アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

オンライン英会話に注意しないと無駄銭を払う羽目になります

私もSNSやZOOMを使ってオンラインレッスンを無料で教えている身分ですが、先日、Twitterである英会話教師からこんなメッセージをもらいました。

 

「25分の英会話レッスンを19回分で13000円だけど、どう?」

「どんな教師なのかわからない限り、オンライン英会話レッスンには懐疑的なんです。」

「よがった見方かもしれないけど、僕はまあまあ学はあるし有能で、授業を楽しくできる教師だと思ってる。こんなに安価なレッスンは他にないと思うけど、無料レッスン受けてみない?」

「FonFで教えることできる?(FonFを知らない教師は正直、専門性がない教師)そもそも25分って短すぎませんか?すぐ時間たっちゃいますよ。ただの発音練習だけなら可能かもしれないけど。」

「(FonFについては回答なし)語彙強化と文法訂正を伴う会話に力を入れています。レッスン時間の80%は(生徒が)発話する時間がもてると思います。連続で予約してくれたら、50分間のレッスンにできるけど。」

「それって、20%が先生の話す時間、つまりインプットの時間ってことですよね。たった5分がインプット?」

「そうだよ。とにかく体験レッスンは無料だから、その時に質問に答えます。」

 

だって。

この先生、正直ダメだと思った。

単なるおしゃべりだけで終わる英会話教師だと思う。

FonFについても知識がなさそうだし、言語学習についての知識はなさそう。

そもそも、レディネス調査やニーズ調査せず、25分だけ体験レッスンしたって、その教師を吟味できるわけないでしょう。

その体験レッスンは独りよがりな会話に終始したおしゃべりだけで終わる可能性大です。

 

よい教師とは、その生徒に何が不足して何を強化すべきか見分けて、それに有効なレッスンを提供する人。

それには前述の調査がないと意味がないし、調査なしに生徒が何を目的・目標に学習するのかわかっていない。

そんなレッスンにお金を払う価値はないと思うわけです。

 

25分で充実したレッスンができるとすれば、発音矯正くらいでしょう。

それならDiscordでネイティブの友人と話しをして教えてもらえばいいだけの話です。

 

FonFの実例で言えば、タスク練習が代表的ですが、それでさえも「気づき」の時間が必要です。

「気づき」⇒「理解」⇒「再確認」⇒「確信&習得」

このプロセスに25分、しかも20分でできることはかなり限られています。

ロールプレイをやるにしても、5分くらいの会話は必要です。

まず実践してみて、表現できたこと・できなかったことを気づく。

できなかった表現を学習し理解する。

再度実践してみて、理解したことが実践できているか再確認する。

そしてようやく習得に結び付くのです。

 

この一連のロールプレイを私もオンラインで日本語レッスンをやっていますが、20分では到底できません。

 

こういう舐めた英会話クラスにだまされないよう、お気をつけください。

こんな時だからこそ自宅待機を楽しく過ごす方法

みなさん、コロナで自宅待機で退屈している人が多いと思います。

家に引きこもっていると、誰とも会話せず、一日テレビや動画配信をみてるだけの人も多いんじゃないですか。

まあ、おもしろ動画を見て笑うのも良いのですが、やはり人と会話しないと感情が動かないと思うんですよ。

感情が動かないと、人間、精神状態が不安定になっていく気がします。

 

だからこそ、今、オンラインチャットやビデオ会議などが、やたらと注目され、そういう広告も増えています。

 

私が以前から愛用しているDiscordも、そんなコロナ隔離状態のみんなに一躍かっているようですね。

家にいる時間が長いから、語学学習時間も増えるし、ボイスチャットも盛んになります。

 

最近私は、Discordで知り合った気の合う友達らと、プライベートチャットを作って、そこでNetflixを画面シェアしながら、ボイスチャットで話して楽しんでいます。

彼らはアメリカ人で日本語学習者。

私は日本人で英語学習者。

だから、英語音声を日本語字幕か、日本語音声を英語字幕かで見るわけです。

 

しかーーーし、最近知ったこんな便利なものが!

