アラフォーぎりぎり婚活日記

バツイチ・アラフォー女、国際結婚をめざして婚活に励みます!

Love is Blind 外見は関係ない?

恋(愛)は盲目っていいますけど、それを実験するリアリティーショーがあります。

 

結婚願望がある男女15人ずつ、ポッドと言われる小部屋に入り、壁越しにお見合いデートをします。

相手の顔が見えない状態、つまり外見抜きでの会話が10日間続きます。

その会話から性格やどんな人物かを把握して、好きになった人にプロポーズをする。

相思相愛になったカップルだけが対面することができ、その後、バカンスに行く。

そのバカンスでの二人だけの時間において、今度は中身だけでなく肉体的な面も相性がいいのか確かめる。

(婚前交渉をするかどうかはカップル次第)

またそれぞれのカップルが同じ宿泊先にいるので、フィアンセ以外の相手とも対面することになり、他者と比較し気持ちが揺れ動いたりもする。

1週間バカンスを楽しんだあと、現実社会に戻り同棲する。

家族や友人に紹介したり、お互いの現実を目の当たりにしながら、結婚式当日を迎える。

 

そんな番組です。

予告編ビデオがこちら。


Love is Blind | Official Trailer | Netflix

 

この番組をみて、「外面なんて関係ない」と言える人もいれば、私みたいに「関係ある!」という人もいるってことですね。

このカップルたちはみんなそこそこイケメンや美人たち。

ブサイク男やブスでカップル成立してほしかったな。

絵に書いたようなイケてるカップルをみても、面白くないから(笑)

私ってかなり辛辣ですね。

 

この番組がヤラせなのか、ホンモノなのか疑問が残りますけどね。

でも面白い切り口の番組だと思って視聴しました。

 

誰にでも「ええかっこしい」の男女は、結局他者を傷つける羽目になるということ。

それはかなり辛いことです。

ことに恋愛においては。

 

私たちは何で結婚相手を判断する?

性格・人格はもちろん、生活感や生活環境も大事。

その人の人格を育てたのは、その環境だから。

私は何よりも相手の表情をみて判断したい。

よく笑う人なのかどうか、笑顔に偽りはないのか、どんな態度をとるのか。

目は口ほどにものを言う

まさにこれです。

 

でもこの出演者たち全員に言いたいのは

自分の気持ちに正直に生きる

それを全員が貫いていましたね。

結婚に妥協してはいけないってことを教えてもらいました。

 

カールトンが言っていた

他人に隠せても、自分には隠せない

他人をだませても、自分をだますことはできないんです。

彼がバイセクだと告白したもの、勇気がいることだし、彼の正直な生き方に拍手を送りたいです。

そして彼の今後の幸せを心から祈りたい。

 

まあ、この番組がヤラせでないとすれば、この人たち全員が幸せな人生を歩んでほしいわ。

カメラワークとか見ていると、いかにもヤラせって感じがするんだけどね。

それに挙式の宣誓で「しません」と言うことなんて、普通考えたらあり得ない。

その前に言うでしょう。いくら実験だとしても、それに巻き込まれた家族たちが可哀想。

むしろその家族たちもヤラされてるんじゃないかって思えてきちゃう。

 

それを抜きにして、今回学んだのは

結婚は勢いがないとできない。

そして、結婚準備はとてもストレスがたまる。

結婚生活はとても現実的。

 

これらのことがマジマジと痛感できる番組でした。

やっぱり婚活はしばらく休止しようっと(笑)