラリー2200語を覚えることができます。

すごいでしょ。私がいないときでも、子どもたちは自分で遊びながら、言葉を覚えることができます。

 

さて、まるでサンタクロース状態の私。

でも、なんかちょっと打ち解けてない。

ただプレゼントで吊っただけですからね。

これから、一緒に遊ぶようになるためには、どうしたらいいのか。

もう少し時間がかかりそうです。