今、Netflixを持っている人にオススメなのが、これ。
 

languagelearningwithnetflix.com

 

Google Chromeブラウザーに使用している人でNetflixを契約している人なら、これをインストールするだけでNetflixを2つの言語字幕が同時に見ることができるのです。

アメリシットコムの「フレンズ」も、その適用作品となっていて、字幕切り替えでてこずる必要もありません。

英語と日本語の字幕を同時にみて学習できます。

ただし、Netflixで日本語と英語、両方字幕があるものに限られています。

 

この方法で友達と両言語の字幕をみながら、日本映画ドラマ・アメリカ映画ドラマ、いろいろ楽しんでいます。

海外にいる友達とボイスチャットでキャーキャー・ゲラゲラ笑いながら、映画をインターネットで一緒に見れるなんて、まるで同じリビングでテレビを一緒に見ているかのようです。

そんな時代になったんですね。

ますます時代の流れを感じちゃいます。

 

皆さん、自宅にいても、できるだけストレス発散できるような過ごし方で乗り切りましょうね。

一人暮らしの人は、できるだけネットを使って、人と話すようにしてね。

私が経験してきた第二言語としての英語習得論

こんなお題で、アマゾンギフト券をもらえたらラッキーね。

それは横に置いておいて、私は最近、第二言語習得論に興味がビンビンです。

日本語教育能力検定にむけて勉強中なのですが、その出題項目でこの「第二言語習得論」というものが出てくるのです。

 

用語や定義を調べるうちに、もっと自分の日本語クラスに関連付けて考えたいと思うようになりました。

そして自分の英語習得にも役立てたいと。

 

そもそも自分が英語習得するのに、どれほど時間がかかっているのか。

また日本人の習得率はどうなのか。

Discordなどで外国人たちと接する中で感じるのは、日本人は第二言語習得が不得手な人種だと感じます。

では、その場合、なぜ不得手なのかを突き詰めて考えていくと、この第二言語習得論に行き着くわけです。

この第二言語習得論は今でも開発途上です。百年後には全く違う論文が語学メソッドの主流になっているかもしれません。

 

さて話は「わたしと英語」というトピックに戻ります。

1970年代に生まれた私。当時の英語教育はオーディオリンガルメソッドという教育方法が主流でした。文法を体系的に学習し、代入練習やドリル練習などを使って文型を蓄積していく学習方法です。

ですから、コミュニケーションという概念は文型という引き出しを増やして、それを応用することで養えるという考えでした。

私が思うに、これはこれで間違いないと思います。

しかし、コミュニケーションという点では劣る面があります。

その証拠に、日本人は完璧な英語を話そうとするあまり、コミュニケーションを拒否する傾向があると思いませんか?

バラエティー番組「世界まで行ってQ!」の出川イングリッシュを見てください。出川哲朗さんはあの英語スキルでも、臆することなくコミュニケーションをとっていますよね。

 

私たち日本人は「この文型じゃないとダメ」という呪縛にとらわれていませんか?

「通じる」ということを重視すれば、「I am hungry」じゃなくても、「me hungry」でも通じるわけです。

完璧さを求めるあまりに話さない。話さないと上達しない。

この悪の無限ループ、そして最後には諦める羽目になる。

こんな人が多いのではないでしょうか。

それはオーディオリンガルは間違い(エラー)を起こしたときに、すぐさま訂正し化石化(間違いが定着してクセになること)しないようにするのが良しとされていたから、間違ってはいけないという意識が植え付けられていくわけです。

 

そこでコミュニカティブ・アプローチというコミュニケーション重視のメソッドが注目しされるようになりました。

コミュニカティブというからには、一人黙々と机にかじりつく勉強だけでは実行できないアプローチです。

タスク、ロールプレイ、プロジェクトなど、他の学習者や教師とコミュニケーションをとりながら習得するやり方です。

私たち日本人に足りないのは、こうしたコミュニケーション能力なわけです。

 

今後、小学校でもこのコミュニカティブ・アプローチを使って、小学生の頃から英語で会話すること・コミュニケーションをとることを学習させるカリキュラムが導入されるようです。

そもそも最近の子どもたち・若者たちに足りないのはコミュニケーション。

人と会話して意思疎通していく楽しみを教えることが先決です。

 

で、ここまでは一般概念的な話をしてきました。

もう少し、「私と英語」のトピック通り、私個人の経験についてお話します。

 

私は中学英語から英語学習を始めました。

ちょうどそのころ、ある機関紙にこんなアンケート調査について書かれていました。

「あなたはどんな人のことをかっこいいと思いますか?」

その第1位は「外国語を流ちょうに話す人」。

 

単純な私は、「英語を外人みたいにペラペラ話せたらカッコいいよな。」と思うようになり、英語の発音練習を必死にやりました。カッコよく思われるために。

  • 教科書の別冊カセットテープを購入し、一文ずつ何十回もリピテーションして口頭反復練習。
  • 語彙はチラシの裏紙をつかって、スペルを覚えるまで書いて暗記。
  • お風呂入っている時や一人でいる時に、一人ロールプレイをする。ロールプレイをしてみて、わからない表現や単語を調べて覚える。

 

この3つを中学校の3年間、徹底してやっていました。

おかげで、教科書を何十回も反復練習するわけだから、自然に語彙も覚えるし文型も覚えることができ、成績も良かったわけです。

 

そのころ、母が近くの英会話教室に通わせてくれ、半年ほど通いました。そこでアメリカ人と話す機会が与えられ、またその後の私の人生にも大きく影響してくるのですが、話しだすと長くなるのでまたの機会にでも。

 

私が何故英会話を半年で辞めたかって?

それは受験が控えていたこと、お金がかかること、英会話教室にとって代わるいい場所を見つけたことによって、すぐ辞めました。

 

では、それについては次回の日記に書きます。

アルク #トーキングマラソン 特別お題キャンペーン「わたしと英語」

アルク「トーキングマラソン」×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by アルク「トーキングマラソン」

Love is Blind 外見は関係ない?

恋(愛)は盲目っていいますけど、それを実験するリアリティーショーがあります。

 

結婚願望がある男女15人ずつ、ポッドと言われる小部屋に入り、壁越しにお見合いデートをします。

相手の顔が見えない状態、つまり外見抜きでの会話が10日間続きます。

その会話から性格やどんな人物かを把握して、好きになった人にプロポーズをする。

相思相愛になったカップルだけが対面することができ、その後、バカンスに行く。

そのバカンスでの二人だけの時間において、今度は中身だけでなく肉体的な面も相性がいいのか確かめる。

(婚前交渉をするかどうかはカップル次第)

またそれぞれのカップルが同じ宿泊先にいるので、フィアンセ以外の相手とも対面することになり、他者と比較し気持ちが揺れ動いたりもする。

1週間バカンスを楽しんだあと、現実社会に戻り同棲する。

家族や友人に紹介したり、お互いの現実を目の当たりにしながら、結婚式当日を迎える。

 

そんな番組です。

予告編ビデオがこちら。


Love is Blind | Official Trailer | Netflix

 

この番組をみて、「外面なんて関係ない」と言える人もいれば、私みたいに「関係ある!」という人もいるってことですね。

このカップルたちはみんなそこそこイケメンや美人たち。

ブサイク男やブスでカップル成立してほしかったな。

絵に書いたようなイケてるカップルをみても、面白くないから(笑)

私ってかなり辛辣ですね。

 

この番組がヤラせなのか、ホンモノなのか疑問が残りますけどね。

でも面白い切り口の番組だと思って視聴しました。

 

誰にでも「ええかっこしい」の男女は、結局他者を傷つける羽目になるということ。

それはかなり辛いことです。

ことに恋愛においては。

 

私たちは何で結婚相手を判断する?

性格・人格はもちろん、生活感や生活環境も大事。

その人の人格を育てたのは、その環境だから。

私は何よりも相手の表情をみて判断したい。

よく笑う人なのかどうか、笑顔に偽りはないのか、どんな態度をとるのか。

目は口ほどにものを言う

まさにこれです。

 

でもこの出演者たち全員に言いたいのは

自分の気持ちに正直に生きる

それを全員が貫いていましたね。

結婚に妥協してはいけないってことを教えてもらいました。

 

カールトンが言っていた

他人に隠せても、自分には隠せない

他人をだませても、自分をだますことはできないんです。

彼がバイセクだと告白したもの、勇気がいることだし、彼の正直な生き方に拍手を送りたいです。

そして彼の今後の幸せを心から祈りたい。

 

まあ、この番組がヤラせでないとすれば、この人たち全員が幸せな人生を歩んでほしいわ。

カメラワークとか見ていると、いかにもヤラせって感じがするんだけどね。

それに挙式の宣誓で「しません」と言うことなんて、普通考えたらあり得ない。

その前に言うでしょう。いくら実験だとしても、それに巻き込まれた家族たちが可哀想。

むしろその家族たちもヤラされてるんじゃないかって思えてきちゃう。

 

それを抜きにして、今回学んだのは

結婚は勢いがないとできない。

そして、結婚準備はとてもストレスがたまる。

結婚生活はとても現実的。

 

これらのことがマジマジと痛感できる番組でした。

やっぱり婚活はしばらく休止しようっと(笑)

劇団を休団

私は今月から劇団活動を休止しはじめました。

4年間、お休みさせてもらいます。

休止に入った時、やりたかったことがあります。

ヘアスタイルをベリーショートにすること!!!

 

やっと念願かなって、昨日ついに切りました。

15年ぶり、いや20年ぶりかな。

ベリーショートです。

 

ラクラク~~~。

洗髪後もすぐ乾く~~~。

気持ちい~~~。

 

仏の顔も三度まで

以前、どの言語サイトだったか忘れたけど、この名古屋近辺に住むイタリア系ブラジル人と知り合った。

そのころの記事がこれ。

この記事のAさんです。

 

beckii.hatenablog.jp

 

このAさんとは1回した会ったことありません。

しかも散歩しながらの立ち話だけでした。

上述記事にも書いた通り、忘れたころにメッセージしてくるのです。

 

昨日久しぶりにメッセージが来ました。

以前最後に連絡したのは2019年5月でした。

 

「元気にしていますか?会いたいです。」

というような内容でした。

そして、彼は過度なストレスで入院していたとのこと。

以前もうつ病になってメッセージできなかったと連絡があったことがありました。

 

正直、それも本当かどうかわかりません。

もし事実ならば、私は知人でいることはできても、それ以上の関係にはなりたくありません。

 

そもそも9ヶ月も音沙汰なし。

毎回、「会いたい」といいながら、いざ具体的に会う段取りをするとドタキャン。

その繰り返しでした。

しかも、その人は私と知り合った当時、同棲している彼女がいたんですよ。

今どうしているか知りませんけどね。

 

友達だとしても、3回以上ドタキャンされるのはガマンなりません。

 

He: Would you like to meet me?

Me: Stay being a good friend.

He: I'm gonna be your bf.

Me: No. It will never happen.

He: Do you have female friends who will meet me?

 

と来たので、ブロックしました。

アホでした。

人間はギャップ萌えに弱い

例のiZombie、かなりハマっています。

Luciferの時と同じパターンですわ。

 

どうしてかと言うと、キャラが悪役だったのがちょっといい奴になったり、いい奴だと思ってたのに悪い奴だったり、そういうギャップが面白いんです。

 

私が大好きになってしまったのが、悪役Blaineを演じるDavid Anders。

彼の狂気じみた演技も最高なんですが、彼のオフの様子をTwitterで見ると萌えです。

わかります?

例えばバイプレーヤーでいつも悪役をやっている俳優のちょっとしたお茶目なところが見えると、すごく好感もてるでしょ!

それです。

 

f:id:beckii:20200203161824j:plain

f:id:beckii:20200203161844g:plain

こんな感じのゾンビの悪玉が・・・。

 

 

f:id:beckii:20200203161947j:plain

これ、憎き父親にリベンジするため、最愛のおじいちゃんを殺してしまったあと、非情なBlaineが涙するところ。

もうこのシーンでゾッコンになりました。

 

で、そのあとにも、このBlaineはゾンビになったり、記憶を失い善良な市民になったり、キャラがコロコロ変わります。

そのたびにこのDavid Andersという役者のことが、ますます大好きになりました。

 

ギャップ萌え、ツンデレとかもそのうちの一つですね。

あなたはどんなギャップ萌えが好き?